HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 3 呼ばずの坂


 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文  尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路 遍照の響き
           熊野古道 大辺路 地図一覧

        「1 紀伊勝浦駅〜加寿地蔵〜太地駅」地図

          2011.4.9旅行    2012.2.15掲載


「呼ばずの坂」と郵便配達

 駿田峠を下ると、越後屋が製材所の前で待っており「犬が居る・・」

 「そんな事を言ったって・・σ(*_*)かて、犬に吠えられるのはイヤじゃ。製材所の犬、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 お前が先に行って吠えるかどうか確かめて、場合によっては噛み付かれているスキにσ(*_*)がサッと通り抜けるから・・。

 トカゲはシッポを切られても、頭がやられなければ生きて行けるんじゃから、越後屋、お前が先に行け。

 ええいぃぃ・・はよ行け・・、しのごの言うな。」


 製材所の敷地を通ると、やっぱりイラストの絵の通り「ワンワン・・・」と吠えます。(^O^)

 でも繋いであるので、そんなに心配しなく通れました。

     製材所の犬、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文        製材所の犬、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 

 製材所の終わり付近にも、犬小屋が有り中で犬が寝てました。熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 おっ・・この犬はおとなしくて吠えないなぁ、感心・・カンシン・・と誉めながら通り過ぎたら、突然後ろから吠えて来た。

 振り返って記念に写真を撮ってやったら吠えるのを止め、撮り終わって歩き始めると、また吠え始めた。

 こいつもσ(*_*)と同じで、コンジョの無い犬じゃのおぅ。(^O^)

 国道との合流点に鎖が張ってあり、側の立札にカワイイ犬の絵と「敷地内の犬に御中意下さい」と書いてあった。

 「中」は「注」の感じの間違いだと思うが、これもご愛敬かな。(^O^)熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 初めて来た人は、この絵の通りチッコイ、カワイイ犬だと思い、頭の一つでも撫でてやろうかと思って入ったら大間違いでっせぇ。

 犬の絵が3匹描いてあるが2匹しか居なかったでぇ。
 1匹は、どこかで寝てたのでしょうか。

 看板まで立ててるのだから、飼い主もそれなりに気を遣ってるんでしょう。

湯川湯川墜道

 国道へ出ると、すぐ近くに「湯川トンネル」出口が有ります。

 国道を少し行くと、あんな事や、こんな事等をするナニするホテルへ向かう道方向へ「大辺路」の案内看板が立ってます。

 看板の写真を撮ってると、先を歩いてる越後屋が自転車に乗ったトッツアンに何か話しかけられてます。「桜ケ丘」付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 追い付いてから歩きながら聞いてみると

 
「大辺路を歩いてると言ったが、トッツアンは「この道が大辺路になってると聞いた事が無く、行った事もない。と言ってた。」

 ふう〜ぅん・・この道は大辺路ではないのかなぁ。

 でもネットで事前調査した時に、持ってきた地図に歩く道を赤鉛筆で記入しておいたが、この付近は狭い道のためか道が地図に記載されてなく、それでもここを歩くようになってました。「湯川」付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 この先に神社が有れば、この道は正解なのだがなぁ・・と思いながら歩いたら、「湯川諏訪神社」の鳥居が見え正解でした。

 地元の人でも、この道が大辺路だと知らないんですねぇ。

 まぁ・・単なるイナカ道で、早い話がわざわざ国道を遠回りしてる道です。

 もう少しで国道に出るなあ・・と思った橋の所で看板が有り、橋の下へ降りる階段へ行くように書いてあります。

湯川 湯川諏訪神社 「湯川」付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

呼ばずの坂

 「ゆかし潟」沿いを歩いてると看板が有り「呼ばずの坂(鼻)」と書いて、その云われが書いてありました。

 「明治の始め頃、この村にやってくる郵便配達員が、坂の上から村人を呼んで郵便物を取りに来させていた(坂を下る手間をはぶくため)熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 この坂の辺りでは郵便屋と間違えられないため、大声をあげて人を呼ばなかったらしいそおです」


 おいおい・・ホンマかあぁ〜・・・? 

郵便配達

 しっかしぃ・・・だれが作ったかわからんが、こんな伝説を書かれちゃったら、いくら気弱なオトナシイ全国の郵便配達してる人達でも怒るでぇ。

 実はσ(*_*)もアルバイトでチビッと郵便配達をやった事がありますが、自分の手間を省くため客を呼び付けるなんて横柄な事を考えも思いもしなかった。

 たぶん明治の昔であっても、絶対にしなかったと思う。

不在通知

 σ(*_*)が郵便配達した時の事です。

 書留封筒の雰囲気から入試の合格通知だと思って配達しましたが、家が留守でだれも居ません。呼ばずの坂

 こんな時は「不在通知」をポストに入れて郵便局に持ち帰れば良いのです。

 どちらかというと、こおいう事に私情を入れたらホントはアカンのかもしれんが、でも受験した人は1分1秒でも早く結果を知りたく、待ち焦がれてるだろなぁ・・と思い、留守でしたが「不在通知」を入れず、配達の帰り道に、もお一度その家にわざわざ寄りました。

 当人が家に居たので書留封筒を渡した時、受取るなり
「きゃあぁぁぁ〜良かったあぁ〜・・ダメだと思ってたぁ」と家族中で大喜びされた事が有りました。

 σ(*_*)のやった事は、信書の秘密にチビッと触れるかもしれまへん。ゆかし潟
 すんまへん・・・もう郵便配達を辞めましたので過去の事として許してください。

 郵便配達の人ちゅうもんは、配達先から苦情を言われたら

 「あっ・・はい・・す・すみません。申し訳ありません。
 今後気を付けます・・うんぬん・・」

と言い訳もせず、ひたすら頭を下げて謝るのが郵便配達員の実情なんです。(^O^)

 イナカの郵便局だったので、配達先の家で茶をご馳走になった事もあったなぁ。
 これも、ホンマはアカンのかもしれんが・・・左畑

 話しを戻して・・この付近の地名が「不可(よばず)」なので、こんな適当な伝説を作ったのだと思うが・・・後、100年ほど過ぎれば「事実だった」という事になっちまいまっせぇ。

 σ(*_*)が郵便職員だったら設置者にモンク言って、他の事を書いてくれと抗議するんだけどなぁ。

 看板の側に「西国四国秩父板東巡礼供養塔」と彫った石がありました。

 「左畑」集落に入り、川沿いに満開の椿が有り、その下で一休み。

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ     遍照の響き、ホームヘ
   熊野古道「大辺路」紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無