HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 28 懸崖造り

 自転車で巡った信濃33観音霊場記 懸崖造り、自転車で巡った信濃33観音霊場記 遍照の響き
           信濃三十三観音霊場 全地図

  南下−03地図(11清瀧観音堂→皆神山→松代象山・舞鶴山大本営跡→
  7桑台院→4風雲庵→5妙音寺→6観龍寺→東屋代駅)

       H22.11.5 巡礼  H23.10.31 UP

懸崖造り

7番「高桑院」

目印

 「7番 桑台院」は、わかりにくい場所で、入口を見つけれたのは偶然でした。

 警察学校の角を曲がり道沿いにママチャリを漕ぎながら、この付近だと思うが・・と、自転車を止め地図を確認した所が、ちょうど「宮崎」のバス停。

高桑院・目印、自転車で巡った信濃33観音霊場記高桑院、自転車で巡った信濃33観音霊場記桑台院 入口

 よおしぃ・・この付近に有るはずだと思って付近を見渡すと、目の前に目印のショボイ「火の見櫓」が有り、その前に石柱が立ってます。桑台院 山門
 札所「高桑院」へ初めて来る人は、この付近にはこれと言った特徴物が無い所なので、「宮崎バス停」と「火の見櫓」を目印にした方が良いです。

高桑院

 狭い道を行くと突き当たりに石階段が有り、落ち葉が積もっているので、この様子ならば無人のチッコイ庵程度かな・・と思いながら階段を上ると、堂々とした立派な山門が有るじゃありませんかぁ。

 オッチャン、すっかりダマさけちゃったでぇ。(^O^)

桑台院 仁王 仁王門には、それなり年代ものらしい大きさの仁王さんもガンバッテおります。

 山門を潜ると雑草が伸びてる小道を通り、再び石階段・・・
 上がると清水寺風の舞台が有る大きな寺でした。

 「高桑院」本尊さん前で一曲吹いて参拝し、二曲目は舞台より目下に見える景色を眺めながら「三谷」を吹いてみました。

 失礼ながら本尊さん前よりも、こっちの方が響きが良いような気がした。

桑台院 尺八を吹いてると、境内をキジが1羽出て来てエサを探してます。

 キジを見ながら尺八を吹いてると、キジはそのうちに黙って挨拶・会釈もせずに草むらへ入っちゃいました。

 あっ・・コラッ!!・・こおいうモンは最後まで聞いて、そいでもって気が向いたら「投げ銭」の一つでもしてくれると、こちとらはモンノスゴク喜ぶのにぃ。

 最近のキジは、礼儀も知らんのが多くなったようだ。

桑台院 桑台院 桑台院 懸崖からの眺め

4番「風雲庵」

目印

 「宮村」集落内を自転車を漕いでると、道端の所々に赤い幟で「南無観音・・」と書いてあり良い道標になってます。

 そのうちに幟と「風雲寺」の看板が立ってました。

高桑院、自転車で巡った信濃33観音霊場記 高桑院、自転車で巡った信濃33観音霊場記 高桑院、石仏、自転車で巡った信濃33観音霊場記

風雲庵

 狭い道を上がって行くと一軒家が有り、いかにも雰囲気的にそれらしいノドカナ建物なので、それが「風雲庵」かな?と思ったら違ってました。
風雲庵 入口
 しかし、前庭には地蔵さんも立ち並んでおり、何となく関連施設のような気がする。

 とりあえず、人が住んでないようなその一軒家側に自転車を置きました。

 鳥居の側には「しだれ桜」が有り、春の季節には見事だと思う。
風雲庵、自転車で巡った信濃33観音霊場記
 石階段の入口付近には、子供を抱っこしている地蔵さんが座っております。

 普通ならば鉢を持って「何かくれぇ〜」というカッコウしとるのですが、こおいう地蔵さんは珍しい。

 かなり傾斜の有る石階段を上がると、こじんまりとした寺というよりも、やっぱり名前の通り「庵」という感じで、「風雲庵」はなかなか風景とマッチしてます。
風雲庵
 近所にこおいう場所が在ったならば、毎日ここで尺八を吹いて練習するのだが・・・。

 しかし、ジジ・ババがこのお堂へ上がるのには、ちとこの石階段がキツイかもしれん。

 観音堂の正面には「文化年代」に書かれた「四時混題」という達筆な奉納額が掛かっており、俳句の奉納額だろか・・

   風雲庵      風雲庵 奉納額

懸崖造り

 ちなみにこの清水風の舞台は、専門用語では「懸崖(けんがい)造り」と言われてるらしい。

 「信濃33観音霊場」では山斜面を利用する地形的のためか、このような懸崖造りの堂が多いのが特徴だと思う。

風雲庵 風雲庵 風雲庵 懸崖

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ        遍照の響きホームヘ
    信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無