2013.5.4旅行
2013.6.4 掲載
塩の道まつり 地図
遍照の響き
塩の道まつり

     HOME  >  「塩の道まつり」目次  >  7 姫川源流

塩の道まつり 白馬 姫川源流
塩の道まつりライン

姫川源流

カモシカ

 塩の道まつり 塩の道まつり 塩の道まつり 青木湖

 ゾロゾロ・・・と歩いてましたが人が多過ぎて、あんまり情緒が無い。

 青木湖畔を離れて山道に入ると「オカリナ」演奏をしていました。オカリナ演奏、塩の道まつり

 σ(*_*)も時間があれば、どこかで立ち止まって尺八吹奏をしても良いんだが、なんせ行列のシッポの方を歩いてるもんだから置いて行かれちゃう。

 鉄道線路の脇を通ってスキー場の所で、数人が固まって山の方を指さして何か言ってます。

 何か?と思って指さす方向を見れば、ゲレンデの広場でユックリと動物が動いております。

 熊じゃろか?・・・それならば「熊出没注意報」を発令しなれりゃアカンが・・・

 その時は、わかりませんでしたが、後でネットで調べると、同じように目撃した人が居て、またσ(*_*)が取った写真を拡大してみると不鮮明でしたが「カモシカ」でした。

 塩の道まつり  塩の道まつり  カモシカ、塩の道まつり

姫川源流

 国道を横切り、「塩の道」と外れた「姫川源流」の方へ誘導されます。
獅子舞、塩の道まつり
 「姫川源流」なんて、どおせ大した事は無いじゃろおと、この時は正直言ってあんまり行きたいとは思わず、それよりも早く目的地へ行きたいと思ってました・・・すんまへん。

 しかし、なんせコースに入ってるもんだから、σ(*_*)一人がゼイタク・ワガママを言って、別の道を歩くわけにはイカンからなぁ。

 「姫川源流」付近の道は狭くなっており、今まで道一杯に広がって歩いてたのが、2人並んで歩ける程度の道幅しかないので、自然に行列が渋滞し始めました。

 立ち止まった時に、隣の老夫婦のオババが虚無僧姿のσ(*_*)を見て
「どこかで吹かれるのですか?」と話しかけてきた。
塩の道まつり 姫川源流
 
「いえ、カッコウだけのニセモンです。」
 
「あらあぁ・・・吹かれれば、お布施あげたかもしれないのにぃ。(^O^)」

 
「その時は、この袋の偈箱に入れてください。(^O^)ナハハハ・・・」

 どうせ渋滞しているしぃ・・歩いてもゆっくりなので、今の速度ならば息切れせずに吹けるかな?・・と思い音出しをしてみると、何とかなりそう。

塩の道まつり 姫川源流 「三谷」を少し吹いてみましたが、普段は着慣れていない袴をはいてるので腹周りがキツク、あんまり調子が良くない。

 それでもオババは喜んでくれ、近くにいたネーチャンカメラマンが、吹奏しているσ(*_*)の写真を撮っていました。

 「姫川源流」は来てみると思った以上に良い所で、さすが「塩の道まつり」コースに入れるだけの事があり、のどかでキレイな所でした。

塩の道まつり 安曇野「わさび農園」の川風景と似ており、お勧めの場所です。

 川沿いを歩いてると、後ろの方で別のバサマが孫娘に
「あれは尺八と言ってなぁ、ワシの父さんも昔吹いてたんだよぉ」と説明していた。

 後で振り返って見ると同年代のバサマで、たいていこの年代の父親が尺八を吹いてた人が多く、よく懐かしがってくれます。

       塩の道まつり前へ    塩の道まつり目次へ    塩の道まつり次へ

    車中泊用品        遍照の響きホームヘ 
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 虚無僧寺  京都明暗寺 由良興国寺 越中国泰寺 虚無僧墓 etc
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  
塩の道まつりライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無