遍照の響き
塩の道
2013.10.31 旅行
2014.4.15   UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 26 来 馬

塩の道 来馬
塩の道ライン

来馬

恐竜の足跡

 翌朝、「北小谷駅」を出発。

 鉄橋の下を潜り、姫川に架かる長い「小谷橋」の頭上には、国道148号線の「小谷大橋」が有ります。

 塩の道 北小谷駅 北小谷駅、塩の道 塩の道
 小谷橋、塩の道 姫皮沿い、塩の道 来馬、塩の道

 姫川沿いの車道を歩き、こんなイナカに車なんか通らないと思ってましたが、けっこうトラックが走ってます。

 「来馬」集落の手前に小さい川が有り、後でわかったのですが、常法寺の案内看板図によると、この上流で「恐竜の足跡の化石」が見つかったらしい。来馬、塩の道

 そお言えば、「道の駅 おたり」の施設内には、「恐竜の足跡」のレプリカが飾ってあったが、ここと関連が有ったのは知らんかったなぁ。

 そもそも、こんな所に恐竜が大昔に住んでいたとも思わなかった。

 それで、広場のモニュメントも恐竜の親子だったわけね・・納得。

西方堂

 「来馬」集落へのカーブを曲がった所に「西方堂」が有った・・と言うよりも、最初はわからず、普通の民家かと思った。

塩の道 来馬 地図本に書いてある伝説によれば、佐々成政の「サラサラ越え」の時に白鹿に導かれてここへ来たそうな。

 佐々成政が真冬の立山を越えて、太平洋側に居る徳川家康の元へ援軍を頼みに行ったのは史実らしいが、そのルートは今も正確にわからないそおです。

 それにまつわる、いろんな伝説が有り、立山越えではなく「親不知」を越え「塩の道」を通ったというのも有り、それも考えられます。

 吹雪の時に成政主従がこの西方堂へ転がり込み、持ってきたカップラーメンに湯をぶっかけて、腹が減っていたので3分待つのも惜しく、鼻水垂らして「フー・・ハー・・」言いながら、すすっていたのかもしれまへんねぇ・・カワイソーに・・・。

来馬

 来馬、塩の道   来馬、塩の道   来馬、塩の道

 常法寺の前に「来馬地区案内図」の看板があり、先程の「恐竜の足跡の化石」の場所を示してます。

 また案内図には、明治44年に前の河原で大崩れが有り、「来馬」集落の大部分が無くなった・・と書いてあります。来馬、塩の道

 当時は、役場・学校・郵便局・駐在所も有り、けっこう賑わいの有る大きな集落だったらしく、今は完全に河原となっており、そんな集落が有ったとは想像出来まへん。

 テクテク・・と歩き、来馬諏訪社は、なかなか古風な感じがする。(一番上の写真)

 この先、どれほどの時間が掛かるかわからんので、神社境内へは寄らなかなかったが・・・

 来馬、塩の道   来馬、塩の道   塩の道
        塩の道前へ   塩の道目次へ  塩の道次へ

     車中泊用品    遍照の響きホームヘ   
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無