HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 30 観龍寺

 自転車で巡った信濃33観音霊場記 尺八を携え巡った信濃霊場記 遍照の響き
      信濃三十三観音霊場 全地図

   南下−03地図(11清瀧観音堂→皆神山→松代象山・舞鶴山大本営跡→
  7桑台院→4風雲庵→5妙音寺→6観龍寺→東屋代駅)

       H22.11.5 巡礼  H23.11.4 UP 

観龍寺

 ぼちぼち夕暮れ時になるので、急いで自転車を漕ぎ6番「観龍寺」へ向かいました。

 「殿入」集落から坂道を自転車で押してると、民家で犬が寝そべっており、吠えるかな?と思ったら、やっぱりノッソリ起き上がり吠え始めた。観龍寺

 吠えるだけならまだしも、鎖に繋がってるのも忘れて、吠えながら来ようとするが、その都度引き戻されてやんの。

 ワッハッハハ・・アホな犬だこと。

 あんまりにも鎖で引き戻されるアホ犬の様子が気分が良かったので、わざと「寄らば斬る」という眼力でニランで挑発してやった。(^O^)

 そのうちにこのアホ犬とグルになってるのか、近所の犬も3匹ほど吠え始めたので、口笛を吹くと静まったので、このアホ犬よりもカシコそうだ。

延命水

 寺へ向かって上がる坂道を行く途中の道端に清水が落ちてるなぁ・・と思いましたが、大した事無いだろおと思って、そのまま寺の駐車場に自転車を置きました。

 駐車場には「観龍寺大峰自然探勝園」という案内看板が有り、先程の清水が落ちてる所に「延命水」「身を清めると心にゆとりがもたれ、晩年、家庭生活に恵まれると言われている」と書いてあります。

 そりゃあぁ見に行ってこなくっちゃあぁ。

 ほんの申し訳なさそうにチョッピリチョッピリと清水が流れており、そか・・この水で身を清めると、老後はボケなく、晩年はポックリ逝けるのだろおか。

   延命水    観龍寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

山門

「竜」と「龍」観龍寺 山門

 石段を上がると、山門の中は仁王さんかと思ったら毘沙門天のよおで、天井には松の絵が描いてあります。

 ところで、石階段の上がり口の石柱には「観竜寺」となっていましたが、この山門の看板は「観龍寺」となっています。

 「竜」と「龍」、どちらの字を使うのが正しいのでしょうか?
 ネットで調べると、どちらも同じらしく「竜」の方が古いとか何とか・・

 まぁ、どっちでもええが、一応以後は「龍」の字を使います。
観龍寺  観龍寺  観龍寺

観音堂

 「観龍寺」観音堂は大きな茅葺き屋根で、なかなか堂々とした大したものです。

 奉納額も大きく立派で、寺名にちなんでるのか見応えのある白龍が睨んでいました。

    龍の奉納額

本堂内

カーテン

 賽銭箱の後ろにアコーデオン式カーテンが有り、最初は開かないと思ってたのですが、σ(*_*)が境内で写真を撮ってる間に、越後屋がソオッ〜と少し開けて中を覗いて、また元のように閉めたらしい。
観龍寺 堂内
 尺八を取り出して参拝しようとしたら越後屋が
「カーテンが開くよ。中の天井絵がすごかったよ。」と教えてくれます。

 そか、開くのか・・それならば・・と、遠慮しながらカーテンを全部ザッ〜と開け放したら

 
「あわわわわわ・・・ おでえかんさまあぁぁ〜・・
 な・・何も全部開けなくても・・少しだけで良いじゃないですか。
 寺社奉行所の見回りにバレたら叱られまっせぇ。」観龍寺 堂内より


 
「な・・何をナリフリかまわず、ゴ〜ヨクな越後屋が珍しく常識的な事を・・

 かまうもんか、少し開けるも全部開けるのも、開けた事に変わりゃせん。

 どうせ叱られるならば全部開けたといた方が、叱る方も気分良く叱れるじゃろうが。

 それに暗かったら、オバケが出たら、どおすんじゃ。」


 参拝してみると、尺八の響きは良かったように思う。観龍寺 天井絵

天井絵

 堂内には「写真撮影禁止」と大きく貼り紙がしてあったが、これは本尊さんを撮すのを禁止しているのか、それとも堂内全ての事を指しているのかわからん。

 たぶん本尊さんの事だろおと思い、堂内の天井絵等を撮したけれど、アカンかったかなぁ。

東屋代駅

 夕暮れで暗くなり始めた道を「東屋代駅」まで行きましたが、これまた場所がわかりにくい駅でした。東屋代駅

 自転車を駅に置き、列車で松代駅へ行って車に戻りました。

 後日、この駅へ自転車を取りに来た時、一本道を間違えちまったら現在地がどこかわからんようになっちまい、どえれえ目に遭った。

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ       遍照の響きホームヘ
    信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無