HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 2 加寿姫伝説

熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路 遍照の響き
        熊野古道 大辺路 地図一覧

      「1 紀伊勝浦駅〜加寿地蔵〜太地駅」地図

      2011.4.9旅行   2012.2.13掲載

加寿姫伝説の地蔵

駿田峠 切り通し

駿田峠

 先程の駿田峠「切り通し」に「地蔵古井戸」が有り、近くには映画ロケ風景の写真を貼った看板もあります。

 野次馬コンジョで、古井戸の中を越後屋と一緒に覗いたはずだが、水等はどおだったかなぁ?・・忘れちゃった。

 「ビデオ案内」のスイッチが有り 、電源は太陽電池によるソーラー発電のようで、なかなかハイテクですねぇ。

地蔵古井戸 加寿姫伝説・ロケパネル、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文加寿姫伝説・ロケパネル、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

加寿地蔵加寿地蔵へ、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 「切り通し」の右側山斜面に細道があり、赤い幟が道筋に立ち並んでおり「加寿地蔵」へ行くようですが、けっこう上がらにゃアカンなぁ。

 どうせ地蔵さんしか無いのだったらヤンピしようかな・・と思ったが、越後屋がトットと上がって行ったので、あいつだけ見るのもシャクなので遅れて上がって行きました。加寿姫伝説・桜姫地蔵、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 細道の途中に地蔵さんが有り、これがカワイソーな加寿姫さんかな?・・と思ったが、これは一緒に付いてきて亡くなった妹の桜姫の地蔵さんで、上にあるお堂の方が主役の加寿姫だそうな。

 上がってみると思ったよりも広い境内で、ベンチや掲示板のような物もあります。

 掲示板には新聞の切り抜きが貼ってあり、ロケした時の記事が載ってます。加寿地蔵 境内

 新聞記事の写真をデジカメで撮り、ここにアップしたのですが著作権やら何やらでアカンのかな?

 できれば、お目こぼしをお願いしたいのだけれど・・苦情・抗議が来ましたら即座に削除いたします。

 帰ってネットで「加寿姫伝説」として検索すると「熊野伝説 加寿姫」がヒットし、これによると地元の方々が協力された映画のよおです。

   加寿姫伝説・ロケパネル、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   加寿姫伝説・ロケパネル、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

ノート加寿地蔵

 加寿地蔵のお堂扉が開き、目の前に「熊野加寿地蔵へようこそ どちらから・・」と表紙に書いてあるノートが置いてあります。

 しかも法要しているらしい写真まで貼ってあり、管理が良いのかノートも湿気ったりしてなく汚れていません。

 σ(*_*)は、こおいうノート見るのが大好きで、もち記念にカキコするのも大好きです。加寿地蔵ノート、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 表紙に
「どちらから・・」という一言を書き添えてあるのが、もんのすごく親しみを感じる。

 ノートを拝見したり看板の説明を読むと、信心深い人や地元の人達が、けっこうこお堂を守っているようです。

 お堂を守ってる人達の心意気というか熱意が伝わり、またカワイソーな姫君達のために尺八を二曲吹いて供養しました。

 なお今回は、特に寺巡りを主目的としてなかったので、いつもの二尺七寸の尺八ではなく、2尺一寸のを持って来てました。

お供え

 参拝し終わってお堂の扉を閉める時、扉内側に紙が貼ってあるのに初めて気付いて読んでみると駿田峠 切り通し

 「ご参拝ありがとうございます。
 お供えくださる皆様へ

 「賜る」と書いて「たばる」と読み、「いただく」という意味を表します。

 先人からの風習より、お供えくださる際は、前の方のお供え物をどうぞお持ち帰りください。
                               加寿地蔵世話人会」


 へえぇぇ・・・前の人が供えた物を持って帰って良いなんて知らなかったでぇ。加寿姫伝説、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 しかし、供えものが複数有ったら、どれを持ち帰って良いか、わからんわなぁ。
 その時は気に入ったのを選んでも良いのかな?

 σ(*_*)はお賽銭しか入れなかったので、持ち帰らなかったが・・

 でも、お供え物は、必要としている人・・例えば腹が減っていた時などは、アリガタク貰っても良いと聞いた事がありますが、どおなんでしょう?。

手紙

 この加寿地蔵を訪れて1年が過ぎ、これを書いてる1ケ月ほど前頃に、見知らぬ人から手紙が来ました。熊野姫まつり チラシ

 差出人を見ると「熊野姫まつり実行委員会」「加寿地蔵尊世話人会」となっております。

 おおぉぉ・・そお言えばそおいう地蔵さんの有る所へ行ったなぁ・・と、すっかり忘れていた。

 中には「熊野姫まつり」のチラシが入っており、今年(平成24年)3月25日に実施するので御来訪を・・・という案内でした。

 しかし、思いもしなかった事で懐かしいでんなぁ・・・(^O^)

 きっとノートに書いた住所を見て、送ってくれたのでしょう。

 こおいう心遣いをしてくれる団体は、もんのすごくウレシイ。

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ     遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無