HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 6 清水峠

 熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文  尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路  遍照の響き
       熊野古道「大辺路」地図一覧

   「2 下和田〜休平〜浦神〜清水峠〜田原〜八郎山越え」地図

        2011.4.10旅行   2012.2.21掲載 

海蔵寺より清水峠へ

海蔵寺

禅堂『休平」より、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文

 「休平」の山道を降りていく途中に炭焼き小屋があり、車が通れる幅の道になって広くなります。

 さらに歩いて行くと、緑の樹木の中でピンク色が目立つ満開の枝垂れ桜?が咲いており、手入れが良い家ですねぇ。


 民家かと思ったら「海蔵寺 禅堂」という看板が有り、はれ?・・・海蔵寺は、もお少し先だと思ってたが・・・。

 「禅堂」とも書いてあるので、よっぽど寄って尺八を吹いて行こうか・・とも思いましたが「何とか道場」とも書いてあり、瞑想している人が居たら修行のジャマになったらアカンと思い寄りませんでした。

   海蔵寺へ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文    海蔵寺 禅堂

 道を下っていると軽自動車を運転している坊さんが、通りすがりに頭を下げて礼をして行きます。

 へえぇぇ・・梵字を書いた笠を被ってるから遍路・巡礼のタグイと見て挨拶してくれたんかな?と思ったら、笠に何も書いて無い越後屋にも礼をして行ったらしい。

 いずれにしても、坊さんの方から先に頭を下げて礼をしてくれるなんて珍しい事で、なかなか出来た坊さんだと越後屋と盛んに話した。

 少なくとも四国では、坊さんの方から先に合掌された事は無かった。

本堂海蔵寺

 海蔵寺に着き、山門というのか中門にベンチが有ったので、荷物を置いて一休み。

 本堂の階段下に犬が寝ていますが、吠えずに無視して寝てくれています。

 本堂に上がって参拝しようと思い近づいても起きず、階段を上がる時に寝たままのカッコウで上目で見ています。

 普通ならば「ギャン・ギャン・・」と吠えるのにぃ。海蔵寺の犬、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文

 本堂の戸が開いたので、堂内に入り二曲吹いて参拝しました。

 この時も普通の犬ならば尺八の音が聞こえたら、何が始まったのじゃとばかりに吠えまくるのに、さすが禅寺の犬だけあって、きわめて冷静に何が有っても動じず、静かに瞑想されておられました。

 悟っておられる犬だこと・・・世間のアホ犬共も、海蔵寺へ修行しに来て少しは見習え。

 海蔵寺近くの踏切に「大辺路」の標識が有り、海蔵寺と鉄道線路の間の小道を行くようになってます。海蔵寺、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文

紀伊浦神駅

 桜並木の小道を歩きながら「紀伊浦神駅」を横目で見て行くと踏切が有り、先を歩いてた越後屋がウロウロしてます。

 聞いてみると、
「線路沿いの道を、そのまま真っ直ぐに行くものだと思って行ったが、どうも人家へ行くようなので戻って来た。」紀伊浦神駅

 おぉぉぉ・・言われてみれば、何の標識も見当たらんから、普通だったら、そのまま真っ直ぐ線路沿いに行っちまうわなぁ。

 通りかかった人に尋ねると
「地元でないので、近くの家の人に聞いた方が良い」と言われます。

 付近で車をいじくってたアンチャンに聞くと、こんな所に道が有ったの?と思う所に、細い道が家に隠れていました。

  「浦神」、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文    「浦神」、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文

 逆方向から来る人ならばわかるかもしれんが、σ(*_*)らの方向へ歩いてる人は、わからんでぇ。「浦神」付近、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文

 越後屋と同じように、そのまま真っ直ぐに線路沿いを歩いて行っちまうかもしれんなぁ。

 細いコンクリ舗装の坂道を上り、このまま続くのかと思ってたら、石階段が崩れたような草地を行き、よおやく古道らしくなりました。

 そこからは、浦神港が見下ろせます。

 「浦神」より「清水峠」へ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文   清水峠へ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文   浦神港

清水峠

 山裾の道端に人工的に石組みした場所が有ります。

 水が溜まっており、「水飲み場」跡という雰囲気なのですが、当たりを見渡しても説明看板が有りません。

    清水峠へ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文     清水峠へ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文 

 昔は農耕地だったが、今は荒れ地という感じの情緒がある平坦な道を行き、竹が生えた少し荒れてる急坂道をヒーコラ言いながら上がると「清水峠」でした。

 清水峠にはベンチが有り、そこで一休み。

 清水峠へ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文清水峠清水峠付近、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文

 清水峠から少し下りると、墓のような石道標があり「右 上田原 左大へち 施主 七兵衛 おゆき 与助」と彫ってあります。

 仲良し家族の三人が設置したのでしょうか?清水峠より国道合流付近、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文
 ただ・・・上田原へ行くらしい別れ道が、よぉ〜見つけれなかったが・・・

国道42号線

 国道42号線と合流する所に、大きな看板に「清水峠 入口」と書いてあります。清水峠入口

 いいなぁ・・・逆方向から来る人は、分かり易い看板が有って・・。

 σ(*_*)らが清水峠へ登る時なんか、「浦神」付近で入口がわからず踏切の所で迷子になりかけたでぇ。

紫スミレ、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文 今までと違って、バアッッッ〜と広い国道42号線歩いてると、山肌を削った所の境目に、枯葉と混じって紫色のスミレが群生していました。

 ずいぶん生命力が強いんですねぇ。

湿地帯

 国道が大きくカーブして線路と離れる付近に、荒れ地と言うか湿地帯というか・・そんな場所があり、国道に沿って遊歩道のような道が付いてるのが見えました。
国道42号線、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文
 時々看板が有りますが、国道から見ると後ろ向きに立ってるので何が書いてあるのかわかりまへん。

 その遊歩道が、どこまで続いてるかわかっていれば、車が走り回る国道脇をヒヤヒヤしながら歩かなくても良いのにぃ・・と横ニラミしながら歩きました。

 そしたら、あぁたぁ・・・「田原川」近くで「大辺路」の看板が有り、近くのガードレール下を通って、その遊歩道を歩く事になってるじゃありまへんかぁ。
湿地帯、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文
 逆方向コースの人は湿地帯を歩くのが、わかるかもしれんが、σ(*_*)ら方向コースの人は、わからんので泣くじゃろなぁ。

 この遊歩道と国道が合流する場所がわからなかったのと、途中で何箇所か有った看板が全て後ろ向きになっており、メンドウなので確認しなかったのがミスの元でした。

「大辺路」看板の形

 ちなみに、ここから先の「大辺路」看板は、今までの長方形と違い、全て雲形?の看板になりました。
標識の形、熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文
 だれにモンクを言えば良いのかわからんが、看板の形は統一して欲しい。

 さらにゼイタク・ワガママを言わせてもらえれば、σ(*_*)らのように那智方面から歩く人のために、看板設置する位置にも配慮して欲しい。

 後で聞いたのですが、「白浜」方面から来る方が標識が分かり易いらしいとの事でした。

 熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道『大辺路」を歩いた紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無