遍照の響き
塩の道
2013.10.31 旅行
2014.5.8   UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 30 道 標

塩の道 フスベ
塩の道ライン

フスベ

石碑塩の道 池原

 「池原」集落を通ると道端に石碑が有り、チラ見すると彫ってあるのが、文字なのか模様なのか、よぉ〜わからん。

 最初は「くずし字」かと思ったが、どおしても「くずし字」には見えず模様に思える。

 模様ならば仏さんの姿を象っていると思い、そうと思えば無理すると、それらしくも思えん事もない。石碑、塩の道

 さぞかし古い物だと思うが、こおいう模様?を彫った石碑は初めて見た。

 模様ならば、なかなか味の有る模様?だと思い、台座は「くずし字」で何か書いてあるのだが、学が無いから、これまた、よぉ〜読めん。

 たぶん「第子番」と彫ってあるんでないかなぁ。

 これ書いてる時にネットで調べたがヒットしないので、だれか知ってたら教えてね。

標識

紛らわしい標識、塩の道 少し行くと「塩の道」標識杭が小高い墓方向に上がる付近に立っておりますが、地図を確認すると、そのまま車道を行くようになってます。

 「塩の道」標識杭の側には「千国街道」と彫った立派な石碑も有るしぃ・・
 いかにも見た目は、古道風な細い道だしぃ・・・

 地図には表示されてない隠された近道か何かな?と思って越後屋に偵察させたら、単に墓場へ行くだけの道のようです。

塩の道 うむうぅぅ・・これは「塩の道」標識杭の設置位置が悪く、間違ってσ(*_*)らのように墓場方向へ行く人がいるかもしれんでえ。

 設置するならば、もっと墓場道の入口よりも離して設置するか、むしろこの位置に標識杭を設置しない方が良かったと思う。

 「中土駅」との分かれ道である「淀沢」の三叉路付近のゴチャゴチャしてる所は、地面に「塩の道」と書いてあるのが頼りでした。

 少し紅葉が出て来た車道端で一休み。


 塩の道 塩の道 塩の道

フスベ

 車道を歩いて行くと、やがて細い山道になり、下に姫川がチラッと見えます。塩の道

 山道の途中に木枝から白い紙がブラ下がっており、何か?と思ってみると
「玉の汗 難所のフスベ 一つ越ゆ」と「塩の道」を詠んだ俳句が書いてあります。

 ええですなぁ・・地元の人が、ここを通る人のためにブラ下げてくれたのでしょう。

 しっかしぃ・・これが何を書いてるのかわからん、見慣れんハングル文字だったら、いっぺんに興ざめしちまうだろなぁ。(^O^)

 なんつうても「日本を千年恨み続ける」と言ってる、ユスリ・タカリのウットオシイ国だから、どんな悪口が書いてあるか、わかったもんじゃない。「フスベ」の俳句、塩の道

 これを書いてる時に、四国で韓国女性がハングル文字で書いた遍路シールを、4000枚も貼りまくって問題になってました。

 遍路札についてはσ(*_*)のブログ「草ちゃん」に、「遍路札−1」 「遍路札−2/迷いと自己満足」 「遍路札−3/批判」 「遍路道」を書いてますので、ヒマと興味の有る方は読んでやってください。

フスベ、塩の道 話しを戻して・・・

 山道を歩いてると越後屋が
「獣のウンコが有るから、気をつけて・・」と言います。

 タヌキのウンコのよおで、その先々にも有り、その都度ウルサク注意するので、
「あっ!!・・、踏んづけちゃった。」とワザと言ってやった。(^O^)

 
「自分で洗濯しろ、イヤやぞ。」

 
「えっ?・・越後屋ちゃんは、σ(*_*)を愛してるんでしょう?塩の道 フスベ

 愛する夫のためならば、ウンコが付いてても喜んで洗濯してくれるのじゃないの?」

 
「愛しとらんから、せんわい。」

 
「あの・・まさかと思うけれどσ(*_*)の老後の介護は、どおなるの?・・・」
 
「知らん」姫川、塩の道

 
「よおしぃ・・それなら一杯ウンコを踏んづけて、不良になってやる・・グレてやる・・」

 「フスベ」は難所らしいが、道の片側に支える物が無い細い道というだけで、一応ロープが張ってありますが、そんなに危険という感じはしなかった。

 むしろ熊野古道を歩いた時には、もっとオトロシイ箇所が有ったような気がする。

 ちなみに「フスベ」とは、どういう意味か調べたが、わからず、たぶん地名なのでしょう。

 フスベ、塩の道  アスベ注意書き、塩の道  塩の道

三峰社

 「フスベ」を通り抜けた付近に標識杭が有り、別方向の高台にも山道が続いており、見晴らしが良さそうなので、わざわざ行ってみると祠が有りました。

塩の道 三峰社 祠の名前が書いてないので、わからんが、地図を見ると「三峰社」らしい。

 石垣も組んであり、それなりに地元の人達が信仰している祠なのでしょう。

 しかし、脇道に有るので「塩の道」を通る人は、ほとんど寄らないだろなぁ

 そのうち「下里瀬」集落に着きました。

 塩の道  塩の道 下里瀬  塩の道
        塩の道前へ  塩の道目次へ  塩の道次へ

        車中泊用品          遍照の響きホームヘ
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無