HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 24 転校生

 信濃33観音霊場記 尺八を携え巡った信濃観音霊場 遍照の響き
       信濃三十三観音霊場 全地図
南下−02地図(米子大瀑布 9・蓑堂 10・高顕寺 16・清水寺 11・清瀧観音堂)
   H22.11.4 巡礼   H23.10.22 UP

転校生/清滝観音堂

阿弥陀堂「奥の院」

最初の看板/清滝観音駐車場

 11番「清滝観音」へS字カーブの山道を走ってると、道端の少し広くなった所に

 
「清滝観音駐車場 境内に車で入らないでください」
 「阿弥陀堂 奥の院 1.3km」

と書いた看板が草むらに隠れるように立ってます。

   奥の院「阿弥陀堂」へ、信濃33観音霊場記      清滝観音駐車場、信濃33観音霊場記

 で・・この看板を見た時、何を勘違いをしたのか「奥の院」ではなく「清滝観音」がここから1.3kmも有り、車を降りて歩いて行かにゃアカンのか・・・と思っちゃいましてなぁ。

 コンジョ無しなので、1.3kmも坂になってる車道を歩くのイヤだから、ダメだったら戻ってこようと思い、そのまま車道を車で上がって行きました。

二つ目の看板

 そしたら、あぁたぁ・・少し行った消防ポンプ小屋みたい所に「札所 清滝阿弥陀堂」と書いた立て札が立ってます。清滝観音 奥の院「阿弥陀堂」入口

 この「阿弥陀堂」の存在は知っており、ついでに来る予定にはしてましたが、肝心の目的としている札所「清滝観音」がどこかわかりまへん。

 それでも、せっかくここまで来たのでそこに車を置き、歩いて「阿弥陀堂」へ行きました。

「転校生」ロケ地

 この「阿弥陀堂」は映画「転校生(2作目、さよならあなた)」のロケ地になった所であり、筋書きではここの神社に有る「さびしらの水場」に二人して落っこちまい、お互いの体が入れ替わるという設定になってます。

 なんで、こんなに詳しく知っているかと言うと、「信濃33観音霊場」巡りの下調べをしてる時に映画「転校生」のロケ地がここであると知り、さっそくDVDを借りて見たからです。

 霊場の下調べの時に、こおいうのを見つける楽しみも有り、チビッとカシコクなります。奥の院「阿弥陀堂」へ、信濃33観音霊場記

 はっ?・・映画「転校生」の感想ですか?

 すんまへん、あんまり面白くなく、一作目の方が良かったなぁ・・ホンマに、すんまへん。

転勤

 転校生と言えば、σ(*_*)は3年毎に転勤していたので子供達も転校をさせちまいました。

 自分の職業のために子供達には、すまなかった事をしたと思ってます。

 今思うと子供達に「故郷」「幼なじみ」というものを、知らない人生を歩ませたかもしれません。

阿弥陀堂

 熊が出るという看板も有るので、熊鈴を付けて行くと、おぉぉ!!・・映画で見たのと同じ鳥居とお堂が・・・(当たり前だが・・)

 石垣の上に清水風の阿弥陀堂が有り、この縁側で主人公達がケータイ使ってました。

 境内は手入れがしてなく草が生い茂ってます。

 阿弥陀堂 境内 清滝観音 奥の院「阿弥陀堂」 奥の院 阿弥陀堂

さびしらの水場さびしらの水場

 蛇でも踏んづけたら、イヤだなぁ・・と思いながらも、草を踏み分けて映画に出ていた「さびしらの水場」が有った滝へ行くと、岩場は湿ってますが滝水が全く落ちていません。

 まぁ・・あの二人が落っこちた水場は映画の作り物だったらしいが、それにしてもチョロチョロでも良いから滝らしく水が落ちていて欲しかった。

奉納額

 阿弥陀堂の中には、坊さんと龍が仲良くお話している奉納額が飾ってあり、剥げ具合により、かなり年代モンのような気がする。
        奥の院「阿弥陀堂」奉納額、信濃33観音霊場記
 参拝して、今来た道を戻り再び「駐車場」の看板場所へ。

11番「清滝観音堂」

「清滝観音」駐車場

 ここから1.3kmの所に「清滝観音堂」が有るとなると、すぐ近くのS字カーブの所に林道へ入る道が有ります。

 その道を行けというんだろか?・・と、あくまでもガンコに清滝観音堂がズウ〜ッと離れている場所に有ると固く信じてるアタイ。

 「車で入るな」とも書いてあったので、その林道を10分ほど歩いてみましたが、それらしい建物が見当たりません。

 そのうち重機が置いてある広場のような所へ来たので、さすがに、ここではないとアホなσ(*_*)でも思い、諦めて引き返しました。

 この「11番 清滝観音」だけは見つける事ができず、これだけ探す努力もした事だしぃ、信濃33観音霊場の中で一つだけ札所が見つからないというのも一味有るのかもしれん。

 なんせ、あの弘法大師も見逃したという「見残し海岸」という場所が四国に有り、σ(*_*)のような信心とコンジョ無しの人間だから、一つくらい見逃しても仕方がないわなぁ・・・

と思って、アキラメかけた時に、そこらをウロつき探していた越後屋が
「あっ、ここに有った」と言います。

清滝観音堂

 見れば駐車場より少し下がった道路より、杉林の中に屋根がチラッと見えます。

 あちゃあぁ〜・・それならそおと、看板に観音堂方向も書いておいてくれれば良かったのになぁ。

 良ぉ〜く看板を見直すと、「奥の院 阿弥陀堂」が、ここより1.3kmと、シッカリと書いてありました。

 オッチャン、すっかり「清滝観音」が1.3km先だと思っちゃったぁ〜・・(^O^)清滝観音へ、信濃33観音霊場記

 トシですねぇ、思い込みが激しくなってガンコジジイになっちまったなぁ。

 車道から清滝観音への入口には、真ん中に石が置いてあり、車で行こうとしても車のバンパーに引っ掛かって車が傷付くようになっています。

 清滝観音堂は、それなりに立派な堂で、境内を見渡すと荒れてはいますが、昔の勢力が偲ばれました。

 11番 清滝観音 11番 清滝観音清滝観音

 信濃33観音霊場記、前へ 信濃33観音霊場記、目次へ 信濃33観音霊場記、次へ       遍照の響きホームヘ
    信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無