H21.4.26 UP
会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図

   HOME < 会津霊場目次  <34 高田観音 番外・浮身観音

遍照の響き
会津三十三観音霊場記
尺八を携え巡った会津霊場

会津三十三観音霊場記ライン

会津高田

28番 高田観音

 順番通り巡るならば、27番大岩観音へ次に行くのですが、地理と日程的な事より、会津三十三観音霊場「28番 高田観音」より始め、大岩観音は後日に行きました。
高田病院駐車場
 早朝、まだ高田町民は寝ているか、朝ご飯の用意をしとる頃、自転車で高田町へ秘かに侵入。

 目当ての高田病院を探してたら、越後屋が「高田病院前」のバス停を発見し、それを拠り所に、細道を入っていくと高田病院に到着。

 さて高田観音がある寺は、この付近と聞いてたが・・とウロ付くと、越後屋が駐車場の奥に寺らしいのが見えると言います。
高田観音   高田観音   高田観音

 まさか寺へ行くのに、病院の駐車場を突っ切って行ったらアカンだろおと思い、駐車場を大回りして行ったら、アッサリと駐車場を突っ切った方が早かった・・チエッ・・・。

 この寺の参道?には、なぜかフクロウの置物がたくさん置いてあります。
高田観音堂
 住職が趣味で集めて飾っているんかと思ったら、看板に寺とフクロウとの関係が書いてあったけれど、何となくコジツケのような気がするが、よぉ〜わからん。


 高田観音堂に入れるようでしたが、まだ朝6時前なので開いておらず、またこんなに早朝から尺八を吹くと、近所の人や病院の人は何が始まったのかとビックリして、目を覚ますかもしれんので遠慮して吹きまへんでした。

 高田観音堂は蔵のような造りなので、その構造上から、たぶん尺八の響きは良いだろおなぁと思い、確かめてみたい気持ちが有ったのですが・・残念だったなぁ。

 多分、横壁付近は防火のため、蔵造りの素材にしたのでしょう。高田観音 欄間

 しかし、屋根と入口付近だけは昔のまま残しているようで、入口の彫り物は細かい細工がしてあります。
 たいしたモンで、よぉ〜残してくれた。

番外 浮身観音/龍興寺

 町へ戻り、すぐ近くに「会津三十三観音番外 浮身観音 龍興寺」と書いた看板が有ったので、細い路地を入ってみました。
龍興寺(浮身観音)入口  龍興寺(浮身観音)  浮身観音堂

 「浮身観音」の云われが書いてある看板を読んでみると、ここの寺は、徳川家康から三代に渡って使えた天海大僧正と関係が有るよおで、出身もこの付近らしい。龍興寺 本堂


 この天海大僧正は、実は明智光秀だったという説もあるようです。

 そおいえば、どこかのお堂の絵馬に、天海和尚の幼少が描いてあったのも有ったような気がする。

 この浮身観音堂は、珍しく六角のお堂でしたが、ここでも、やっぱり朝早かったので尺八を吹きまへんでした。

石箱清水

 高田駅へ向かう途中の道端に「石箱清水」と書いた札が貼ってある建物が有ったので見に行きました。

 「石箱清水」と名付いてるからには、昔は綺麗な清水が流れてたのでしょうが、今は清水が湧いてるようには見えず、貼り紙がしてなかったら、知らない人は防火用水と間違うかもしれまへん。石箱清水

 失礼ながら、どうしても是非飲みたいなぁ〜・・と思うような清水ではなく、どちらかと言えば1000円くれても飲みたくないような清水です。

 濁った水の中を魚が1匹泳いでおり、σ(*_*)の気配を察すると、サササッ〜・・と濁り水を掻き回しながら逃げちまった。


 普通、こおいう所で飼ってる魚は、足音を聞きつけるとシッポ振りながら近寄って来て、口をパクパクさせながら「はよぉ〜エサくれぇ〜・・」と催促するもんだが、よほど近所の人からゴハンをもらえず、イジメられているのか・・・。

 せっかく貼り紙までして「石箱清水」を宣伝しているんだから、もっと綺麗にすれば良いのにぃ・・

 それとも、もう清水の量が少なくなっちまい、どうしょうもないのかなぁ・・そんなような気もするが・・

      石箱清水     石箱清水
             会津三十三観音霊場記目次へ会津三十三観音霊場記次へ
                  会津三十三観音霊場記
 遍路・巡礼用具 車中泊用品  遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃
   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
会津三十三観音霊場記ライン

    
無