HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 14 盛泉寺

 信濃33観音霊場記  尺八を携え巡った信濃33観音霊場記 遍照の響き
     信濃三十三観音霊場 全地図   諏訪・安曇−02 地図
     H22.11.10 巡礼    H23.9.17 UP

盛泉寺の線彫六地蔵松本盆地

中波田観音広場

 「唐沢」付近から松本盆地の広がりが見えます。

 「中波田」の人家が有る所で「中波田観音広場の石仏群」と看板が有り、石仏がゴッテリ集まってる箇所が有りました。中波田観音広場の石仏群

 屋根付きの堂に入ってる石仏がメインなのでしょうか?

 その他大勢の石仏は、字だけの方が多かったような気がする。

盛泉寺

線彫六地蔵

 「盛泉寺」参道入口に六地蔵が有り、これが「線彫り」になっており珍しいと思う。盛泉寺 参道入口

 その他に山門近くに有る説明看板付近にも、一枚石に六体描いた線彫り地蔵が有り、拓本にする人が居ると書いてあった。

 しかし、拓本にすると石を汚されるとかで禁止されてる事が多いのじゃけれど、どおなんでしょうか。

 一枚石に彫って有った「線彫六地蔵」は、拓本にして家に飾ってみたい気はする。

    線彫六地蔵       線彫六地蔵

犬塚

 参道に「犬塚」と彫った大きな石碑が有りましたが、犬がどうかした碑なんでしょうか?

 近くの家からσ(*_*)らを見てチッコイ犬が「キャンコラ、キャンコラ」と盛んに吠えていましたが、「犬塚」にまつわる親戚か兄弟関係の犬だったのでしょうか。

 この「犬塚」はネットで調べてもわからんかったので、だれかカシコイ人、知ってたら教えてね。
盛泉寺 盛泉寺 参道 盛泉寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

不動堂盛泉寺 不動明王

 境内に在る「不動堂」の中を覗いてみると、薄暗い部屋に不動明王が安置されております。

 今まで数々の不動明王を見たが、失礼ながら持ち味である怒りが、今一つ伝わって来ないのが多かった。

 しかし、この不動明王の後背炎は、まさに煩悩を焼き尽くす怒りの炎のようで、なかなかのスグレ物だと思う。盛泉寺 観音堂

 今までは本尊さんとか、ナンとかのエライ仏さんを拝見する事は多々有ったが、それを信仰している人に対して失礼になると思い、写真は撮りませんでした。

 しかし、この不動明王の炎が、あまりにも素晴らしかったので、初めて写真に撮りアップします。

 不動明王さん、および関係者の皆さん、ゴメンね。

観音堂の奉納額

 本堂と「不動堂」の間を通り「観音堂」へ上がると、奉納額の龍が3分割されて奉納されてます。(写真は真ん中の頭部分だけ)盛泉寺 観音堂

山岡鉄舟

 正面「大悲閣」の額は山岡鉄舟が書いたそうな。(一番上の写真)

 観音堂の扉が開いたので入ると、「琴」の奉納額がありました。

 奉納額というもんは、何かを願ったり祈ったりする対象のようなものなので、これを奉納した人は琴の上達を祈ったのでしょうか。盛泉寺・琴の奉納額、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 今まで奉納額の絵は数々見たが、「琴」だけの物は初めてだった。

楽器

 奉納額に天女さんが尺八?吹いてる・・と思ったが、良く見るとラッパのような楽器にも見える。

 同じく横笛を吹いてる天女さんもあり、いずれも奉納額の描き方・年代も同様な感じです。盛泉寺天女の奉納額、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 きっと同じ音楽関係者が奉納したのでしょうが、奉納した人の名前等は記載されていません。

 でも今思うと奉納額ではなく、単なる飾りだったのかもしれない。

 今日はここまで、自転車を波田町役場に置きました。

自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ        遍照の響きホームヘ
  信濃33観音景上記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無