HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 >   51 麻績宿


自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文  尺八を携え巡った信濃三十三観音霊場記  遍照の響き
      信濃三十三観音霊場 全地図

   「麻績・善光寺西街道」コース地図
 長楽寺・開眼寺・善光寺西街道・岩井堂・関昌寺・岩殿寺・法善寺・宗善寺・岩井堂

      H22.11.13 巡礼    H24.1.26 UP


道祖神と「嫁の泣石」「今井」付近、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

道祖神

 「麻績」に向かって自転車を走らせてると、「竹場」の道筋にチッコイ藁葺き小屋の中に道祖神があります。

 白い立標識も側に有ったので、さぞや名の有る道祖神だろなぁ・・と思ってワクワクしながら標識を読むと「青柳学校竹場支学校跡」と書いてあった。道祖神

 で・・道祖神の説明は・・無かった。

 しかし、藁で造った丸い飾りのようなのも珍しく、何か云われの有るこの付近の特徴なんでしょうか?。

 この先々にも道祖神が有り、「安曇」以来の久々です。

嫁の泣石

 国道403号線から、わずかばかり旧道へ入ると「嫁の泣石」という標識があります。道祖神、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 付近には石灯籠と大きい「二十三夜塔」がありますが、嫁さんが泣くほどのスゲェ〜石はどれか?と付近を見渡したが、よぉ〜わかりまへん。

 立標識の側には、何の変哲も無いゴロンとした石が有ったが、それなのかなぁ。

 近くの民家に石垣が有り、ヒョットして、その石垣の片割れかもしれん・・・と思ってたら、近くに居たオバハンが胡散臭そうにジロッと見たので、石を確かめずに写真を撮り、トットッと次へ行きました。

 時間が有れば越後屋に石の前で倒れさせ「ヨヨヨ・・・」と泣くマネさせて写真を取りたかったんだけどなぁ。道祖神

 何で「嫁の泣石」というのか説明板がなかったので、わかりまへん。

 たぶん姑・小姑が寄ってたかって
 「あらぁ〜・・ヨメコさん、我が家では、どおたら、こおたらで・・こうするのが家風なのよ。

 いつまでも何してまんねん。早く我が家に馴染んでね。」
と嫁さんをイジメるので、人知れず泣いてるカワイソーなヨメさんの話だと想像しました。

 気になったので帰ってからネットで調べてみると「遊人学舎」さんのサイトに「嫁の泣石」が載ってました

 これを掲載する時点ではサイトが終了してるらしく、連絡方法がわかりませんので、勝手に転載させてもらいます。嫁の泣石

 江戸時代に松本地方の娘が、長野の裕福な見知らぬ男の嫁になるためにと家族に連れられて家を出ました。

 この石の前まできたとき、娘は石にかじりついて「行くのは嫌だ」と泣いたそうな。

 あまりに泣き叫ぶので、家族は長野に連れて行くことをあきらめ、、石には「嫁の泣石」と刻んだそうな。


 その後も松本地方から娘たちは長野の豪族の嫁になるためにと家を出ましたが、「嫁の泣石」の前を通ると娘たちは石にすがりついて長野に行くのをいやがります。

 困った家族は娘よりも先に行き、石を着物などで覆い隠したが、ウワサが広まって別コースの道で善光寺へ向かったそうな。古い社、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文


 おいおい、カアチャン・・どこがカワイソーな話じゃ。

 単なる娘のワガママというか、甘ったれた話しじゃないですか。

 で・・やっぱり「嫁の泣石」と彫ってあったのかな?、よぉ〜見てこなかったが・・・

 あの時、オバハンがジロッと見なかったならばなぁ・・・

木曽義仲

一口坂

 国道から「一口坂」という旧道へ入ります。

 「一口坂」の云われは、木曽義仲の軍馬が道端に生えてる笹を一口食べて元気になったらしく、パンダの元祖みたいでんなぁ。

 坂道にはホンマに笹が生えていましたが、σ(*_*)はパンダで無いので、食べなかったけれど・・。

    一口坂       一口坂

駒ガ石駒ガ石

 道端に「駒ガ石」というのが有り、木曽義仲軍が通った時に路上の石に蹄の跡が残ってるそうで、その後はこの石を「駒ガ石」と名付けたらしい。

 遠くのタンボの中に、云われの有りそうな木の側に白杭の標識も有り「叶里古墳」らしいが、わざわざ寄ってみまへんでした。

 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文   道祖神    叶里古墳

ガッタリ

 何の変哲も無い普通の道端に立札があり「ガッタリ」と書いて説明してあります。

 木曽義仲の愛馬が疲れて「ガッタリ」と膝を折ったので「ガッタリ」という地名になったらしい。

 ここら付近は木曽義仲の馬が、笹を食べたり転んじゃったり・・と伝説の主役のよおです。

 しかし、坂道でも無いのに、こんな所で膝を折るなんて、馬もコンジョ無しじゃのおぅ。
    自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文      ガッタリ

姨捨山冠着宮遙拝所碑

 道端に大きな木が生えており、こおいう大木の所には何か有るなぁ・・と思ってたら「姨捨山冠着宮遙拝所碑」の看板があり、それにしても漢字を一杯くっつけた長い名前ですなぁ。

 石仏のようなのが数基置いてあり、ここから姨捨山を拝んだのでしょうが、その方向には人家が建っており、今は拝めまへんでぇ。

 姥捨山冠着宮遙拝所姥捨山冠着宮遙拝所     麻績宿場街

麻積宿

 麻績宿に到着。

 真っ直ぐな道が、いかにも昔の宿場街の感じを残しています。

 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
    信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無