遍照の響き
塩の道
2013.10.30 旅行
2014.7.22  UP
「塩の道」地図−2
(平岩駅〜信濃木崎駅)

     HOME  >  「塩の道」目次  > 43 中綱湖

塩の道 中綱湖
塩の道ライン

中綱湖

中綱湖畔

 国道へ出る手前の横道を通って、中綱湖へ・・・

 「塩の道祭り」の時に歩いたので覚えており、何のためらいも無く横道へ入ったが、初めての人だと見落として、そのまま国道へ出てしまうかもしれん。

 塩の道 中綱湖、塩の道 中綱湖畔、塩の道
 中綱湖畔、塩の道 中綱湖、塩の道 中綱湖、塩の道

 中綱湖畔の道をテクテク・・・

 「塩の道祭り」の時は、外人さん夫婦が乳母車を押しながら歩いてたなぁ。

 中綱湖、塩の道 塩の道 中綱湖 中綱湖、塩の道
 中綱湖、塩の道 中綱湖、塩の道 中綱湖、塩の道

 ホンマは「中綱」集落内を通るのが「塩の道」なのですが、途中にトイレが有った所から中綱湖畔沿いに道が有り「簗場駅」へ行けるようです。

 せっかくトイレが有ったので、ついでにチッコしてから歩き始めると、ちょうど雨が降り始め、そばで魚釣りしてたトッツアン達も、あわてて撤収し始めました。

 中綱湖畔を歩いてると、今時珍しい和船が1隻繋いであり、これ専用乗り場のようで、なかなか絵になりますなぁ。

 中綱湖、塩の道 塩の道 中綱湖 中綱湖、塩の道

 橋を渡る付近から、いよいよ雨が本降りとなり、簗場駅まで駆け込み、ぎりぎりセーフ。

 もおチット遅かったら、ズブ濡れ状態で泣いてたじゃろなぁ。

 ただ・・汽車の待ち時間が2時間も有り、ボオッ〜ッと待合室に座っていると、扉からスキマ風が入り寒かった。塩の道 簗場駅

 あんまりにも寒いので越後屋に
「寒いから抱きあおうか」と冗談で言ったら、即座に「イヤじゃ。」

 
「何でじゃ!!・・駅の待合室でトシヨリ夫婦が凍死してたと、明日の新聞に出たら、どうすんじゃ。

 しかも、お互いに、すんごく愛しあってるんだから、人目があろうが何のその・・
 幸い、ここは人目も無い事だしぃ・・・ヒッヒッヒッ・・・・」

 
「ふん・・愛しとらんくせに。
 コラッ!!・・寄るな、触るな。

 ええいいっっ!!・・何するんじゃ!!・・バカタレッ!!
 アッチへ行け・・シッシッ・・・」


 
「でも、遭難した時に、お互いに嫌いあってる人同士の場合は、どおするんかねぇ。
 生きるために仕方なく抱き合って暖めるか・・・

 そんな事する位ならば死んだ方がマシじゃと、お互いにソッポ向いて過ごすか・
・」
と、現実的なくだらん話しをしながら過ごしましたとさ。

 ふと見ると、線路の向こう側に有るブラットホームの待合室がアルミサッシで囲まれており、機密性が良さそうです。

 そこへ移動すると風が入らなく、寒さをしのげたので1時間ほど待ち、凍死しなくて済みました。

         塩の道、前へ     塩の道目次へ     塩の道次へ

        車中泊用品         遍照の響きホームヘ
そ の 他 「道」     ・    近 隣 三 十 三 観 音 霊 場 ペ ー ジ
イザベラ・バードの道   信濃霊場  越後霊場 越中霊場  飛騨霊場  
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記   
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 
塩の道ライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無