HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 25 仏坂越え

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 尺八を携え歩いた熊野古道 大遍路  遍照の響き
      熊野古道「大辺路」地図一覧

  「7 周参見〜周参見王子神社〜地主神社〜仏坂〜安居の渡し〜藤野」 地図

       2011.4.15旅行  2012.3.29掲載

仏坂越えと「安居の渡し」

木根の階段

仏坂 登り口 仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 「仏坂」の入口からは、いつも通りの急坂で「ヒーコラ・・」言いながら上り、途中で石畳もありました。入谷不動尊

 「入谷不動尊」の付近からは、山をまっすぐに登るような階段・・と言うよりも、自然の「木の根」が階段状態になってる急坂の山道です。

 この坂道を四国で例えると「まったて」と別名で呼ばれている神峯寺への上り坂なんぞは、まだカワユイ子供のような坂です。

 それよりもキツクて長く、一直線に上がって行き、山道というより階段という方が当たっていると思う。仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 階段は歩幅が決まってしまうので、同じ傾斜であっても山道よりキツイですからなぁ。

 この仏坂に有る坂道は、今まで通って来た数々の坂と違って、自然の「木の根」が階段の役割をしている箇所が何カ所か有りました。

 「木の根」も、あんまり踏みつけられると枯れちまうと聞いたんだが・・

 それがしが愚考するに、この「木の根」の階段が有る箇所は、昔から伝わる古道では無いのような気がする。仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 たぶん荒れて道が、わからなくなったり、危険箇所が有ったりしたので、後世に位置を変えて道を造り直したのじゃないかな?。

 もしも何百年も昔から残り続け、歩かれている道ならば、このような「木の根」は踏み固められて無くなっていると思うのだが・・・

 違ってたら、ごめんね。
 なんせ、ドシロウトが考える事ですので、笑って許してちょんまげ。(^O^)

 「仏坂」頂上付近から、なだらかなになり・・またよじ登り・・・

 途中で「安宅」集落を望める箇所が有り、山道には椿の花が、ポトリ・・と2・3輪落ちてるのが季節を感じます。

 仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文    仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文    仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

林道仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 やがて舗装した林道と合流し、横切って対面の階段を上がります。

 きっと、この林道が出来た時に古道が寸断されたのでしょう。

 林道から入ると、すぐの所に「茶屋跡」の看板が有りましたが、それらしい所は杉が生えており面影はありまへん。

 その後は、垂直に立っている杉林の中を、ゆるやかな下り道。

 先程の「木の根」の急坂は、どこへ行ったやら・・・

 杉林を降りると、やがて日置川が木々の間に見えて来ます。

仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

安居の渡し場安居の渡し

 麓の「安居の渡し場」に着き、先を歩いてた越後屋がボーゼンと対岸を見ており・・絵になりますなぁ・・(^O^)

 今は川に水が有りますが、これから夏だと水位も下がって、頭に荷物をくくりつけて歩いて渡れるかもしれん。

 河原に座って昼食にしました。

 ウグイスが鳴いており、口笛で鳴き声をマネしてやると、仲間と思ったのか、そいとも自分の縄張りを荒らしに来たと思ったのか、鳴き返します。

 縄張り意識が強いる鳥だから、たぶん「ゴラア゛ァ〜・・ここはオラの縄張りじゃあぁぁ・・、入って来るんじゃねぇ」と鳴いてるのだと思う。仏坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

藤野へ

 「安居の渡し場」を出発して川沿いの道を、「藤野」へ向かって歩きましたが、この道は想像以上に荒れてます。

 最初は川を眺めながら、ノホホンと歩いていたのですが、そのうち道が崩れかかってる箇所には、緑色のロープが張って有ります。

 どちらかというと「仏坂」を越えるよりも、こちらの方がキツイかもしれない。

 安居の渡し付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文     安居の渡し付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文     安居の渡し付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

口ケ谷バス停

 「藤野」集落に着き「口ケ谷バス停」でバス時刻を見ると、あと3分ほどでバスが来る事になっており、ぎりぎりセーフ。!(^^)!

 良かったなぁ・・ここへ到着するのが、あと5分遅れてたら、目の前を通り過ぎるバスを泣き叫びながら見送るところだった。安居の渡し付近、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 バス時刻を調べてなかったので、もしも運が良ければバスに乗れるかもしれん。

 それとも日頃の行いが悪いので、バスの連絡が悪かったら日置駅まで歩こうか・・と、歩きながらずうっ〜ぅ・・と考えていたのです。

 バスに乗りながら日置駅までの道程を眺めてましたが、この距離を日置駅まで歩かなくて良かった・・・と、つくづく思った。

 日置駅でリュックを担いだアンチャンもバスから降りたので、
「古道を歩いたのか?」と聞いてみると「富田坂を越えてきた」と言いました。

 けっこう大辺路を、歩いてる人が居るんですねぇ。

 中辺路は何度も歩いており、有田市の「王子」が有る近くに住んでると言ってたので、σ(*_*)らも通った所です。

 藤野、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 口ケ谷橋、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 口ケ谷バス停、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文
 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無