会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図
H21.3.14 UP
遍照の響き
会津三十三観音霊場記

   HOME < 会津霊場目次  <24 平沢観音(第16番)
                          中ノ明観音(17番)

尺八を携え巡った会津霊場

会津三十三観音霊場記ライン

会津三十三観音霊場の場所

16番 平沢観音

 会津三十三観音霊場「平沢観音」の場所も、ありふれた小さい集落の中に存在し、ありふれた感じのお堂でした。

 平沢観音 平沢観音堂 平沢観音堂 

 平沢観音堂の壁にノートで作った「記帳簿」がぶら下げてあり、今までそのような物は無かったので、珍しく思いパラパラッとめくってみると、ワシが今住んでる付近の人が、別々の日に2人記帳してました。

 どちらも、知らない人でしたが・・・。平沢観音堂

 へぇ〜・・隣県とはいえ、会津からはけっこう離れており、言っちゃあぁ悪いが「会津三十三観音霊場」なんてそんなに有名でもく、その存在も知らない人が多いのに、よく「会津三十三観音霊場」の存在を知ってたなぁ・・

 そいでもって、この平沢観音堂の場所を、よぉ〜調べて巡って来たと思う。


 σ(*_*)は、ネットで調べつくして会津三十三観音霊場の堂が有る場所を地図で確認して、ドエレえ時間をかけて印を付けて来たのに、この人達は、どうして調べたんかな?・・本でも売っていたんじゃろか?

 たぶん車で迷いながら、この集落の細い道を来たんでしょうなぁ。
 まさか、σ(*_*)のように自転車とか歩いて巡っとるとは、とても思えん。

 ネットで調べた時は、一人だけ歩いて巡った人のホームページが有り、参考にさせてもらいました。

17番 中ノ明観音中ノ明観音

 次の会津三十三観音霊場「中ノ明観音」の場所は、地図で印を付けた時に集落?というより、会津市郊外の街中という感じで、わかりにくい場所じゃろなぁ・・と最初から想像しとりました。

 行ってみると国道脇から入る小さい道がわからず、たいした距離でもないのに、寺へ行き着くまでの間、二人のオババに道を尋ねました。

 あっ・・はい・・珍しくもオババ達は一応標準語を話してくれましたので理解できました。
 中ノ明観音 境内中ノ明観音堂中ノ明観音堂より山門を望む中ノ明観音 境内

 寺が見えて敷地へ入って行くと、堂境内の横は広い墓地になっており、オババが玄関付近で孫の遊び相手をしとりました・・ノドカですなぁ。

 参拝してから気がついたのですが、観音堂正面には山門が有り、仁王さんもガンバッテます。
 どうやら脇門から入って、近道をしたらしい。

     中ノ明観音 山門     中ノ明観音 仁王 中ノ明観音 仁王

会話

 次の滝沢観音へ行く頃になると暑くなり、越後屋が死にそうな顔して自転車を引っ張っており・・・ついに越後屋が・・

 
「足でまといになる私をここに残して、何卒、おでぇかんさまは巡礼を続け・・
 ぜひ御本懐を・・ガクッ(息絶える音)・・・」中ノ明観音堂


「な・・何を言う・・越後屋・・・。
 愛するおまえを置いて、どおして行かりょうか・・
 傷は浅いぞ、しっかりせい・・・まだ城は落ちぬ。」


と、心にも無く、書くだけでも恥ずかしい、ウソで塗り固めた、白々しい歯の浮くようなセリフを吐きながら、途中に有った大型スーパーへ入りました。

 スーパーの中は涼しいでんなぁ・・ベンチに座ってソフトクリームを食べました。!(^^)!
 
              会津三十三観音霊場記目次へ会津三十三観音霊場記次へ
                 会津三十三観音霊場記
 遍路・巡礼用具 車中泊用品  遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
会津三十三観音霊場記ライン

    
無