遍照の響き
塩の道
2013.11.1 旅行
2014.7.2  UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 38 切久保

塩の道 切久保
塩の道ライン

「塩の道」標識設置位置

標識位置

 「瀬戸の橋」を渡り、突き当たった車道の山麓に「塩の道」標識杭が有ります。
標識の位置が悪く迷う、塩の道
 その標識杭が設置されている位置を見れば、いかにも車道から離れて、この林の中へ入って行く山道が「塩の道」だよ・・と言う風に思える。

 その山道を行きかけました・・・が、念のため地図本を見ると車道を行くようになってます。

 どうしょうかなぁ・・と思ったが、地図本を信じて車道を歩きましたが、これが正解だったようです。

 たぶん「風切地蔵」付近で出会ったアンチャンも、「瀬戸の橋」へ行くのがわからずに車道を通ったのだと思う。塩の道

 これは「塩の道」標識杭の設置位置が悪いなぁ・・地図本を持ってない初めて歩く人は、林の山道の方へ行くかもしれない。

 しばらく歩き、「塩の道通り」と名付けたらしい看板が道端に出ており、そこで向こうからアンチャンが歩いて来ました。

 挨拶して話すと
「森上駅から歩いて来た」と言うので、σ(*_*)らの到着予定地だったので行程の様子を聞いて別れました。

切久保

 塩の道 切久保諏訪神社 切久保諏訪神社の狛犬、塩の道

 やがて「切久保諏訪神社」に着き、少し一休み。

 綺麗な水が流れており、なかなか古風な良い神社で、狛犬に注連縄が飾ってあります。
 ここら付近の風習なのだろうか?

   切久保庚申塚 切久保庚申塚 二猿二鶏      切久保、塩の道

 少し行くと、黄色の葉を付けた大きなイチョウの木があり、その下に「切久保庚申塚」の石仏群があります。

 説明看板に、江戸時代初期の庚申塔で
「下部に二猿と二鶏が向き合って描いた古い様式」と書いてあったので、一生懸命にその猿と鶏を探しました。塩の道

 なかなか見つからず、コンジョ出して石仏群を二周して探したら、やっと猿と鶏が居るのを見つけた。

 こいつめ・・こんな所に隠れおって・・(^O^)
 だいぶカスレていたので見落としちゃったのです。

 石仏群付近の人家に大きい釜が置いてあり、顔が描いてありました。(一番上の写真)

 「ブンブク茶釜」を思わせて微笑ましいですなぁ。
 作者は、なかなかユーモアの有る人だと推察する。(^O^)

再び標識位置

 テクテク歩き農道を通り、人家の有る付近で「塩の道」標識杭が有るのは良いのだが、その指し示す方向は、ちょうど2つに分かれたY路地になってます。

 どの道へ行けば良いのか、ここでまた迷っちまい、舗装道路の人家の方へ越後屋に偵察に行かせた結果、どうも下のジャリ道を行くのが正解でした。

 もおちっと、歩く人の立場で「塩の道」標識を設置してくれた方が良いなぁ。

    塩の道      迷った道、塩の道

新田

 新田、塩の道  庄屋「丸八」、塩の道  マンホール、塩の道

 「新田」集落は道路端に、キレイな水が豊富に流れています。信州森上駅、塩の道

 「庄屋 丸八」の看板が有り、外から見ると、いかにも庄屋さんのような建物の造りでしたが、食事処のようなので寄りませんでした。

 今日の到着予定地「信州森上駅」に無事到着。



信州森上駅付近からの展望、塩の道  塩の道 信州森上駅

         塩の道前へ   塩の道目次へ    塩の道次へ

       車中泊用品           遍照の響きホームヘ
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無