H21.6.27 UP
会津三十三観音  会津ころり三観音  大山祇神社  地図

   HOME < 会津霊場目次  <43 鳥追観音(会津ころり三観音)

尺八を携え巡った会津霊場
遍照の響き
会津三十三観音霊場記

会津三十三観音霊場記ライン

会津ころり三観音

鳥追観音

 「鳥追観音」は、「会津ころり三観音」の一つで、巡礼最終日に車で行きました。左甚五郎作 昇り龍

 場所的には、一番最初に行った「大山岐神社」へ行く途中に有ります。

鳥追観音 山門   鳥追観音 境内

 堂の入口には「左甚五郎 作風 登り龍 降り龍」と立て看板あり、側の柱に龍の彫物がしてあり、ここの彫刻は、じっくり見るとスゴイでんなぁ。

   会津ころり三観音「鳥追観音」

隠れ三猿

 「隠れ三猿」と言って、彫刻の中で三匹の猿を見つければ、何かええ事があるらしいが、σ(*_*)は、二匹しか見つけれなかった。

 会津ころり三観音「鳥追観音」  会津ころり三観音「鳥追観音」
  会津ころり三観音「鳥追観音」  会津ころり三観音「鳥追観音」

 皆の衆は、上に掲載した4枚の写真から、猿がどこに隠れてるかわかりまっか?

 写りが悪いから、あんまりよお〜わからんかもしれまへんが・・・

 三匹見つけれると、宝くじが当たるとか・・
 キレイなネーチャンと会えるとか・・
たぶん、そんな風な、良い事が有ると思う。

三つの入口

      会津ころり三観音「鳥追観音」

 本堂入口(東口)から入って西側の出口から出ると極楽浄土になる・・とか書いてありますが、本尊さん正面にも出入り口が有り、そこは「表口と書いてあるので、計3カ所の出入り口があります。

 で・・間違って「表口」の所から出ちまったり、入ったりしたら極楽へ行けんのじゃろか?

 そこら辺の事は、解説してなかったので、よぉ〜わかりまへん。
 たぶん何ともないと思うし、叱られんと思うが・・・・

東口 表口 西口

鳥追観音

 堂内では、部屋の中へ入って観音さんの身近へ寄れるようです。

 一応断りを入れようと思ったのですが、お守り売りの番人さんが居ないので、勝手にツッカケを脱いで赤い毛氈へ上がりました。


 この寺で会津三十三観音霊場巡りは最後なので、尺八を二曲吹きました。

 だれも堂内まで入らないと思ってたんですが、参拝中だれかが横に座り本尊さんに手を合わせてました。

 参拝後、そのまま毛氈の上で尺八の手入れをし始めると、本尊さんの裏から若い坊さんが出てきて、お守り売場へ戻って行きます。

 ヒョットしたら、鳥追観音さんの裏でサボッテいたのですが、σ(*_*)が尺八吹き始めたもんだから出るに出られず、そのままそこで聞いてたのかもしれまへん。

 観音堂を出ると、越後屋が来て
「さっき、あんたが尺八吹いてた時、道を挟んだ向こう側の食堂からオババが出て来て、
境内の売店の人に
「何か音が聞こえるね」と言ったら「笛を吹いてるんだろう」と言ってたよ。」

 ほほおぉぉ・・・道を隔てた向こう側まで、尺八の音が聞こえたのか・・・
 吹いてる時は、そんなに大きい音でもなかったような気がしたが・・

 ちなみに「ころり三観音」の特徴?である「抱き柱」は、鳥追観音では堂内に有ったらしい。
 σ(*_*)は尺八を吹いてたので柱の事は、すっかり忘れちまってました。

            会津三十三観音霊場 完

会津ころり三観音「鳥追観音」ライン

会津三十三観音目次へ      これにて「会津三十三観音霊場記」は完了しました。
会津三十三観音霊場記        引き続き、他の霊場記等をお楽しみください。
 遍路・巡礼用具    車中泊用品     遍照の響きホームヘ 
当 HP に 掲 載 し て い る 「三 十 三 観 音 霊 場」 一 覧 
 西国   秩父   津軽  田名部海辺(下北)  庄内 

  会津   御蔵入   越後   越中  信濃
   飛騨   安房国(千葉)  

  津久井    遠江   伊豆横道    九州西国    国東六郷満山 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道   塩の道  イザベラ・バードの道   遍路・野宿・車泊用具

 尺八曲音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問     木造校舎・廃校シリーズ 
会津三十三観音ライン

   無 
無