HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 34 迷子(18番 長谷寺)


自転車で巡った信濃33観音霊場記 尺八を携え巡った信濃霊場記 遍照の響き
        信濃三十三観音霊場 全地図
   善光寺 地図(善光寺→西光寺→12無常院→21常光寺→18長谷寺)

     H22.11.6 巡礼    H23.11.16 UP


長谷寺と稲荷山駅

現在地不明

 次の18番「長谷寺」へ行くのも迷いましてなぁ。長谷寺 入口

 なんせ不鮮明な地図と、集落内が工事中で通行止め、迂回路・・という3拍子そろってます。

 狭い道を通りながらも、たぶんこの道が県道383号線だろおなぁ・・と思う所へ出ました。

 篠ノ井市内の信号機がある幹線道路に出て、これがたぶん県道86号線だと思ったが、念のため近くの自動車修理場のトッアンに、現在地はどこか?と地図を見せて尋ねました。

 地図を見ても
「よぉ〜わからんなぁ・・・」
 
「信号機の有る広い道は県道86号線ですか?」
 
「わからんなぁ・・」長谷寺 仁王

 ええっっっ・・自分が居る所なのに県道かどうかも、わからんの?

 「そいじゃ、稲荷山駅へ行くにはどう行けば良いのでっか?」
 
「この先の信号を2つ目を左へ行き・・次いでどうのこうの・・・
 そいから・・どおした、こうして・・」


 すまん、はっきり言ってトッツアンの説明が下手クソ過ぎて、よぉ〜わからん。

 それでも進む方角だけは、わかったので、トッツアンには悪いが、その先でだれかに聞く事にした。

稲荷山駅方向を尋ねる

 一つ目の信号で道行く人に「稲荷山駅」へ行く道を聞くと、2人が知らないと言います。長谷寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 σ(*_*)、そんなにややこしい、難しい所へ行くのかなぁ・・・

 それでも3人目に聞いた人が丁寧に教えてくれたが、それがまた、あんまりにも丁寧過ぎて、言われた事を果たして全部覚えておれるか、どうか・・

 それでも3人目の人の説明は、自動車修理場のトッツアンが言った通り、信号を曲がるように言いました。
 トッツアン疑って、すまんかった。

女子コーセに聞く

 だいぶ行ってから、ぼちぼちこの付近でも道を確認した方が良いだろおと思ってると、ちょうど女子高校生のような二人連れが来たので「稲荷山駅」への道を聞きました。長谷寺 十王堂の彫刻

 だいぶ近づいたのだから、聞けば直ぐにわかるだろおと思ってたのですが、わからず「篠井駅」ならアッチでわかると言います。

 えええっっっっっ・・・!!??
 ここからせいぜい4km程度しか離れてないと思われる「稲荷山駅」の場所が何でわからんのじゃ。

 
「それじゃあぁ・・稲荷山駅の方角は、どの方向か?」と尋ねましたが、二人して顔を見合わせて「わからん」と言います。長谷寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 おいおい・・・学校では、この女子コーセ達に何を教えとるんじゃ。

 まさかと思うが、長野県の学校は地元地域の事よりも「君が代・日の丸・愛国教育」反対という事ばかり熱心に教えてるんじゃねえだろなぁ。

 日教組出てこい!!・・と、あやうく女子コーセー相手に怒鳴りそうになったのを必死に押さえながら、こりゃ何を聞いてもアカンと思い一応女子コーセーに礼を言いました。

 ちょうどそこに道端の家から作業に出てきたトッツアンが居たので「稲荷山駅」を聞くと、
「ああ、すぐそこに見える信号機を右に真っ直ぐに行けば、すぐだよ」とアッサリ言います。

 おいおい・・・それじゃ今まで女子コーセーと話していた事は何だったんじゃ?。

長谷寺の彫刻

 その付近からは鮮明な地図を持っていたので、現在地の把握が出来たので迷わずに長谷寺へ行けました。

長谷寺 鐘楼門 鐘楼門の彫刻

 仁王門を潜り長い石階段を上ると、「十王堂」が有り、その壁面に彫刻が有ります。長谷寺 子安地蔵堂

 さらに階段を上がると鐘楼門が有り、周囲に彫刻がしてあります。

 観音堂は正面に清水風舞台の石垣の上に建ってます。

 参拝後、境内の写真を撮り、「蛇杉」という「枯木の中に木が有る」という二重構造のようなのも有りました。

 木の空洞を見たが、よぉ〜わからず、写真を撮ったが、やっぱりわからん。
 そもそも、何で「蛇杉」という名前が付いてるのじゃろ?

 長谷寺 観音堂観音堂より鐘楼門を望む 蛇杉

 夕暮れ近くで、それほどゆっくりも出来ませんでしたが、長谷寺本堂の壁面の彫刻も素晴らしかった。

 この長谷寺の特徴は、壁面に木の彫刻を設置するのが特徴なのでしょうか。

 白壁に彫刻が設置してあると、透かし彫りのように彫刻が引き立ち、これを考えた人は美的感覚が有り、なかなかのスグレ物だと思う。

長谷寺 本堂長谷寺本堂の彫刻

稲荷山駅

 場所がわからなくて、すったもんだした「稲荷山駅」に自転車を置き、列車で長野駅へ帰りました。

 「稲荷山駅」には、小さい「鶏の彫刻」が置いて有りましたが云われが有るのでしょうか?

 だれか、カッパラって行かにゃいいが・・・

    稲荷山駅      稲荷山駅 鶏の置物

 自転車で巡った信濃33観音霊場記前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記次へ     遍照の響きホームヘ
     信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無