会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図
H21.3.7UP
遍照の響き
会津三十三観音霊場記

   HOME < 会津霊場目次  <23 高瀬観音(第15番)
尺八を携え巡った会津霊場

会津三十三観音霊場記ライン

戊辰戦争

如来堂/新撰組阿賀川

 蟹川橋を渡り「天満」集落より「高瀬」に向かう途中、遠くに「如来堂」と思われる堂の屋根が見えます。

 この「如来堂」ちゅうのは、戊辰戦争の時に母成峠で破れた新撰組が、立て籠もって戦った所らしいです。

 戦さここに至りて、これから庄内へ転進して再起を計ろうとする新撰組副長の「土方」達に対して、
「まさに今、会津の城は落城するかもしれんのに、これを見捨てて行かりょうか・・」と言う斉藤一に同意した新撰組隊士達が「土方」達と分かれて、この如来堂に籠もってコンジョ出して戦った場所らしいです。蟹川橋

 その頃はあまり戊辰戦争に興味が無かったので、近くなら寄ってみたのですが、道から遠く離れていたので行かなかったけれど、今思うと行っておけば良かったなぁ。


 戦術的に見れば「兵力の小出し・遂次投入」は絶対に避けるべきで、土方さんの言うように転進して、準備を整え再起を決した方がええと思います。如来堂

 しかし、すぐ間近で落城寸前になっている状況の人達を思うと、見捨てる事が出来ない「義」の心も、よぉ〜わかります。

 σ(*_*)だったら、どおしとったかなぁ・・・

高瀬の大ケヤキ

 前方に「高瀬の大ケヤキ」が小高い丘に立っており、さすが地図にも載るだけあって大きい木です。
高瀬の大木(ケヤキ)
 説明書きによると、関ヶ原の戦いの頃、この場所に城を作る工事をしていたのですが、東軍が勝った報を聞いて途中で作業を断念したらしい。

 へえぇぇ・・そんな事が有ったのだ。

 こんなタンボの真ん中に城を造ったら、的から攻められ易いように思うが・・

 高瀬の大木    高瀬の大木   高瀬の大木

高瀬観音

 「高瀬の大ケヤキ」のすぐ近くに寺が有り、境内に「高瀬観音」があります。
 高瀬観音堂の彫り物が良いですなぁ。

 大きな龍と、橋を渡ろうとしている人物が彫ってありますが、何から題材を取ったんじゃろう?

高瀬の大木と観音堂 高瀬観音堂 彫刻 
 高瀬観音堂   高瀬観音堂   高瀬観音堂

 参拝を終え、次の寺へ行く頃になると、昼過ぎになっており腹が減りました。

 今日巡って来た所には、食堂も店も無く、自販機ぐらいはあったかもしれんが・・・

 会津近郊に来た時、コンビニで何か買おうと思ったら、越後屋が近くにラーメン屋を見つけました。
 おぉぉ・・さすが越後屋、欲と食う事に絡む事は、目ざとく見つけるヤツじゃ。

 ラーメンは喜多方と違い、普通のラーメンでしたが腹が減っていたので美味かった。

中野竹子

 近くに「中野竹子 奮戦の地」というのが有るのを知ってたので行ってみました。
中野竹子奮戦の地
 国道を少し行き、案内看板が出ている工場の脇道のような所へ入って行きます。

 公園のような草地が有り、独り薙刀を構えた新しい「中野竹子」像が建っていました。
中野竹子 像
 「中野竹子」と言っても、知ってる人は知ってるが、知らない人は「だれ?、どっかのご令嬢?」と思うかもしれまへん。

 戊辰戦争の時に、女子アマネゾス軍団を結成し、妹や母と一緒に薙刀を担いで、攻めて来た新政府軍と戦ったそうですがなぁ。

 しかし奮戦むなしく、旧湯川の近くで銃弾を受けて倒れ、駆け寄った母・妹に「首を切って介錯せよ」と言い残して死んじゃったらしいです。
中野竹子奮戦の地 旧湯川
 「20才」という若さが何ともいえん、痛々しさと哀れみを感じます。

 今時のネーチャン達は、国難が来た時、ケータイを持つ手を薙刀に代えて戦うじゃろおか?

 左がかった平和な人達は「ケンポー9条があるから、大丈夫」と言うけれど、中国から南沙諸島の侵略を受けている関係近隣の国に対して「9条の平和憲法を、あぁたの国でも作れば、中国から侵略されないのだ。」と胸を張って言えるかな?

 たぶん鼻先で、笑われるじゃろう。

             会津三十三観音霊場記目次へ会津三十三観音霊場記次へ
                 会津三十三観音霊場記
 遍路・巡礼用具   車中泊用品     遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
会津三十三観音霊場記ライン

    
無