遍照の響き
塩の道
2013.10.31 旅行
2014.4.16  UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 27 松ケ峯

塩の道 松ケ峯
塩の道ライン

松ケ峯

森岡社跡

 塩の道 塩の道 塩の道

 「来馬」を通り過ぎ、車幅しかないような道をテクテクテ・・・

塩の道 車なんて通らないだろおと思っていたが、それでも1台来たので、やっぱり用の有る人は通るよおです。

 遠くから道端に大きな木が見え、そおいう場所には、たいてい地蔵さんか何かが有るだろおと思ってたら、やっぱり道祖神・大日如来と彫った石碑が有りました。

 木の根本に杭が有り、「森岡社跡」が20m先を上がった所にある・・と書いてあったが寄らなかった。


 森岡社跡、塩の道  塩の道 森岡社跡  塩の道

地面の「塩の道」標識

 少し歩いて、この付近でボチボチと車道から外れる道が有るはずだが・・と思ってると、車道がUカーブして山を上がって行く付近に農道が有り、いかにもショートカット出来そうです。地面に書かれた「塩の道」標識

 しかし、それならそれで標識杭が有りそうなもんだが・・無い・・・。

 あんまり頼りにならない越後屋にそれを言うと、
「農道は先で行き止まりになってるようだ」と言い、言われてみれば、そんなような気もする。

 あきらめて車道を歩こうか・・と思ったら、越後屋が足下の道に「塩の道」と書いてあるのを発見した。(一番上の写真)

 見るとホンマに、舗装道に白ペンキで「塩の道」と矢印が書いてあった。

 うむうぅぅ・・これ、今まで風景ばっかり見て歩いてたけれど、下も向いて歩かないと見過ごすでぇ。塩の道

 この付近に分かりやすく、杭の一本でも立ってれば良いのだが・・

 このように、この先も地面に「塩の道」と書いてある所が何カ所か有り、このコースを歩く人は地面にも注意してね。

 農道を歩いて行くと道が細くなり、途中にワサビ田が有り、車道に出ると、そこにも「塩の道」と地面に書いてあります。

 まあ・・この区間は見過ごしちゃって車道を歩いても、そんなに距離的に変わらず同じ所に着くから良いけどね。

 わさび田、塩の道   塩の道   塩の道

松ケ峯塩の道

 枯杉葉が溜まってる車道を上がると「松ケ峯」で、ベンチが有ったので一休み。

 案内図が有り、「稗田山の崩落」の説明がしてあります。

 それによると、これから歩いて行く姫川支流である浦川上流の「稗田山」が崩れて、その土石流が姫川を塞き止めたらしい。

 それにより今は河原となっている旧「来馬」集落は、壊滅的な打撃を受け「日本三大 大崩落」と言われてるそうだが、知らんかったなぁ。

 来る時に見て来た広い河原には、当時は美田が広がっていたらしく、今では想像もつきませんねぇ。塩の道 松ケ峯

 案内図には、ピンク色?で土石流が流れた範囲が示してあり、姫川沿いの全域がほぼ埋まってます。

 「松ケ峯」より、車道の先は無線中継所と展望台が有るようですが行きませんでした。

 一休みした付近から、やっぱり地面に「塩の道」と白ペンキで書いたのが有り、河原へ向かって下りて行きます。

 松ケ峯、塩の道  松ケ峯、地面に書かれた「塩の道」標識  塩の道

         塩の道前へ   塩の道目次へ   塩の道次へ

      車中泊用品         遍照の響きホームヘ  
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無