遍照の響き
塩の道
2013.10.31 旅行
2014.5.5   UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 29 石坂越え

塩の道 石坂越え
塩の道ライン

稗田山の大崩壊

崩壊受難者の碑

 浦川橋を渡って少し行った所に、水がドンドコと出ている近くに「稗田山の崩壊受難者の碑」が有ります。


        稗田山の大崩壊

 側に大きな「稗田山の大崩壊」写真パネルが有り、想像以上に広くて大規模な山の崩壊だったのですねぇ。

 今朝、通って来た「来馬」集落の位置も示してあり、この「稗田山の大崩壊」で川を塞き止めて被害を起こしたのが、よぉ〜わかります。

石坂

 塩の道  石坂へ、塩の道  石坂へ、塩の道

 側の道路はダンプカーが、ひっきりなしに通っていましたが、今も「稗田山の大崩壊」復旧作業をしてるのでしょうか?石坂へ、塩の道

 そのダンプカーが通ってる道を少し行き、分かれてカーブになってる道を行くと、いかにも村外れに有りそうな大木の下に石仏が数体有り、絵になりますなぁ。

 電柱がジャマだけど・・

 上の「石坂」集落へ上がる道を行き、人家が有る付近のT字路で迷った。石坂、塩の道

 頼りの地面に書いてある「塩の道」の字は消えかかっており、たぶんこの方向だろなぁ・・と思って上がったら車道に出ました。

 車道に出た箇所では、今来た小道方向への入口を示す標識が見当たらず、反対方向から来る人は気を付けないと、そのまま車道を歩くかもしれない。石坂、塩の道

 まぁ・・そのまま車道を歩いて行っても、浦川橋へは行くようだが・・・・

 車道へ出た対面には、これから上がる細い坂道が有り、一見すれば人家へ行く道のように思えますが、これは車道から標識が見えたのでわかりました。

 σ(*_*)は最初、その標識に気付かず、てっきり車道を歩くものだと思ってたのですが、越後屋がその道をドンドン歩いて行くので、アレッ?と思ったら
「だって標識が有る」と言われちまいました。

 さすが老眼だが遠くの物を目敏く見つけたり、損得勘定を素早くする能力だけは大したモンだ。石坂、塩の道

 そのほかは、あんまり役に立たんで、モンクばっかし言うが・・

 山道に入り、峠らしい所に「サイの神」の標識があります(一番上の写真)。

 しかし、その付近を見渡しても標識杭だけが有り、神様らしい物が見当たらず、どこかへ夜逃げしたのでしょぅか?

 石坂、塩の道  塩の道  塩の道

池原分校

池原へ、塩の道  池原、塩の道  池原、塩の道

 山道を下って池原集落に入り、あれが池原分校跡かな?・・と思う建物が見え、ちょうど家から出てきたジサマがいたので分校の事を尋ねました。

池原分校、塩の道 それによると
「今は石碑しかなく、建物は新しくキノコ栽培用に作った物だ。」と言います。

 そおなのかぁ・・建物はいかにも「元は分校でした」という感じがしたので喜んだのにぃ。

 石碑には「南小谷小学校 池原分校 ここにありき」と彫ってあります。

 「ここにありき」という最後の文面が、いかにも「だれが何と言おうと、何が何でもここに有ったのだぞぉ・・忘れるな」という思い入れを感じさせます。

       塩の道 池原分校跡      池原、塩の道
          塩の道前へ  塩の道目次へ  塩の道次へ
      車中泊用品          遍照の響きホームヘ
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無