2013.5.3旅行
2013.5.25 掲載
塩の道まつり 地図
遍照の響き
塩の道祭り

    HOME > 「塩の道まつり」目次 > 2 下里瀬

塩の道祭り 南小谷
塩の道祭りライン

塩の道祭り

南小谷駅

 南小谷駅には車泊できそうでなく、800m離れている「塩水公衆便所」の駐車場へ行き、今回は孫が付いて来たので、越後屋と孫が車の中で寝て、σ(*_*)はトイレ横のバス停で寝ました。

 今年は例年よりも寒さが長く続きましたが、周囲が囲まれていたためかバス停内は思ったほど寒くなかった。

 翌朝起きると、付近の山頂に雪が積もってるので(一番上の写真)、寒いという予想で作務衣の下に1枚余計に着込んで袴を付けました。

 南小谷駅へ行くとバスが待っており、乗客は普通のカッコウしていて、怪しげなカッコウしたのはσ(*_*)だけ・・・唯一の仲間は、笠をかぶってる役場職員の案内係だけだった。

「塩の道祭り」受付

 「下里瀬」の出発地・受付で聞くと、一般の人でこんなカツコウしているのはσ(*_*)だけらしく、「諏訪神社で旅姿コンテストがあるので、ぜひ出場を・・・」と言われた。第34回塩の道祭り 下里瀬 受付

 えっ・・・σ(*_*)だけなの・・・マイッタなぁ・・・

 これから暑くなると思い、1枚余計に着込んだシャツを脱ぐため、近くの倉庫陰で衣装を全部脱いで着付けをやり直しました。

 さすがに、パンツまでは脱がなかったけど・・・
 こおいう場合は、着物は不便ですなぁ。

 側の神社が出発地らしく太鼓を叩いており、境内には樵姿の子供を含む家族連れがいました。第34回塩の道祭り 下里瀬 出発地

 ヘッヘッヘッ・・居るじゃねぇかと思い写真を撮り、その樵姿のオバハンに聞くと、
「毎年10年間、このカッコウで歩いており、背負ってる荷物を少しづつ改良した」と言い見せてくれました。

 見ればホンモノの毛皮を着たり、背負う薪は皮だけにして軽くなるように工夫してある。

 さすが10年のベテラン・・・一族連れて神奈川から来たらしい。

 樵姿の衣装を着て歩き、その面白さから病みつきになっちゃうのは、何度も四国遍路をする「お四国病」と同じなんでしょう。塩の道祭り 樵姿衣装

 もっともσ(*_*)も「各地霊場巡り病」にかかっており、かなり重症だと思う。

 σ(*_*)の虚無僧姿を見て
「毎年、それで歩いてるのか?」と聞かれました。

 よっぽど着慣れてる姿に見え、毎年歩いてるツウの人と思ったらしく、以後、何人かにも同じように聞かれました。道端の人形、塩の道祭り

出発

 出発式が有るのかと思ってたが無さそうであり、越後屋が「皆は、もう歩いてるよ」と言うので、ズラズラと勝手に出発して良い感じである・・・違うかな?・・・出発しちまったが・・。

 道の途中に机が置いてあり、人形が2つ置いてあります。

 後でわかったのですが、地元の人が毎年違う人形を作って飾ってるらしい・・方言の紙もええですねぇ。遍路姿、塩の道祭り

 すぐに坂道から山道になったので、とても尺八を吹く余裕はない。

 集落を通過する時は、尺八の一曲でも吹きながら歩こうかと思ったのだが、他の人と歩く速度を合わせないと、自分だけゆっくり歩くのは迷惑を掛けるような気がしたのでヤンピした。

 次々と人が歩いてるので、なあんか・・風景を楽しむというより、ただ人の後を付いていくだけという感じです。

子連れ遍路、塩の道祭り 塩の道祭り 塩の道祭り

ふるまい

 塩の道祭り 虫尾阿弥陀堂 虫尾阿弥陀堂での「ふるまい」、塩の道祭り 塩の道祭り

 「虫尾阿弥陀堂」へ着くと「ふるまいテント」が有り、漬物を食べました。

 こおいう「ふるまい」が有る所でも一曲吹けば良いのだが、なんせあんまりにも人がゴチャゴチャしており、あわただしい感じがするのでヤンピ。子供遍路、塩の道祭り

 ちなみに越後屋と孫は遍路のカッコウしており、孫にはσ(*_*)の白衣を着させました。

 なんやかやとモンクを垂れてた越後屋も、遍路姿だったら着慣れているので良かったらしい。

 写真の白装束を着てるのが孫と越後屋です。

        塩の道祭り前へ   塩の道祭り目次へ    塩の道祭り次へ

      車中泊用品         遍照の響きホームヘ

 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 虚無僧寺  京都明暗寺 由良興国寺 越中国泰寺 虚無僧墓 etc
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  
塩の道祭りライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無