H23.6.13 旅行
H23.7.20 UP
「塩の道」地図−1
 「東・西回り」(糸魚川〜平岩)
遍照の響き
塩の道

           HOME  >  「塩の道」目次  > 7 大網峠

尺八を携え歩いた塩の道

塩の道ライン

大網峠

 白池からの上り道は、少々キツクなりますが、その分少しだけ展望が良かった。塩の道、大網峠

 登って行くと越後屋が道端でボオッ〜と立っており、何か有ったのかと思って見ると、道標が有り「右松本街道大網 左中谷道横川」と彫ってあります。

 そお言われてみれば、この道標付近で山道が右・左に分かれており、ここまで石の道標を運んで来るのは、たいへんだったでしょうなぁ。
塩の道、大網峠塩の道、大網峠道標、塩の道、大網峠

角間池

 ヒーコラ言いながら山道を登ってると、そのうち小屋が見えて角間池に着きました。

 白池よりも小さいとは思っていたが、想像したよりも、もっと小さい角間池でした。
塩の道、大網峠角間池角間池

 写真を撮りながら歩いてるので、越後屋はσ(*_*)を置いてトットと先に行き、見えなくなります。
塩の道、大網峠
 いや、別にかまわないんだけどね。
 熊に襲われる確率は、先に行ってる方が危ないだろうから・・。

 そのうち道端に笠が落ちており、越後屋のリュックにくくりつけていた笠が落ちたのだと思って拾ってみると笠の種類が違います。

 へえぇぇ〜・・このような笠を被って歩いてるのは自分達だけかと思ってたが、他にも笠を被る人が居たんですねぇ。

 後で越後屋に
「笠が落ちていたね」と言ったら気付かなかったらしい。
 どこ見て歩いてるんじゃ、こいつは・・・。塩の道、大網峠

大網峠

 坂を上って平らになった所に「大網峠」の標識が有りました。

 そこからは下り坂で、それが単なる坂ならば良いが、かなり急です。

 しかも土が湿っており、ヌカルミ状態にもなってます。

 とても景色を楽しみながら下りれる道ではなく、足下を濡らさないようにヌカネミを避けながら歩いてましたが、やっぱり、ビチャッと入っちゃった。大網峠

 おまけにこの付近から蚊が襲撃して来ますが、「大塞の神」で休んだ時に防虫スプレーをかけておいたので被害は無かった。

 しかし、これは道というよりも沢の道ですねぇ、雨が降ったらアッと言う間に沢に代わるじゃろなぁ。

 牛さんも下りるのはタイヘンで、たぶんブツブツ文句を言いながら泣いてたと思う。

 あっ・・・でも、牛さんは人間と違って汚れなんか気にせず、ヌカルミでもかまわず、そのまま歩いちゃうかな?

 地図には「大網峠 美しいブナ林道」と書いてありますが、確かにブナ林だったけれど、美しいとかどうとか観賞するよりも足下ばかり見ていた。

 そのうち見通しの利かない道を曲がったとたんに、白髪を振り乱したオババが道端に座ってジロリと顔を上げ・・
「イッヒッヒッヒッ・・・よぉ〜来たなぁ・・」大網峠 付近

 きゃあぁぁぁ〜!!・・出たあぁぁ〜・・・!!
 大網峠に住んでる、ヤマンバが・・・!!
と、思わず杖でブン殴ろうとしたら、良くみると越後屋だった。

 ワハハハハハ(^O^)・・・すまん、ヤマンバと見間違えた。

 危なかったなぁ・・もおチョットで、新聞や週刊誌に

 「塩の道・大網峠で殺人未遂事件!! 夫が妻を杖でブン殴る」
 「塩の道、大網峠事件の真相!! 近所では仲良し夫婦の評判が、実は・・・」
と載る所だった。

 越後屋は優しいですねぇ、遅れているσ(*_*)を待っていてくれたんですねぇ。
 σ(*_*)も心を入れ替えて優しくしなくっちゃあぁ。

 でも、そんな山影のような場所で待たなくて、もおチット遠くからでもわかる明るい場所で待ってくれたら、心臓ホッサを起こす寸前の気持ちにならなくて良かったのにぃ。

 塩の道、大網峠、ブナ林  塩の道、大網峠、ブナ林  塩の道、大網峠、ブナ林
          塩の道前へ塩の道目次へ塩の道次へ

車中泊用品       遍照の響きホームヘ

そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無