2013.5.3旅行
2013.5.29 掲載
塩の道まつり 地図
遍照の響き
塩の道まつり

     HOME  >  「塩の道まつり」目次  >  5 千国街道
塩の道 千国街道
塩の道まつりライン

千国街道

千国の庄資料館千国の庄資料館、塩の道まつり

 ここら辺は千国街道というらしく、「千国の庄史料館」前には人がズラッ〜・・と並んでます。

 どうしても「史料館」を見ないとアカン・・というワケでも無いのですが、ここで「手形改め」といってスタンプ押してもらわないと、ゴールで記念品をもらえないもんでして・・・

 中には、お奉行様が神主と3人して一生懸命にスタンプを押しています。
千国の庄資料館、おだいかんさま。塩の道まつり
 後で見ると、お奉行と神主さんとは、スタンプの種類が違うのですねぇ。

 「千国の庄史料館」の中も見学出来るようでしたが、ズラズラと中を通り過ぎるだけにしました。

 一休みしたいのですが、ここもやっぱり人が一杯で休む場所が無いよおなので、そのまま出発しました。

ポッカ隊ポッカ隊

 「ポッカ隊」も出発用意と言い始めており、千国街道を後ろから旗を持った「ポッカ隊」が付いて来ます。

 その黙々と「ポッカ」集団が歩いてる隊列光景は・・・失礼ながらポッカ隊に、ムシロ旗と手に鍬・鎌・提灯・棒切れを持たせて「ワァ〜ワァ〜・・」と叫びながら歩くと、これは完全に年貢を搾り取る悪代官所を襲撃する「百姓一揆」の姿になっちゃうなぁ・・・と思った。(^O^)
塩の道 千国街道
 ケツ出して走る飛脚集団と同じように、そおいう「百姓一揆」集団のパフォーマンスも面白いかもしれん。

 σ(*_*)なら、喜んでムシロ旗を持って参加しちゃう。(^O^)

 小さい女の子も竹カゴ背負い、バアサマに手を引かれて歩いており、カワユイでんなぁ。(^_-)

親坂・清水坂

 千国街道の「親坂」入口にバスが待っており、何でこんな所にバスが居るの?と思ったら、ここからの坂は急坂なので足に自信の無い人は上まで運んでくれるそうな。塩の道まつり

 おぉぉ・・・至り尽くせりですねぇ、ジジ・ババが喜んで乗り込んでいました。

 確かに「親坂」は九十九折れの急坂山道でしたが、珍しく石畳が敷いてありました。

 途中に「弘法清水」が有り、そこから上は「清水坂」と言うらしく、「親坂」ほど勾配がキツクなく距離も短かった。

 塩の道 千国街道 親坂  親坂、塩の道まつり  塩の道 千国街道 清水坂

牛方宿

 「沓掛 牛方宿」で「ふるまい」が有り、ここで初めて家屋の庇下でドッカリと腰を下ろして休みました。

 「旅姿コンテスト」に出た甲冑姿のニイサンも千国街道を歩いており、あのカッコウで歩き通すのも暑くてタイヘンじゃろなぁ。

   塩の道 沓掛 牛方宿    塩の道まつり 甲冑姿   子連れ遍路、塩の道まつり

 「牛方宿」も内部が見れるようでしたが、「ポッカ隊」からだいぶ遅れているようなので見ないで出発し、「前山百体観音」に着くと「ポッカ隊」や早乙女姿のネーチャン達は出発する所で、歩くペースが早いんですねぇ。

 「栂池高原」のゴール地点に到着して、本日の「小谷」行程が終わりました。

   前山百体観音、塩の道まつり       栂池ゴール、虚無僧と子供遍路、塩の道まつり
        塩の道まつり前へ  塩の道まつり目次へ  塩の道まつり次へ
    車中泊用品          遍照の響きホームヘ
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 虚無僧寺  京都明暗寺 由良興国寺 越中国泰寺 虚無僧墓 etc
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  
塩の道まつりライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無