会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図
H21.5.23 UP
遍照の響き
会津三十三観音霊場記

   HOME < 会津霊場目次  <38 青津観音(会津霊場第32番)

尺八を携え巡った会津霊場

会津三十三観音霊場記ライン

32番 青津観音

亀ケ森古墳

 「青津」集落に入ると「鎮守森古墳」「亀ケ森古墳」の二つが有ります。

 古墳方向の看板は有るのですが、会津三十三観音「32番 青津観音堂」は、どちらの古墳方向へ行けば良いのか書いてありまへん。

 ちょうど窓から顔だした住民に聞くと「亀ケ森古墳」の方だと教えてくれました。

「八日沢」付近 旧宮川(鶴沼川) 亀ケ森古墳

 二つの古墳は、そんなに離れておらず、亀ケ森古墳の上に観音堂と神社があります。

 古墳の上に有ると言うことは、古代のよほどの有力者が眠っており、昔からの言い伝えが有ったのでしょう。亀ケ森古墳 青津観音

青津観音

 亀ケ森古墳には石階段があって上まで登れるようになっております。

 上って正面には神社が有り、階段途中から横へ上がる階段の所に青津観音堂が有ります。

 神社と観音堂は同一境内になっており、どちらから上がっても、たいして変わりまへんが・・・

ケンカ

 ところで参拝をし終わり、青津観音堂の階段に座って休んでる時に、あろう事か越後屋とケンカしちまいましてなぁ。亀ケ森古墳 神社

 まぁ聞いてくんなせぇ。

 σ(*_*)が、
「この調子だと予定より早く坂下駅に着くので、σ(*_*)がそのまま自転車で高田まで車を取りに行くつもりだ。
 おまえは暑いし疲れてるだろうから、坂下駅で休んでなさい。」
と労り気遣って優しく言ってやりました。

 そしたら、あぁたぁ・・青津観音堂

 「何もこの暑いのに高田駅まで行く事は無い、一緒に坂下駅で汽車が来るのを待っていよう」
と言い出すじゃありまへんか・・・

 
「でも汽車を待ってる間に自転車を漕いで行ったら、その間に高田まで行けるよ。

 別に一緒に来いと言ってるわけじゃないんだよ。
 時間の無駄が省けるじゃろう。」青津観音堂

と再び優しく、分かり易く言いながらも、σ(*_*)って、なんちゅう忍耐強く優しい人間なんだろおと我ながら思い、つくづく感心した。

 「いやじゃ、そんなら、アタシも自転車で行く。
 坂下駅で一人で待つのはいやじゃ」

とダダを、こねまくりましてなぁ。

 早い話が、「一人で駅で待つのはサミシイから、どうしてもこうしても絶対に自分と一緒に居ろ」という訳です。青津観音堂

 なんちゅう・・ワガママな事を言うヤツじゃ。

 σ(*_*)が逆の立場だったら
「すまんのおぅ・・σ(*_*)疲れてるから駅で待ってる。暑いから気ぃつけて行ってね」と言うんだが・・

 ホンマに強情で、わからん事を言うヤツじゃ。

 結果的には、汽車時間を少し待つ程度に坂下駅に着き、二人で汽車に乗っても、お互いにソッポ向いて高田へ車を取りに戻りましたとさ。

 めでたし・めでたし・・・・なのかな?

             会津三十三観音霊場記目次へ会津三十三観音霊場記次へ
                 会津三十三観音霊場記
 遍路・巡礼用具   車中泊用品     遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃
   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
会津三十三観音霊場記ライン

   無 
無