HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 13 くじの川

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路 遍照の響き
           熊野古道「大辺路」地図一覧

     「4 古座駅〜くじの川〜二色〜紀伊有田駅」地図

      
2011.4.12旅行     2012.3.6掲載

橋杭岩と「さんま寿司」

原町の小堂古座駅

 朝8時頃、古座駅を出発。

 旧道を歩き「原町の小堂」前を通った時、線香置き場かな?・・そこの窪みにチッコイ熊さんのヌイグルミが置いてあります。

 そこらに落ちていたのを、だれかが拾って置いたのか、わかりませんが、なんとも言えずカワイくて思わず微笑んでしまった。

 原町の小堂 原町の小堂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

橋杭岩

 しばらく旧道を歩きましたが、家並が続くだけで、あまり面白くないので海岸沿いの国道に出て歩きました。熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 「伊串漁港」付近から、遠くに橋杭岩がズラズラと海沖に向かって、立ち並んでるのが見えます。

 「姫」付近の国道沿いにホームセンターが有り、そこの海辺寄りの片隅に荷物を置いて一休み。

 勝手に休ませてもらっていながらモンク垂れるのもアレですが・・

 ちとホームセンターの建物が大きく目立ち過ぎるので、この建物が無かったら、国道から橋杭岩に向かって良い写真が撮れると思うのだがなぁ・・すんまへん。

 橋杭岩に関しては、前日に車で行って間近で写真を撮って、岩場を散策しています。

橋杭岩 橋杭岩 「姫」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

澤信坊の道標地蔵

 澤信坊の道標地蔵、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 澤信坊の道標地蔵 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 ホームセンターの道路対面側に、踏切と地蔵さんが有り「澤信坊の道標地蔵」と言うそうで、大辺路はその踏切を渡っていきます。橋杭岩、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 踏切を渡ると緩やかな上がり坂になっており、上がって行く途中で一カ所だけ橋杭岩が見える場所がありました。

 その先も見える場所が有るかなぁ・・と思ってたましたが木々にジャマされて、ほとんど見えません。

 途中に展望所の案内看板が有りましたが、付近には樹木が茂っており、果たして展望所へ行っても海が見えるか不安なので行かなかった。

 坂道を上ると、その後はノンビリとしたタンボ道をテクテク・・・辻地蔵、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 道の周囲はタンボで車1台が通れる道幅です。

 しかし、良くまぁ・・こんな細い曲がりくねった道を、ススッ〜と軽自動車を運転して行くこと。

 見ていてもタンボに転がり落ちないかなぁ・・と心配しちまったでぇ。

 夜だったら街灯も無く、真っ暗なので、慣れない人は絶対に道から落ちると思う。

熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 桜、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

くじの川

 少し人家が有り、ジャリ置き場を過ぎて「くじ野川」の橋を渡った道端で一休み。

 休んでいると自転車に乗って来たジサマが、付近の草むらへ入ってイタドリを採り始めました。

 春先で日当たりも良く、ボケエッ〜と平和に、その様子を見ていると、このまま寝転がって、ヨダレ垂らしながら昼寝したくなりますなぁ。

 ジサマが話しかけて来て
「どこから来た?」と、いつもの前触れより話しが始まりました。くじの川、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

袋平見

 「この付近より「二色・袋平見」へ向かって山越えする道が有るらしいですが、登り口はどこでしょうか?」
 
「そんなもん無い(キッパリ)」

 
「え?・・いや・・それでも某所で手に入れた絵図面によると、地元の人達が切り開いてくれたらしいのですが・・」

 
「それでも無い(再びキッパリ)。
 以前に世界遺産になる時は、地元の人達が整備しとったようだが、今となってはだれもしとらん。」


 フッフッフッ・・ジサマは知らないだろおが、こちとらには地元の人でも知らないような、頼りになる立派な絵図面が有るんじゃ。

 ちなみに休んでいた所が舗装された山道になっており、ヒョッとすると、これがその道では?と思ってたのです。くじの川、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 しかし「大辺路」の標識が無く、入口には鉄の鎖が張ってあり車両進入禁止状態になってました。

 「この道はどこへ行くのでしょうか?」

 「昔、ドクターヘリが発着するへりポートが有ったんじゃが、今は草ボウボウじゃ。

 あん?・・その先?・・あこら辺の山の中に入って行く。」

 と、そっけなく海とは別方向の山を指します。

 その後は、聞いてもいないのに、ドクターヘリに絡んでの行政悪口を延々と・・・よっぽど、行政機関に腹立たしく苦い思いが有るのでしょうか(^O^)

 しかし、何でこんな所にヘリポートを作ったのかぁ。

 何もこんな山の中に作らなくても、もおちっと病院の近くとか広い場所は無かったのじゃろおか。

 帰ってネットで調べてみましたが、わからず、ジサマの勘違いかもしれん。

「二色」付近 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 ジサマと分かれて「袋港」へ向かい、歩いてる途中にでも山越えする「大辺路」の看板が無いか気を付けていましたが見つからず、結局「袋平見」の道はわかりまへんでした。二色、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 何となく休んでいた場所の道が、山越えの道だと思うが・・・
 だれか知ってたら教えてね。

さんま寿司

 「二色」付近でボチボチ昼頃になり、ちょうどコンビニも有り、ベンチも置いてあります。

 ベンチは海岸近くのためか錆び付いており、座ったら「ゴテッ」と壊れそうで脚も少し曲がってます。さんま寿司

 それでもダイジョウブだろおと思い、荷物を置いて座ってみたが壊れなかった。

 コンビニで、この付近の名物らしい「さんま寿司」を買い、食時中にベンチが壊れたら恥ずかしいので、道端の縁に座って食べました。

 しかし、そっちの方も同じ位に恥ずかしかったかもしれん。

 「さんま寿司」・・食べてみると、うむうぅぅ・・目をつむって何も知らないで食べたならば「サンマ」と言うよりも「しめ鯖」と間違うかもしれんなぁ。

  熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ    遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無