HOME > 「信濃三十三観音霊場」目次 >   56 岩井堂 

 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文  尺八を携え巡った信濃三十三観音霊場記 遍照の響き
      信濃三十三観音霊場 全地図

  「麻績・善光寺西街道」コース地図
 長楽寺・開眼寺・善光寺西街道・岩井堂・関昌寺・岩殿寺・法善寺・宗善寺・岩井堂

   H22.11.12 巡礼    H24.2.7 UP

岩井堂の磨崖・石仏群

立峠の麓立峠の出口、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 急坂の「立峠」から水源槽の有る車道へ出ると、そこに昨日車で運びこんだ自転車が置いてます。

 なんせ「明科」〜「会田」間は、バスも通らず距離もかなり有るので、そのまま「明科」まで歩き通すのは、かなりキツい。

 それならば「岩井堂」付近に自転車を置いて、一気に「明科」までズルして自転車で来ちゃえ・・と思い、昨日のうちに候補地探しをして、ここに自転車を置いたのです。

馬頭観音

 立峠を下りた階段の直ぐ側に「馬頭観世音」の石仏が有りますが、車道には背を向けています。

 つう事は、石仏の前が旧道だったんでしょうが、少し先は草に覆われて道を見つける事ができません。

 しかし、何とか見つけようとするならば、今の内なら何とかなるような気もするのだが・・

 車道を自転車で下りてると、ちょうど雨も降って来ました。

立峠の出口、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文  馬頭観音付近、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文  馬頭観音

うつつの清水

 途中に白看板が見えたので、あわてて急ブレーキかけて確認しに行くと「うつつの清水」と書いてあり近くに「水留め石 由来」の看板も有ります。

 大きな松の木の下に有り説明看板によると、ここに一里塚と茶店も有ったそうで、そお言われてみると、ここには旧道が続いてたような形跡が有ります。

 小雨が降ってるので、ゆっくり見なかったが・・・。

     うつつの清水 水留めの石       うつつの清水 水留め石

岩井堂

 しばらく車道を下りて「岩井堂・入口」標識が有ります。岩井堂 登り口

 付近の道端に自転車を置き、そこから山道を上がると「岩井堂」があり、思ったよりも大きく荒れていまへん。

磨崖仏

 案内看板には「岩井堂観音山周辺石造物群」と書いて、周辺の岩に11体の磨崖仏が彫ってあり、石仏多数有りと書いてます。

 うんうん・・下調べの時も、ここは一見の価値が有る所だとは書いてあった。

 付近の岩壁を見ると、さっそく大きい地蔵さんが彫ってあり、おぉぉぉ・・・!!

 近くにも石仏が彫ってあり、おぉぉ・・・!!
 岩井堂  磨崖仏  磨崖仏

 確かに一見の価値は有り、磨崖仏の地蔵さんはわかったが、それよりも大きいらしい大黒天は、わかりまへん。

 おそらく風化して崩れてるので見つけれなかったのだと思うが、どこに有ったの?

旧道

 磨崖仏のある大岩の横に道が有り、石仏も設置されているので、きっと昔の旧道だったような気がする。岩井堂

 今のうちならば、まだ地元のトシヨリが生きているから、立峠の「馬頭観音」から「うつつの清水」を経て、この岩井堂までの旧道を聞く事ができ、探せば見つかる可能性が有ると思う。

 ハイキングコースあるいは「歴史の道」として復興できるのだが・・惜しいなぁ。

 しかしこの付近の山は、キノコ山らしく「入山禁止」と盛んに書いてあるので、そこら付近の事情でヤヤコシイ問題が起きるのかもしれまへん。

境内

 岩井堂 岩井堂 岩井堂、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 「岩井堂」周囲は、情景にマッチした落ち着いたお堂です。

 扉付近に、丸いくびれた石が置いてあったが、あれは何じゃったのだろおう。

 自然石では無く、人手が加わった物と思うが、だれか石仏を彫ろうとして失敗しちゃったのかな?

石仏群

 境内の周囲近辺には石仏があちこちに置いてあり、さすが「石仏群」!!
 お堂の裏のチッコイ洞窟?にも石仏が有りました。

 岩井堂・境内、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文 岩井堂・石仏、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文 岩井堂付近、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 境内から横手の岩を回ると松林が有り、下草の無い岩肌が広がってます。岩井堂付近、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 松林には「入山禁止」と書いて有るが、かまう事ないや・・と思い、岩肌へ入ってみましたが石仏はお堂の近くだけのよおです。

 しかし「入山禁止」となっているが、あんな岩肌の所にマツタケでも出るのかなぁ。

 昔、佐渡に居た時にマツタケを採った事があるが、このような岩肌の所では無かった。岩井堂付近、自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文

 「岩井堂」から車道に戻る時、別コースの道が有り、そこを通ると松林と同じ岩肌の道です。

 上がって来た場所と100mほど離れた車道に出たので、越後屋が
「やっぱり元の道を戻った方が良かった、損した・・」とブツブツ・・・。

 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「信濃33観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
   信濃33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無