HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 22 和深川王子神社


 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文  尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路  遍照の響き
      熊野古道「大辺路」地図一覧

「6 江住〜見老津〜長井坂〜和深川王子神社〜タオの峠〜大串峠〜周参見」地図

        2011.4.14旅行   2012.3.22掲載


和深川王子神社と協和小学校

和深川口

ノート

 長井坂の薄暗い杉林を下りると小さい川が有り、橋を渡った所にベンチがあり一休み。

 「和深川口」と言うらしく、スタンプ台が有るので、ペタリンコ。「和深川口」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 スタンプを入れてる箱の中にはノートが有り、「刈り開き隊」の人が入れたようです。

 ノートを開いてみると「個人情報に触れない程度に・・」と書いてあったためか、詳しく住所氏名を書いてる人は少なかったが、σ(*_*)は番地を除いて住所・氏名を書いておきました。

 まぁ・・確かにあんまり詳しく住所氏名、ましてや電話番号まで書いちゃうと、ややこしい所から手紙や電話が来ますからなぁ。

 σ(*_*)なんか電話セールスがウルセェもんだから、数年前より電話帳に載せないようにしたら、だいぶ減った。

納札

 遍路・巡礼していると、見るともなしに見ちゃう納札には、詳しく住所氏名、おまけに年齢まで正直に書いてる人もいます。

 そこまで書いちゃうとオバハンか、トッツアンだと、わかってしまい想像出来まっせぇ。

 たいていの納札は、一昔どころか四〜五昔の遙かなる昔に、花も枯れるほど大笑いしそうな・・あっ、違う・・花も恥じらうような娘だったオバハンか、オババが多かったよおだが・・・・(^O^)「和深川口」・スタンプ、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 今まで見ちゃった納札のほとんど全部が、詳しく書いてあったけれど、それも考えもんですね。

 覚えも無いのに寺から「先祖供養・法要をしないか」という手紙が来るらしく、住所がバレた心当たりは納札だとウワサを聞いた事があります。

 寺だからと言って信用して、なんでも正直に書いたらアカンでっせぇ。

 でえじょうぶ・・神様や仏さんは郵便屋さんと違って、詳しい住所・番地が書いてなくても、ちゃんと、どこのだれが、何のために来たのか、わかってますがなぁ。(^O^)ダハハハ・・・

 ノートを見ると、前日に見老津方面へ向かってだれか通ったよおですが、だれとも行き会いませんでした。

スタンプ

 出発して、ノドカナ田園風景を見ながら歩いてると、石垣に立て札のような細い板が貼り付けて有りますが、永年経過のため字が薄れて何が書いてあるのか、よぉ〜読めまへん。「和深川口」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 「マムシ・・何とか」等がかすかに読めたが、マムシでも売ってるのかな?
 何が書いてあるのか、知ってる人いたら教えてね。

 そばにスタンプ箱が有り、これはネットで知っていたのとは違って昔から有るスタンプのよおです。

 記念に押そうかと思ったが、インクが乾いていたのでヤンピ。

 扉には「押印したら必ずフタを トビラの放置も多い マナーの悪い者多し。」と紙が貼ってあり、よっぽど扉を開けっ放しにする者が多いんでしょう。

丸山の掘割

 歩いてる途中に「丸山の掘割」の看板が出ていたので見に行くと、すぐ近くだった。丸山の掘割

 昔は、ここが古道だったらしく線路が出来て寸断されたらしい。

 付近に「徳本上人の何とか」が有るらしいが、それは行かなかった。

 大辺路を歩いてると「徳本上人」って良く出てくるが、だれ?・・σ(*_*)知らんでぇ。「和深川口」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

和深川王子神社にて

 まもなく「和深川王子神社」に着いたので、階段に座って昼食にしました。

 天気が良く小春日和なのですが、木陰はまだ寒い。

 食事後、越後屋は道端の日当たりの良い所でゴロンと昼寝をし、σ(*_*)は時間が有ったので神社で尺八を二曲吹いて参拝しました。

     和深川王子神社       和深川王子神社  

 その後もまだ時間的に余裕が有ったので、和深川王子神社・拝殿前の階段に座って、目の前に広がる田園風景を見ながら、暗譜している残る四曲も吹きました。

 ええですなぁ・・こおいうのが一番理想的な巡礼だ。

 1時間ほど神社で過ごして出発。

イルカの家イルカの家

 歩いてると、イルカの形をした家がありました。

 σ(*_*)はクジラかと思ったのだが・・、それにしても良くこんな家を造ったなぁ。

 思っていても、世間体やら何やらで、なかなかこおいう家を作れないものですが、それを実行した家主の方は斬新な考えを持った人だと、お見受けいたします。

 σ(*_*)がこんなの作ろうとしたら、まず越後屋が「世間・近所の皆様に会わせる顔が無い」と、ギャアギャア・・とワメキ散らして徹底的に反対するじゃろなぁ。

 ここまでされたのならば、家の付近にカモメなんぞを配置して、飛んでるように工夫もされたら、もっと良いと思う。

   「和深川口」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文        「和深川口」、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

廃校「協和小学校」

 「タオの峠」へ入る手前に、木造校舎の廃校が有ったので寄ってみました。協和小学校 廃校

 こおいう木造校舎跡つうのは、自分も小学校の頃はイナカの木造校舎に居たもんだから、何か哀愁を感じ懐かしく思うんですねぇ。

 校舎は窓ガラスが壊れ、室内には物が置いてあり、グラウンド裏側敷地は草が茂っており、ますます荒れた感じがします。

 このような木造校舎の廃校は、手入れされる事も無く何年後かには風雨に曝されて自然に壊れるか、または取り壊されて更地になっちまうんでしょう。

協和小学校・廃校、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 協和小学校・廃校、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 協和小学校・廃校、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 全国に残っているこのような廃校は、後何年そのままの姿を残してるじゃろか。

 後世になると、このような写真も貴重になるかもしれん。

 帰ってからネットで調べてみると、「協和小学校」という学校名で、明治42年に現在地に移されて昭和48年に廃校になったらしい。

タオ峠

タオの峠へ タオ峠、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 一里塚松跡

 廃校の直ぐ前に山道が有り「タオの峠」への看板と地蔵さんも有ります。

 道はそんなに荒れておらず、途中に看板だけの「一里塚松跡」が有り、さらに進むと「境目石」が有りました。

 山道は車道の近くをほぼ平行しているよおで、やがて舗装された車道に出ました。

 今度は鉄道線路と平行にテクテク歩いて「西浜」へ・・・

境目石 タオ峠、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 タオ峠、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無