2013.5.5 旅行
2013.6.7 掲載
塩の道まつり 地図
遍照の響き
塩の道まつり

     HOME  >  「塩の道まつり」目次  >  13 木崎湖

塩の道祭り 木崎湖
塩の道まつりライン

「塩の道まつり」ゴール

一本差し

 一本差しのジサマが道端で草鞋を取り替えていたので、どこから来たのか尋ねると
 
「静岡から来た」
 
「おっ・・清水の次郎長ですね。(^O^)」

 なかなか凝った旅姿コスプレをしており、こおいう人がツウなのでしょう。

塩の道まつり 中綱湖、塩の道まつり 一本差しのジサマ、塩の道まつり

 廃屋が有る付近で、次郎長オヤブンが追い付いて来たので写真を撮り、良く見ると刀を右に差しています。

 先程の休んでいた時に刀を外し、出発の時にうっかり右に差してしまったのかと思い、近寄って
「刀は左に差すもんですよ」と教えたが、耳が遠いらしく他の事を答えたので、そのままにしといた。

 帰ってから次郎長オヤブンが写ってる他の写真を見ると、最初から全部右に差しています。

 もおトシなのだから、ガンコに刀は右に差すもんだと思い込んでるのかもしれん。道端で楽器演奏していた。塩の道まつり

音楽

 山道に入ると音楽が聞こえ、その方向を見ると下の道でアコーデイオンとベースを弾いてる人が居た。

 何という曲が知らないが、終わった時に道端で聞いてた観客が拍手し、山道を歩いてた人も拍手しました。

塩の道まつり中綱湖、塩の道まつり塩の道 木崎湖

森城址塩の道まつり

 木崎湖沿いの舗装道路を歩きましたが、延々と長いですねぇ、だいぶ疲れた。

 ゴール付近の係員が、
「こっちの道の方が、近いですよ」と教えてくれています。

 そおだわなぁ・・・なんせ行列のシッポの方だから、早く全員ゴールさせないと・・・塩の道祭り 森城址

 ゴールの森城址の神社では、「ふるまい」の豚汁に長い列が出来ています。

 腹が減っているので、何でも良いから早く何かを食いたいので、列の短い方に並んだら、酒とテンプラの列だった。

 酒を飲みながら豚汁の列に入ると、太鼓の演奏が始まり、もおちっと「ふるまい酒」の量が多かったら良かったのだが・・(^O^)。

外人尺八准師範

 やっと貰った豚汁を手にしながら、どこで食べようかとウロついてたら、外人さんが「どこで吹くのか」と聞いてきた。森城址、太鼓、塩の道まつり

 
「ニセモノだから、吹かない。(^O^)」

 
「トザン流?」と聞くので、あれっ?!・・この外人さんは尺八の事を知ってるのかと思い答えると、妻らしい外人さんが横から「彼、准師範持っている。」と言います。

 ほほおぉぉ・・准師範を持ってるのならば、それなりに吹けるだろおと思い、お手並み拝見しようと尺八を渡して吹いてみろと手マネをした。

 やはり初めての尺八だから、音のポイントが決められず、あまり音が出なかった。森城址、巫女さん。塩の道まつり

 尺八を返した時に、代わりに持ってた豚汁のカップを持たせて「阿字観」を少し吹き、外人さんにもう一度勧めたら、今度は音が出て何かを吹いたが、何という曲かわからん。

 一昔前の現代曲とか古曲・本曲だったら聞けば、たいていわかるのだが・・・・

 神社前では巫女さんが来た人に御神酒を注いでいたが、盃に一口程度のよおだから貰うのは止めといた。

        塩の道まつり前へ    塩の道まつり目次へ    

  
2013年 第34回「塩の道祭り」 

    車中泊用品         遍照の響きホームヘ 
 尺八関係 一覧
尺八曲目次   「手向」 「阿字観」 「本調」 「心月」 「奥州薩慈」 「三谷」 「産安」
 虚無僧寺  京都明暗寺 由良興国寺 越中国泰寺 虚無僧墓 etc
 洋山流  私の所属していた流派です。
 虚無僧旅姿   「塩の道」祭りに参加した時のコスプレです。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  
塩の道まつりライン

塩の道ウオーク [ 井上如 ]

塩の道ウオーク [ 井上如 ]
価格:2,052円(税込、送料込)

 
塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]

塩の道ウォ-キング [ 静岡新聞社 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 無

   無 
無