HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 4 茅葺き

 信濃33観音霊場記  尺八を携え巡った信濃三十三観音霊場記 遍照の響き
    信濃三十三観音霊場 全地図   諏訪・安曇−01 地図
    H21.9.11 巡礼    H23.9.3 UP

茅葺き

茅葺き民家

 仲仙寺から「辰野」方向へ向かっては、今度は緩やかな下り坂。

 ワッハッハッハッ・・「はびろ道」を上がって来たのと違って快適でんなぁ。蕎麦畑

 空は秋晴れ・・

 道路端には花が植えてあったり(一番上の写真)・・
 広大なる蕎麦畑に白い花を一面に咲かせ、さすが信州・信濃!!

 快適に自転車で走っていたら、「富田」集落へ入る緩いカーブの所に茅葺き屋根の民家を発見。

 おぉぉ・・・今時、「茅葺き民家」とは珍しいと思い、自転車を止めてデシカメで撮影していると、気が付かなかったのですが、道端でスケッチしていたトッツアンから
「珍しいでしょう」と声を掛けて来ました。

 やっぱり目を付ける所は、一緒ですなぁ。茅葺き民家、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 少し話しをすると、この家にはバサマが一人で生活しているらしい。

 たいていトシヨリの一人暮らしというもんは、庭に草が生えて荒れてくるんだけれど、このバサマは几帳面でまだ足腰が動くのでしょうか。

 「よぉ〜残してくれていた、と思いますよ」とトッツアンが言い、σ(*_*)もそう思う。

 チラッと描いてる絵を見ると、クレパスで形を取ってる所でした。

庚申塔庚申塔、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 再び快速で自転車で道を走り抜け、所々の集落には大きな石の「庚申塔」が有り、見ればそんなに古い物ではなく昭和55年頃です。

 こんな大きい庚申塔を数年毎に作るのは、地元の人達も大変だと思う。

伊那諏訪88箇所

 「下古田」集落で、少し道から外れた所に再び茅葺き屋根を発見!!妙楽寺

 さすが信州・信濃!!・・トッツアンの言葉ではないが、よぉ〜残していてくれていた。

 自転車を止めて近寄ると、民家のよおであり、そおでないようでもある。

 全体的にあまり手入れがしてないよおで、少し荒れた感じがします。

妙楽寺

 入口に「妙楽寺」という新しい石碑が建っており、一応寺のよおで「伊那諏訪88箇所3番札所」と彫ってあります。伊那諏訪88箇所、妙楽寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 へえぇぇ〜・・「伊那諏訪88箇所」なんていう霊場巡りも有ったんだ・・初めて知ったでぇ。

 境内の奥に、古びた開けっ放しの堂があり入ってみました。

 中には古そうな石仏と、入口に88カ所の石碑が立っており、細長い石に「南無大師遍路照金剛」と彫ってあります。

 この細い石が無かったら、ここが88カ所だとは思わなかったろう。

 石仏の前には、ホコリっぽく錆びた年代物の凹んだ鐘が置いてあり、石仏よりもこの鐘の方が古さでは価値が有るんでねぇかなぁ。

 それはそれとして、たぶんここは歴史の有る場所だったのでしょう。

昔と現在の霊場伊那諏訪88箇所、妙楽寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 全国に「88カ所」や「三十三観音」霊場は数多く有り、昭和の頃に出来た霊場ならば寺に人が居ると思う。

 しかし、少なくとも江戸時代からある古い「88カ所」や「三十三観音」霊場では、この寺のように無人となった寺が多いのではないかなぁ。

 言っちゃあぁ悪いが、σ(*_*)は明治以後に出来た霊場、特に昭和時代になってアチコチに出来た霊場は、正直言って全然魅力を感じない。

食堂

 「羽場駅」付近で昼になり、食堂か店が有るかと期待したが、なあぁ〜も無し。
 しかも無人駅ですがなぁ。

 腹減ったなぁ・・店が途中に有ると思ってたが、ここまでの行程では店が1件も有りませんでした。

 地図を見て人家が密集していそうな「赤羽」集落付近に行けば、何か有るかもしれんと思い、
「腹減った」とモンクを垂れる越後屋を叱りつけ励ましつつ自転車を漕いでると、「下田」集落にJAの店が有りました。道祖神

 見るからに、あんまり大した物が無いだろおと思いながら店へ入ったら、やっぱり大した物が無かった。

 無理ないわなぁ・・今は自動車で近所の大型スーパーへ買い出しに行ける時代だもん。

 それでも餅が有ったので買い、越後屋に金を払わせて外で待っていましたが、なかなか出て来ない。

 どおした?・・こんな所で「高いの・・安いの・・」と値切っても仕方がないぞ。

 しばらくして出てくると
「この辺で食堂が無いか」と聞いてたらしく、この付近には無くて国道まで出なければアカンらしい。

 そんな話しをしているとJAの店員さんが追いかけて出てきました。

 どおした釣り銭でも間違えたか?道祖神と庚申塔、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 店員さんは、最近近くに出来たレストランが有る事をわざわざ教えに来てくれたのでした。

 地図を見ながら、その道順を丁寧に教えてくれました。

 ありがとうございました。

 お陰様で、教えられたレストランで無事に定食にありつけました。
 信濃の人は、旅人に何と優しいんじゃろおう。

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ      遍照の響きホームヘ
   信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無