HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 27 迷 ふ

  熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路   遍照の響き
        熊野古道「大辺路」地図一覧

    「8 安居の渡し〜富田坂〜草堂寺〜紀伊富田駅 」 地図

     2011.4.17旅行    2012.4.2掲載

富田坂の迷い

略図

 ええっとおぉぉ・・富田坂ですが、まずは略図を見比べながら、文を読んでもらった方が分かり易いと思います。

 、途中で迷ってループしちまい、元の場所へ戻っちゃったのですがなぁ。

 トッツアン、笑ってやってください。(^O^)ワッハッハハ・・・

         安居辻松峠〜三ケ川 迷い易い箇所の概略図

「祝の滝」分岐点より

 祝の滝 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 

 「祝の滝」との分かれ道より、コンクリ舗装になってる林道の坂道を上がり、そのまま林道を歩くのかと思っていたら、すぐ左側に「大辺路」の看板が有り山道に入ります。

 毎度の如く、ヒーコラ言いながら上る坂道で、越後屋も汗をかいて上着を1枚脱ぎ、遅れて上がって来ます。

 キツイながらも、それなりの山道で、舗装された林道を歩くよりは情緒が有り、やがて再び林道に出ました。

 たぶん林道のS字カーブをショートカットしたのでしょう。

 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

二度目の古道

 林道を少し歩き、二度目の山道へ・・・
 この山道は、石畳らしき跡も残っています。

 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

林道富田坂の迷い、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 再び林道へ出た箇所で、林道は砂利道より舗装道路になってました。

 この舗装道路も、けっこうキツイ。(実は道が間違っていた)

ループ開始

三度目の古道

 もう山道へ入らないだろおと思って林道を歩いてると、今度は左側へ三度目の山道へ行くようになってます。(略図:二つの「大辺路」標識の箇所・右写真)富田坂の迷い、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 が・・・なぜか下り坂になっており、富田坂までは上がり坂になると予想していたのだが・・・・。

 国土地理院の地図で確かめても、富田坂の方角とは外れてるような気がする。

 越後屋が不安がり
「あらあぁ〜・・下り坂だわ、どうするの?・・・ぎゃあぁ・・ギャアァ・・」

 ええいぃぃ、うるせぇ!!
 んな事、言われなくともわかっとる。!!

 σ(*_*)だって初めてだから、わからんのじゃ!!。
 何でも、かんでもσ(*_*)に聞くな!!
 たまには自分で判断しろ!!

 と、「・・・!!」を一杯思っていても、言う勇気が無く、ジッ〜とガマンする気弱なアタイ。

 それでも「大辺路」の看板が、そおなってるのだから、そのうちにクイッと曲がって、また上り坂になってるのかもしれん。

 ここで「わからんなぁ・・」とか、「どおしょう・・」と不安そうな事を言うと、また越後屋が不安がってヤカマシイので、さも自信が有りそうな声で越後屋に「大丈夫じゃろう」と言い山道へ入りました。富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 が・・・そのまま下り続けて、道は上がる気配がありまへん。

 σ(*_*)の方向感覚が間違っており、向こう側の山へ行くんじゃろおか?

 それとも、ひょっとして「祝の滝」分岐点付近まで戻るのじゃろうか?

 そおなったら越後屋には、何とか言い訳をしてゴマカシ続けなければアカン。
 今後のσ(*_*)の威信・メンツにかかわる問題じゃからなぁ。

再び林道

 そのうちに、また林道に出ましたが・・これ・・雰囲気的に先程の林道じゃあるまいか?富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 で・・林道を、どちらの方向へ行けば?・・と思い、「大辺路」の標識を再確認したり、地図とニラメッコしました。

 どう考えても方向的には、この林道を下がるのではなく、上がらにゃアカン。

 林道を少し上がった所を偵察していた越後屋が
「あっ、ここに「大辺路」標識が有る。」と発見報告。

 と言うことは、やっぱり林道を上がるのが正解だった。

元の場所へ(ループ終わり)富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 しかし、それにしても短い区間に、よぉけい標識を付けたなぁ・・と思っていたら、何となく見覚えの有る箇所に来ました。

 あちゃあぁぁ・・・、やっぱり先程の二度目の山道から林道に出た所へ戻って来ちまった。

 早い話が、「林道→山道→元の所へ戻った」とループしたのです。

先人の教え

 どうして、こんな風にループしちまったのか?と原因究明するために引き返して「大辺路」の看板を見直すと、両矢印にそれぞれ「安居へ」「富田坂へ」とマジックで書き加えてあり、鋭い石の先で引っ掻いて距離を書いた跡もあります。富田坂の迷い、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 それを見るとこの標識は、どの方向へ行けば良いのか、何を知らせようとしているのか、実に涙ぐましい努力の跡を今となっては知る事ができます。

 が・・・最初見た時は、せっかくの先人による注意・思いやりも、「ん・・何の事・・?」で理解できず、わかりませんでした、すんまへん。

 一回りループして、やっと事情が飲み込め、ここの場所だけは自分の方向感覚よりも、標識に書いてある「地名」方向を信じて行かにゃアカンかったのです。

 こおやって文で書くのは簡単ですが、これはなかなか実行出来ない事だと思う。

 なんせ自分の方向感覚を信じたいという気持ちの方が、強いですから・・。

 そお言えば、「和深川口」のノートに「途中で道を間違えて迷った」というような事が書り、そんなオトロシイ所が、この先に有るのかと思っていたのですが、ここの箇所の事だったんでしょう。

 この場所では、間違える人が多いと思う。

 たぶん初めての人は、ほとんどがσ(*_*)と同じように一回りループして、元の場所へ戻って来ちゃい、「あらまぁ・・」と思うでしょう。

 ここの箇所を分かり易くするならば、この付近に略図の看板を立てておくのが最善方法だと思う。

 これから初めて大辺路の「富田坂」を歩く方は、このページの上の略図を思い浮かべてください。

 白浜方面から来る人は、「大辺路」の2つの看板に挟まれている(ここだけ2つ有る)、下り山道を見落とさずに降りれば「三ケ川・安居」へ行きます。

 見落としても、そのまま林道を下りて行けば「祝の滝」分岐点へ行くと思いますが・・たぶん・・

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
  熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無