HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 >   52 扉桟照顧

 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文 尺八を携え巡った信濃33観音霊場記  遍照の響き
         信濃三十三観音霊場 全地図

     「麻績・善光寺西街道」コース地図
 長楽寺・開眼寺・善光寺西街道・岩井堂・関昌寺・岩殿寺・法善寺・宗善寺・岩井堂

       H22.11.13 巡礼  H24.1.30 UP

「脚下照顧」と賽銭

1番「法善寺」

 「麻積宿」に1番「法善寺」への看板があり、側にはコンクリ升に水がドンドコと流れており共同水場のよおです。

 行く途中に井桁の門が有り「黒門」と言うらしい。

法善寺へ、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文 法善寺 黒門 法善寺、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 「法善寺」入口は杉木も茂り、いかにも古刹といった禅寺風です。

 本堂へ行き、さて参拝しようかな・・と思いましたが扉は開きません。法善寺、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 あらっ?・・・まだ起きてないのかな?、もう昼近くなのにぃ。

お賽銭

 お〜いぃ住職さぁ〜ん・・開かないぞぉ・・と思って、もう一度開けようとした時、ふと見ると扉の桟に賽銭が置いてあります。

 あららあぁぁ〜・・17番「関昌寺」のような無人の寺でもあるまいし、ここの寺は本堂の戸も開けないの?法善寺

 それとも、この寺では世に知られていないカワイソーな言い伝えが有って、扉の桟にお賽銭を置くのが伝統・流儀になってるのかな。

 扉のスキマから堂内を覗くと、賽銭箱・納札箱が有り、「ご自由にお持ちください」と書いた看板の下にパンフレットも置いてあり、寺としては「入堂禁止」ではなく堂内に入れる気持ちは有るようです。

脚下照顧

 禅宗には必ず有ると思われる「脚下照顧」と書いた板も立っています。

 扉に挟まれている賽銭の数を見ると、ここ数日間というよりも、かなりの長期間、この扉を開ける事なく閉まったままだった事が推察されます。法善寺、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 この寺へ来た参拝者は扉より中に入る事が出来ず、賽銭箱に賽銭を入れる事も出来ず、やむを得ず扉に賽銭を置いたのでしょう。

 賽銭の数だけ参拝者が何を考え、どんな思いをして扉に賽銭を置いたのか、寺の人にわかるかなぁ。

 「脚下照顧」よりも、まずは「扉桟照顧」じゃないだろか。

 だれか寺に注意してあげて下さい。
 σ(*_*)は気弱なので、よぉ〜言えまへんが・・・。

 法善寺、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文 脚下照顧、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

2番「宗善寺」宗善寺へ、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 2番「宗善寺」は1番「法善寺」横に有る車道を上ります。


 途中、細い遊歩道(だったのかな?)もありますが自転車を押していたので、そのまま車道を行きました。

 しかし車道の坂も半端な坂ではなく、かなり急坂なのですねぇ。宗善寺

 それから考えると遊歩道は、もっと急坂なような気がする。

 「ヒーコラ」言いながら ドエレエ坂道をママチャリ押して上り、「観月苑」に着きましたが300円払ってまで景色を眺めるつもりは・・ちと無いなぁ。

 「観月苑」横の山道を少し行くと、松林の中にチッコイ堂があり、それが2番「宗善寺」。

待月亭

 堂の横にも道が続いてるので、参拝は後にして行ってみると「観月苑 待月亭」という東屋がありました。観月苑 待月亭

 ここもお金を取られるんかなぁ・・と思ったが、番人も居なく料金箱も無いのでタダで入れるよおです。

 うん、ここで月を眺めるのも一興かもしれまへんなぁ。(一番上の写真)

宗善寺

 「宗善寺」の堂に戻り、参拝してから設置されている案内看板を読みました。宗善寺

 ここの観音さんは、明治の廃仏毀釈の際に臼井家の当主が観音像を仏壇に安置したそうな。

 その後、ここに堂が建った時に臼井家の子孫が彫ったという羅漢が納めてあるという説明が書いてあります。

 堂内を拝見すると、観音さんの脇に数体羅漢さんが置いてあり、なかなか味の有る顔してます。

 彫った人に似るというから、このようなおだやかな顔をした人かもしれまへん。

  宗善寺 羅漢像    臼井家

 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、次へ    遍照の響きホームヘ
   信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無