H23.6.12 旅行
H23.7.13 UP
遍照の響き
「塩の道」地図−1
 「東・西回り」(糸魚川〜平岩)
塩の道

   HOME  >  「塩の道」目次  > 4 フォッサマグナ

尺八を携え歩いた塩の道

塩の道ライン

フォッサマグナドラエモン、塩の道

「枕状溶岩」説明図

 「仁王堂」集落の四つ辻に、口を開けて立ってるドラエモンにサヨナラして、名前だけは聞いた事が有る、有名な「フォッサマグナ 糸魚川−静岡構造線」を見れる所へ向かいました。

 この「構造線」とか「フォッサマグナ」とか言う単語を説明しろ・・と言われたら、σ(*_*)は学が無い人間なので、よぉ〜わからず答えられないと恥ずかしい思いをするため聞かないでね。

     下根知農村公園へ、塩の道       下根地農村公園

 その「糸魚川−静岡構造線」を見るには、根知川に沿う遊歩道を行けば良いらしいのですが、その地図とか案内図をネットで探しても、どこにも見当たらず、国土地理院の地図にも、この遊歩道は出ていません。枕状溶岩

 たぶん行けるだろおと思って「下根知農村公園」へ行くと、「枕状溶岩」への案内標識があり、すぐ近くでした。

 枕状溶岩は石垣のようにも見えますが、説明書きを読むと、これがチューブで押し出したように溶岩が流れた結果らしく、字で説明するよりも、そこの説明板に書いて有った図を見た方が分かり易いと思う。

        枕状溶岩説明図
 というわけで、写真に撮ってきましたので、向学心に燃える人は、これ見て勉強してください。遊歩道、塩の道

巨大枕状溶岩

 遊歩道を歩くと、上から岩が転がり落ちてこないように屋根があり、そこに「日本最大級 巨大枕状溶岩」という説明看板が貼ってありました。

 説明板を読んでも、あんまり地学には興味が無く、よぉ〜わからんかったが、とにかく何かが大きくスゴクて、最大級らしかった。

 その説明板をデジカに撮っておいたので「巨大枕状溶岩」について、これまた良く勉強しといてね。
巨大枕状溶岩巨大枕状溶岩

断層露頭

 整備された遊歩道を歩いて行くと、崖崩れのため石垣で補修したような場所に来ます。

     遊歩道、塩の道          断層露頭

 実は、そこが有名な「フオッサマグナの断層露頭」箇所であり、地質的に西と東に分かれる境目らしい。

 その境目が、どんなのになっているのか、わざわざ野次馬コンジョ出して見に来たのです。断層露頭

 しかし越後屋もσ(*_*)と良く似た・・いやそれ以上に学の無いヤツなので、この場所が学術的にどんなにスゴイ所かわからんらしく、石垣なんか見てもつまらんと思って先へ行こうとしました。

 
「うん別に先に行っても良いんだよ。
 でもσ(*_*)は、ここをチビッと見学していくから、先へ行っててね。」
と言うと、さすが欲にくらんだ越後屋。

 自分だけ見なかったら損して負けた気持ちになるらしく、今度はトットッと先に階段を下りて石垣を見に行きました。

 石垣に白い縦線が引いてあり、最初はそれが見所なのかと思っていました。

 ところが、その石垣の線よりも、石垣下部分に露出している土の方に注目しなければアカンらしい。

 説明書きを読んでみると、おぉぉぉ〜!!・・・

 何かよぉ〜わからん、初めて見るような難しい単語が、ドッサリと一杯書いてあるが、それでも読んでみるとこの地層で東西が分岐されていて、真ん中の「断層破壊帯」がどっちに味方しようかと迷っているのが、よぉ〜わかります。

 今まで写真等でこの風景を見た事があるが、興味が無いので面白くもなく、フゥ〜ン・・と思っていただけでした。

 しかし、こおやって実際に地層を見て、説明書きを読みながら見比べてみると、頭の悪いσ(*_*)でもチビットは理解できるんですねぇ。
フォッサマグナ説明図

糸魚川ー静岡構造線

 今までは「フォッサマグナ」=「糸魚川−静岡構造線」だと思っており、同じ事を英語と日本語とで言ってるのかと思ってたが違うんですねぇ。

 「フォッサマグナ」つうのは、大きな溝の事らしく、その溝の境目の線を「構造線」と言うらしい。

 あの越後屋でさえも、今まで知らなかった意味がわかったよおで、この説明図が分かり易く、すんごく感心していました。

 この近くに来られた際には、話しの種に寄ってみてください。

 きっと、少しだけ利口になり、今まで以上にカシコそうな顔付きになって帰れると思います。

根知

 根知川に架かる橋のデザインは、いかにも風土を表した「ポッカ」がデザインされてます。

 根知駅に着き、駅舎内にはネットで探しても見つける事が出来なかった「糸魚川−静岡構造線 フォッサマグナ」の遊歩道が描いてあるポスターが貼ってあります。

根知川「ポッカ」の橋、塩の道根知駅

 どうせならば、インターネットにもこの地図を貼り付けておけば、来る人が増えるかもしれんのになぁ。

 代わりにσ(*_*)が勝手に貼り付けておきますので、関係者の方がこれを見られて、著作権がどうのこうのでモンクが有りましたら、いつでも写真を削除いたしますので、お知らせください。

      糸魚川−静岡構造線 地図
              塩の道前へ  塩の道目次へ  塩の道次へ
                         塩の道
      車中泊用品          遍照の響きホームヘ
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無