HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 19 見落とし

  熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文  尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路  遍照の響き
        熊野古道「大辺路」地図一覧

        「5 紀伊有田〜田子〜和深〜江住」地図

         2011.4.13旅行   2012.3.17掲載

星野の浜

和深駅

 「和深駅」で一休み。

 出発して少し行くと「大辺路」標識が有り、階段を上がるようになっていましたが、どうせ単に集落内を歩くだけで、余り面白い物も無いだろおと思い国道を歩きました。

 どの地点から見ても、熊野古道「大辺路」は海がキレイですねぇ。

和深駅 「和深」付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 「熊谷バス停」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 国道を歩いてると「熊谷バス停」の所で、低いコンクリ塀の民家の庭先に地蔵さんを納めている祠が見え・・ここの家で管理しているんじゃろか?

 鉄道線路の下トンネルを潜ると、カーブ先の岩場に鳥居が見え、近寄ってみると「金比羅」さんでした。

金比羅、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文  金比羅、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文  金比羅付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 国道を歩いてると雨戸が閉まった空き家が有り、過疎がすすんでるのでしょう。

 たまに訪れる別荘地としては、景色も良いし最高なんだけれど、やはり常時ここで住むとなったら生活がタイヘンなんじゃろおう。

 ここら付近の家は二階建てではなく、良く似た形の平屋建てが多いのは風が強いためでしょうか。木の本神社付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 そのうち道端にオババが座っており、地元のバアサンが日光浴しながら、家を出て行った道楽息子を思い浮かべているのかと思ったが、良く見ると越後屋だった。(^O^)

木の本神社

 「どうした」と聞くと「大辺路の看板が有って、この急な階段を上がる事になっており、とてもそんな元気が無いので国道を歩く」と言い張ります。

 絵図面を見ると階段の上には「木の本神社」が有るよおですが、σ(*_*)も階段を見ると元気が無くなり、省略して国道を歩く事にしました。

 国土地理院の地図を見ると、もう少し手前付近から、神社方向へ向かう道が有ったようだが気がつかなかった。

星野の浜

 国道をテクテク・・歩いてると、海岸沿いの高台で、ガードレールが切れた所にゴミが捨ててあります。星野の浜、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 マナーが悪いのおぅ・・と思いながらその付近を見ると、なんとなく下の海岸へ降りれる細い道のようなのが有ります。

 かなり急坂のようだけど、ひょっとしたら、この道が海岸へ降りて「里野の浜」へ向かう道かな?

 「大辺路」標識が無いか探しましたが、ゴミが散乱しているだけで見当たりまへん。

 ゴミの中に標識も混じってたかもしれんが、ちと無理して探す気にはならんかった。里野の浜

 たとえ海岸まで降りられたとしても、海岸伝いに「里野の浜」まで岩場を越すようなので、そこら付近が、どんな状況なのか不明なので不安だなぁ。

 もし通れずに引き返すとなったら、ドエレエ急坂をまた上がらにゃアカンので、安全策を取ってそのまま国道を歩きました。

 「里野の浜」へ行くと「大辺路」標識に、
「砂浜を歩いて500m先に上がる道が有る」とマジックで書いて有りました。

 やっぱしダメ元で、あの道を降りた方が良かったかなぁ。
 でも、けっこう急坂だったでぇ。

    里野の浜       星野の浜、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 そのまま国道を歩き、「大平見」の地蔵さんが有る付近まで来ると「大辺路」標識が有り、その方向を見ると、「里野の浜」から古道が有ったらしく、ここでもまた道を見落としちゃった。

中平見カツエ坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 「カツエ坂」と言うのかな?・・「中平見」付近で旧道らしいのを見つけました。

 「大辺路」標識は無かったが、地図を見ると行けると思い
「行けなかったらどうする・・」とブツブツ言う越後屋を叱り飛ばして行ったら正解だった・・・・ほれみろ。

 国道と合流した付近の対面側に「大辺路」標識と道が有り、行くとすぐに道が途切れて端っこに網で守られた「中平見」の地蔵さん小屋がポツンと有ります。

 この先の道は、国道で削られて無くなったよおです。

中平見の地蔵 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 国道を歩き、再び古道へ・・・ここら付近は、国道へ出たり入ったりする箇所が多いですなぁ。

 オマケに鉄道線路を横切る所まで有り、こおいう箇所はなかなか探しても見当たらない場所だと思う。(^O^)

宇の平見

 国道に出た所で「宇の平見」の地蔵さんが有り、中も見ずに写真だけ撮って国道をテクテク・・
      宇の平見の地蔵       熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 

 国道脇に「大辺路」標識が有り、通ってみたが距離が数100mほどで国道に戻り、それほど感激するような風景・古道でもなかった。

 歩いてると、再び「大辺路」標識が有り、これは先程よりも距離が長く、それなりの情緒が有りました。

      熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文     熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 

 これが続いていれば良いのだが・・と思ってたら、行く手には不法投棄のゴミが散乱しており・・ゲッ!!・・・ゴミの中を、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 で・・このゴミの中を歩いて行くの?・・しかも上がり坂で・・

 越後屋が何のタメライも無く、ゴミの山を上がって行きます。
 あいつにしては珍しいなぁ。

 こおいう場面に遭遇すれば、たいていσ(*_*)に先を行かせてブツブツ文句垂れながら付いて来るのにぃ。

 ゴミ山を上がった道の所で聞いてみると
「階段を上がった所に標識が見えた。」

 ははあぁぁ・・なるほどね・・さすが老眼だけど、遠くは良く見えるんだ。

江住駅「江住」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 「江住」集落へ入り、「江住駅」へ行くのに旧道と国道のどちらを通った方が近いかなぁ・・と思って地図を見ていると、地元のオッチャン二人がその様子を見て

「どこ行きまんねん?
あぁ・・あんまり変わらんが、旧道の方が近いんでねぇの。」


 お言葉に従い旧道を通って「江住駅」へ行きました。

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ  熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無