遍照の響き
塩の道
2013.11.1 旅行
2014.5.14 UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 33 素晴らしい道

塩の道
塩の道ライン

素晴らしい道

素晴らしい道塩の道

 タンボが広がっており遮る樹木も無い、地図本では「素晴らしい道」と書いてある所があります。

 確かに車も通らず舗装道路ですが、今までのような山中とは違うノドカな景色です。

 そこのカーブの所にベンチが有り、「塩の道祭り」の時に一休みしたので、今回も一休み。(一番上の写真)

 さて・・出発しようと越後屋に声を掛けて準備していたら、先に歩き始めた越後屋が何を思ったのか、今来た道を戻り始めました。
素晴らしい道、塩の道
 あれっ?・・何で元の道を戻るの?

 σ(*_*)が間違ってるのかなぁ・・と、ポカ〜ンと口空けて越後屋をしばし見送りました。

 もっとも、このままお互いにサヨナラして、それぞれにシアワセになる道を探し始めるのに、良い機会かもしれん・・

 そおか・・これは何という「素晴らしい道」なんだろう。!(^^)!
                       ワハハハ・・・ヨカッタ・ヨカッタ・・・

 しかし・・もしそうでなく、単に勘違いして反対方向へ歩いてるのだったら、後でコッピドク叱られると思い直し、大声で呼び止めました。塩の道

 だいぶ遠くまで行ってましたが、何度か大声を出してやっと気が付き
「何で呼び止めるんじゃ」とモンク言いながら戻って来ます。

 あっ・・やっぱり、お互いシアワセになりたかったんだ。

 それでも一応別れの挨拶くらいは、義理でも仕方なくやっておかないとね。

 
「オマエの行った道は、今来た道を戻ってるんだよ。

 お互い、このままサヨナラしてシアワセになりたいの?・・ん?・・
 それなら、それでも良いんだよ・・ん?・・」素晴らしい道、塩の道


 
「ええっっ?・・何でじゃあぁ・・あの道で良いんじゃないの?」

 ええいっっ!!・・このガンコババアめが・・

 やっぱり、こいつとはサヨナラした方がええなぁと心底思ったが、それでも優しく

 
「あぁたねぇ・・どこの方向から来たか、回りをよぉ〜く見てごらん・・ん?・・。
 (これから行く方向を指差して)あの方向から来たか?・・ん?・・
 あっちから来て、このベンチで休んだんでしょ?・・ん?・・」


と、何度も「・・ん?・・」を一杯使って状況を説明してやったら、やっと納得した。

 ベンチに座ってたので、目の前にある方向の道をそのまま行くものだとボオッ〜と思ったらしい。

 塩の道  塩の道  塩の道

  黒川沢、塩の道   塩の道   小谷中学校、塩の道

源長寺

 「黒川沢」の橋を渡り、小谷中学校の横を通り「源長寺」に着きました。

 参拝するつもりはなく通り過ぎる予定でしたが、一応階段を上がって本堂だけは確認しときました。

 この「源長寺」前の「33観音の石仏」は、道沿いに並んでおり、なかなか絵になります。

  源長寺、塩の道       塩の道 源長寺 

千国諏訪神社

 見覚えの有る千国諏訪神社の裏から境内に入り、「塩の道祭り」の時は人が一杯居たのに今は閑散としており、だれも居ません。千国諏訪神社、塩の道

 わずか半年ほど前に来たのに、やっぱり一度来た所は懐かしいですなぁ。

 境内の舞台は戸が閉まっており、そこで「仮装コンテスト」に出てニセ虚無僧をやりました。

 塩の道 千国諏訪神社  千国諏訪神社、塩の道  千国諏訪神社、塩の道

         塩の道前へ   塩の道目次へ   塩の道次へ
    車中泊用品            遍照の響きホームヘ
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無