HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 31 善光寺


 自転車で巡った信濃33観音霊場記 尺八を携え巡った信濃霊場記 遍照の響き
     信濃三十三観音霊場 全地図
 善光寺 地図(善光寺→西光寺→12無常院→21常光寺→18長谷寺)

   H22.11.6 巡礼     H23.11.5 UP


善光寺

長野市内善光寺 仁王門

 自動車を犀川第二緑地公園に置き、自転車を車から降ろして、長野市内を自転車で漕ぎました。

 まずは長野駅で観光パンフレットをゲットして善光寺通りを行き、早朝のためか思ったほど車や人通りが多くありまへん。

修学旅行

 善光寺には中学の修学旅行で一度来た事がありますが、その時の記憶は今となっては、ほとんど残っておりません。善光寺 仁王門

 ただ朝早くに叩き起こされて、言われるまま善光寺門前で並んでしゃがんでいたら、どっかの坊さんが頭の上を数珠で撫でながら通り過ぎたのだけは覚えています。

 その時、先生から数珠で頭を撫でてもらうとカシコクなる・・と言われたが・・

北京オリンピック

 この善光寺は、数年前に「北京オリンピック」聖火の出発候補地となりました。善光寺 仲見世通り

 それを受け入れるかどうかで善光寺の動向が世間の注目を浴びましたが、中国の思惑に反してアッパレ見事に辞退しちゃいました。 (^O^)ワッハハッハッ・・・ザマアミロ・・・

 さらにオマケとして、リレー出発時に合わせて中国に対する当てつけで、チベット争乱犠牲者への追悼法要まで行った小気味良さ・・エライィ!! よぉ〜やってくれた。!(^^)!

 もう、ホントに日本仏教の鏡にしても良いような、コンジョの有る寺だという印象があります。善光寺 山門

 この聖火リレーで、もっとも中国が隠しておきたかった、今まで余り知られる事も無かった「チベット」国旗と現状が日本世間に知れ渡ったと思う。

 善光寺はこれだけコンジョを見せたのに、それに引き替え民主党政権ときたら・・・

 尖閣諸島問題で巡視船がぶつけられたのに、中国に遠慮してペコペコし、ウヤムヤにしやがって・・・

 民主党は善光寺の爪のアカでも飲んで、恥を知れ!!

境内

 善光寺境内には自転車が入れないと聞いていたので、参道で犬を連れて散歩していたジサマに聞くと「押して歩いてるのなら、歩行者と同じだから、ええんでないの」と力強いお言葉。鳩字の額

 しかし、まぁ・・トラブルになったらアカンので、仁王門近くの「善光寺大本願」の壁近くに自転車を置いときました。

 山門前で案内人が団体へ説明をしており、「額は小さく見えますが畳が三畳ほどの大きさが有り、額に書いてある字に5羽の鳩が居るのがわかりますか?」と言ってた。

 おぉぉ・・そおいえば修学旅行の時にも、そんな事を聞いたような気がする。

本堂

 この善光寺で尺八の参拝が出来るか、ちと心配してました・・なんせ有名所なもんで・・。善光寺 本堂

 薄暗い本堂に入ると、思ったほど参拝客は多くは居ません。

 それらしい責任者の人に伺いをたてようと思いましたが、お守り売りのオバチャンか、畳が敷いてある付近で祈願受付をしている2人のネーチャンしか見当たりまへん。

 今までの例から言うと、女性に尋ねると「はっ?・・何をしたいって?」というような顔されて、自分で判断出来ないもんだから、どこかわからん所へ聞きに行けと言われるような気がする。

 しばしの間、そのネーチャンの側で心配したり思考したが、改めて見渡すと柱の陰で戒壇巡りの番をしている人が男だったので、その人ならば、しっかりした回答をしてくれるだろおと思い聞いてみました。大勧進

 
「あのおぉ・・ここで尺八を吹いて参拝したいのですが、よろしいでしょうか」

 こおいう場合は、あえて「献笛」という専門用語を使わないのがミソで、これも今までの経験上から得た事です。

 
「いいと思うけれど・・今、ちょうど住職様がお下がりになった所なので、伺う事が出来ないんだけれどなぁ。」

 あら〜あぁ・・やっぱりアカンのかなぁ。

 しかも、そんなエライ人にまで伺うような大それた事でも無いんだけど・・・・

 
「どれ位の時間がかかるの?」善光寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記
 
「5分程度ですかねぇ」

 
「それ位ならば、あそこの畳の所(先程のネーチャンが居る所)でやれば良いですよ」

 「あそこの女の人にも「了解を得た」と言っといた方が良いでしょうねぇ」
 
「そおだねぇ」

 ネーチャン達の所へ行き
「あそこの人に了解を得たので、ここで尺八で参拝させてもらいます。」と言いました。

 このジジイは何をワケのわからん事を言い始めたのかという顔したが、それでも関わり合いになりたくないのか
「はい」と答えます。

 一曲吹いて参拝したが、それほどアガル事もなく普通に吹けました。

 終わってネーチャン達に礼を言い、先程の番をしてる男の人にも礼を言うと
「ご苦労様でした」とねぎらってくれました。

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ   遍照の響きホームヘ
    九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無