HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 > 45 龍福寺

自転車で巡った信濃33観音霊場記  尺八を携え巡った信濃観音霊場記  遍照の響き
     信濃三十三観音霊場 全地図
    「布引観音」コース地図 釈尊寺(布引観音)・宝蔵寺・龍福寺

     H22.11.9 巡礼     H24.1.14 UP

龍福寺の「お札」

龍福寺まで

 28番「龍福寺」へ行くまでには、だいぶ迷いました。

 国道152号線の信号機付近で、一つ手前の道に入っちまったのです。

 付近の人に「龍福寺」を聞いても、「そんな寺、有ったかなぁ・・・」

 たぶんこの付近だと思い、見当を付けて行くと十字路に「龍福寺 →」と書いたチッコイ看板が有り、良かったぁ〜。龍福寺 入口

 そこらに車で止めて行ってみると畑が有り、どうも違う感じみたい・・・。

 たぶん「→」の看板は、もっと「この先を行け・・」という意味ではないかと思い、行ってみると今度こそ本物の「龍福寺」の看板が有る入口に着きました。

 で・・車を止める場所は・・・狭い車道なので道端に置いたら叱られるだろなぁ。

 ・・かと言って、そこらの住人の庭先に置いたら、これまた叱られるだろおしぃ・・

 少し先に川が有り、広くなっていたので、そこに車を止めました。

 龍福寺   龍福寺   龍福寺

龍福寺龍福寺 境内

境内

 山道を登ると墓場が有り、銀杏の臭いが強烈にしており、この付近に住んでたら喜んで銀杏取りに来るのにぃ。


 龍福寺は無人の堂ですが、なかなか秋の風情が有ります。

 境内には白壁の庵跡?が有り、その丸い窓には作った人の風流さが現れている。
 龍福寺 境内   龍福寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記   龍福寺 境内

お札

 堂近くの境内には、お札や納札が散らばってました。

 賽銭箱の横に置いてあるダンボール箱に入れておいた札等が、蓋が無いため風で外に吹き飛ばされたよおです。龍福寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 散らばってる納札等を集め、そこらにある石を拾って重し代わりにして載せて置きました。

 このお札は観音さんの絵が描いてあり、ここの本尊さんのよおですが勝手に持って行って良いのかな?

 記念に1枚持って帰ろうか・・・とも思ったが、この「お札」を作ったのは、たぶん檀家というのか・・近郷の人達の手で作られたような気がします。

 なあ〜ぁんか・・遊び半分の記念的な気分で持ち帰るのは、その人達に悪い気がして、気弱な性格なため心が痛む。お札

 「お札」にも数の限りが有るので、σ(*_*)よりも信心の有る人が持った方が良いだろおと思い、持ってきませんでした。

 ちなみに、信濃三十三観音霊場の寺多しといえども、このような「お札」が有ったのは、無人ながらもこの寺だけでした。

 参拝する時にσ(*_*)の納札は、風に飛ばされたらアカンので、しっかりと堂内へ直接入れときました。(^O^)

賽銭箱

 賽銭箱も珍しいでんなぁ。

 普通ならば「賽銭箱」とか書くのに、梵字が書いてあります。(一番上の写真)

井戸霊水?

 境内の隅に屋根が有るチッコイ井戸が有り、遠くから見た時は、肥料にするため落ち葉でも溜めているのかと思った。

 井戸の中を見ると近くまで水位が有りますが、濁っていて、あんまりキレイでない。

 それでも汲む人がいるのか、長い柄杓が側に置いてあったので、いちおう「霊水」なのかな?

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ        遍照の響きホームヘ
    信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無