HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 33 常光寺

自転車で巡った信濃33観音霊場記 尺八を携え巡った信濃霊場記 遍照の響き
     信濃三十三観音霊場 全地図
   善光寺 地図(善光寺→西光寺→12無常院→21常光寺→18長谷寺)

     H22.11.6 巡礼     H23.11.12 UP

21番「常光寺」への地図

地図

 「小市橋」を渡り21番「常光院」へ向かいました。

 持っていた「2万5千分の一」の地図は印刷が不鮮明で、作り直さなくては・・と思っていたのですが、ついついそのまま出発しちゃいました。
小市橋
 そのお陰で、えらい苦労しちゃって、やはり地図は鮮明なのを持ってないと判断に迷いが出ますねぇ。

 県道383号を自転車を漕いでる時、昼頃になったのでラーメン屋に入りました。

 なんせ食える時に食っておかないと、今度はいつ食堂があるかわかりまへんからねぇ、これは遍路・巡礼時の鉄則です。

茶臼山トレッキングコース

 「ながの市散策ガイド」というパンフレットを手に入れてたので、ラーメンをすすりながら見て、目的地の常光寺までを図上演習しました。

 それによると「茶臼山トレッキングコース」として「常光寺」がコースに含まれてます。

 目印の「共和園芸農業共同組合」つうのが、すぐ近くに有り、その横道を通って行けば良いんじゃな。

 ラーメンを食べ終わって、その横道を行くとオバハンが立ち話をしており道を尋ねると


 「この道を行くと川が有り、橋を渡って右に道なりに行くと地蔵さんが有る。
 その付近に標識があるのでわかると思う」

間違い

 教えられた通り道を行くと川が有り、橋を渡って・・何を血迷ったのか右ではなく、左側へ行っちゃいました。

 川沿いに行くと集落が有りそこに地蔵さんというか石碑が建っており、オバハンが言ってた「地蔵さん」とは、ここじゃ・・と喜びましたが、その先は工事のため通行止めになってます。

 工事中でも自転車ならば通してくれんかなぁ・・と淡い期待をして、警備員の若いアンチャンに尋ねると、

 「確かに常光寺はこの道を行くのだが、工事中なので迂回しなければならない。」
と気の毒そうに言います。

 迂回路を聞いても、集落内のゴチャゴチャ込み入った道なので、よぉ〜わかりまへん。

 そこで改めて越後屋と「どうすべぇ〜・・」と相談してる説きに、はたっ!!・・と思い出しました。常光寺、間違った橋、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 そお言えば、道を教えてくれたオバハンは
「橋の所を「右へ行け」」と言ったような気がして、改めてパンフレットを見ると右へ行く事になってます。

 ワハハハ・・・オッチャン、橋まで来た時に左側へ行くもんだと、勝手に決めつけちゃって、とうとうガンコジジイの仲間になっちゃった。(^O^)

 
「ごめんね、道を間違えちゃって・・」
 
「いいのよ、いいのよ・・だれにでも有る事だから・・」
と、越後屋が優しい天使のような猫なで声で、引きつった笑顔をして言います。

 ウソこけぇ・・内心はモンク、タラタラのクセしてぇ・・

小川の橋

 右と左とを間違えた「小川の橋」まで戻り、右側の農道へ行くと下り坂で、リンゴ畑を快適に走り抜けました。

 集落の三叉路に「お地蔵様」があり、目印になる程の地蔵さんだから古いのかと思ってたら、けっこう新しい地蔵さんです。

 常光寺へ、自転車で巡った信濃33観音霊場記その地蔵さんを確認していると、家で作業してたトッツアンが
「どこへ行きたいんじゃ」と声を掛けてくれたので答えると「あぁ、それならば、この道をまっすぐ行けば良い」と教えてくれます。

 出発しようとした時、三叉路の所にチッコイ杭のような「常光寺」案内標識が有るのに気がつき、どうせ作るならば大きい標識にしてくれた方が分かり易いのにぃ。

 りんご畑の上がり坂を自転車で押し上がると、山麓にチッコイ堂が有ります。

常光寺

 駐車場には、珍しく自動車で来た参拝者が居て、行き違いで帰って行きました。

 常光寺は、小さいながらも落ち着く寺でした。

 常光寺常光寺常光寺

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記次へ     遍照の響きホームヘ
   信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無