HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 >   50 原風景

 自転車で巡った信濃33観音霊場記 尺八を携え巡った信濃33観音霊場記 遍照の響き
     信濃三十三観音霊場 全地図

    麻績・善光寺西街道コース 地図
 長楽寺・開眼寺・善光寺西街道・岩井堂・関昌寺・岩殿寺・法善寺・宗善寺・岩井堂

    H22.11.13 巡礼    H24.1.24 UP

日本の原風景

17番「関昌寺」

西条

 早朝、「西条駅」から自転車に乗って17番「関昌寺」へ行きました。

 西条の町並に、今時珍しい釣瓶井戸が有りましたが、わざわざ止まって井戸の中を覗いて水が有るかと確認まではしなかった。

 線路を越えた付近の道端に「握手道祖神」というのがありました。

   西条、自転車で巡った信濃33観音霊場記   握手道祖神

関昌寺

 17番札所「関昌寺」は、線路脇の道を行くと寺がありますが、寺の正面は普通ならば道路側に有るのだけれど、どうも正面らしく見えません。

 何となく裏に当たる線路側が正面かな?・・と思い行ってみると、そこが正面らしかった。

 正面がわかりにくい寺も珍しいでんなぁ。

 関昌寺 関昌寺 関昌寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

賽銭

 アルミサッシの戸は全て鍵が掛かっており戸が開かず、お賽銭を入れる事が出来ません。

 参拝の皆さんは、どうしてるのかな?・・と思い見渡すと、アルミ戸の溝にお賽銭が置いてあるのを見て、戸のスキマに無理矢理に納札と共に入れて参拝しました。

         関昌寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

本尊位置

 参拝後、もお一度改めて付近を見渡すと、σ(*_*)が参拝した正面よりも左側の窓カーテンだけが、なぜか開いてます。

 何でここだけカーテン閉めておかないのじゃ、閉め忘れたのかな?・・不用心じゃのおぅ、空き巣が居たら狙われまっせぇ。関昌寺、自転車で巡った信濃33観音霊場記

 と思いながらも、空き巣するつもりは無いが、堂内はどうなってるの?と思って覗くと、そこから見える正面に仏さんが安置されてます。

 あらまあぁ・・普通は正面に仏さんを安置するもんだから正面で参拝しちまったが、左側でしなければいけなかったのね。

 ちなみにσ(*_*)が参拝した正面の箇所には、何も置かれていまへんでした。(^O^)

 改めて参拝し直すほどの信心は無かったので、参拝し直さなかったが、何故そこのサッシ溝だけ賽銭が多く置いてあるのか、やっと意味がわかりました。

 本尊がどこに有るのか、知ってる人は、知ってたのですねぇ。

 でもって、そのために、わざわざカーテンをそこだけ開けておいたのですねぇ。

 その旨をメモ書きでもして、どこかに貼っておいてくれたら、信心の足りないモンでも、わかりやすかったのにぃ。

15番「岩殿寺」

石仏

 高速道路下を通って、岩殿寺へ自転車で巡った信濃33観音霊場記

 車の通りが全く無い車道を行くと、道端の岩に石仏が奉ってあります。

 場所的にも、いかにも弘法大師がどおしたとか・・

 カワイソーな娘が身売りされちまって、ややこしい事になったとか・・

 等々の云われが有りそうな雰囲気で、そこらを見たが石仏の説明看板は有りまへん。

 代わりに周囲に白紐が張ってあり、たぶん松林だからマツタケが採れるので「入るんじゃねぇ」という縄張りだと思う。

  石仏、自転車で巡った信濃33観音霊場記 小仁熊ダム 自転車で巡った信濃33観音霊場記

別所郷倉

 小仁熊ダムを遠くに見て車道を走って行くと、途中に土壁の土蔵が有り「別所郷倉」との立標識が有ります。別所郷倉
 それほど珍しい造りでもないので、ふうぅ〜ん・・と思って見ただけでしたが、帰って調べてみると「郷倉」というのは、その近郷では村共有の倉を「郷倉」と言うらしいです。

 少し行くと小川の縁に古い民家が有り、後ろの山・・前の小川・・とバランス良く、これぞ日本の原風景というような気がした。(一番上の写真)

 絵になるなぁ・・・日本昔話に出てくるような懐かしい感じがする。

岩殿寺

 タンボの中に「岩殿寺」の山門だけが、ポツンと寺から離れて道端に建っており、茅葺きの屋根で今時にしては珍しい。

 構造上のためか屋根部分が、頭デッカチのような気もするが・・・

    岩殿寺     岩殿寺 山門

 本堂へ上がる階段脇に柵の有る小屋が有り、中に大きな馬頭観音が奉ってあります。

 今まではチッコイ石仏は見た事が有るが、これほど大きい馬頭観音の石仏は見た事がなく、ちゃんと馬に乗ってます。

 岩殿寺 馬頭観音 大黒さん 

 馬頭観音と言えば、馬の顔をしてるのかと思ってたが、そんなようにも見えません。岩殿寺

 調べてみると多くの観音さんは女性的な優しい顔しているのだが、馬頭観音だけは憤怒の顔をしているらしい。

 対面側には、大黒さんの線彫りの大石が置いてあり、これも珍しいと思う。

 本堂の前には、狛犬の代わりなのか馬の彫刻?が2頭飾ってあり、いかにも馬頭観音の寺らしく、たぶん木造だと思うが、なかなかリアル感が有ります。奉納馬

 参拝していると、チリンチリンと鈴の音が聞こえました。

 おぉぉ・・珍しく巡礼さんが来たのかと思ったら、寺の駐車場で車から2・3人降りた登山客で、これから岩殿山に登山するらしい。

 巡礼鈴かと思ったのは熊除け鈴のよおで、熊に出会わないようにね・・。(^O^)

 自転車で巡った信濃33観音霊場記、前へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った信濃33観音霊場記、次へ     遍照の響きホームヘ
     信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無