HOME > 熊野古道 目次 > 大辺路 > 28 富田坂

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文    尺八を携え歩いた熊野古道 大辺路 遍照の響き
        熊野古道「大辺路」地図一覧
     「8 安居の渡し〜富田坂〜草堂寺〜紀伊富田駅 」 地図

        2011.4.17旅行     2012.4.3掲載

富田坂

 片側が開けている「富田坂」の林道を上り続け、振り返ると山々に囲まれた谷間に赤茶色になって伐採された箇所が見え、尺八を吹いて休んだ所です。

 おぉぉぉ・・けっこう上がって来たなぁ。

    富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文     富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

梅干し

 林道を歩き続けてると、四度目の山道に入る標識が有ったので、汗をかく山道に入る前に、道端に座って一休み。(一番上の写真)富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 休みながら梅干しを食べました。

 この梅干しは「道の駅イノブータン」に行った時、1袋100円で売ってた物で、さすが梅干しの産地ですなぁ。

 産地直売物で安く、疲れを癒すのには、酸っぱい物が良いと聞いているので買いました。

 梅干しを食べて茶を飲むと、なんとも言えんほど後味がスッキリします。

 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 四度目の山道は、以外にあっさりと、すくに林道と合流しました。

 険しい山道と思い、一休みしながら梅干しまで食べてコンジョ入れたのに・・・アラッ・・・(^O^)

 歩いてると、所々に下界を眺めれる場所があり、遠く山々が連なります。

 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 富田坂からの眺め、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

安居辻松峠

 「安居辻松峠」の説明看板が有る所に来ました。安居辻松峠

 それによりますと「昭和18年の山火事で、ここに有った松が燃えちゃったらしく、現在は道端に横たわってる」と書いて有ります。

 ふう〜ん・・と思って行こうとしたら、越後屋が
「どうせならば、その松に焦げ跡が有るから写真を撮ったら」と言います。

 気にも留めてなかったのですが、道端の隅っこに倒木の枯れた物が有り、見るとホンマに焦げ跡が有りました。

 おぉぉぉ・・!!・・まさか、そんな由緒正しい焦げ跡が有る松が、今も残ってるとは思わなかった。富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 昭和18年からというと既に70年余りが過ぎ、後100年もすれば腐って無くなってしまうかもしれんが、その頃には松の破片が天然記念物になっとるかもしれん。

 山道を歩いてると、初めて向こう側から一人で歩いて来るオバチャンと会いました。

 ストックを2本使って歩いており、軽く挨拶しながら分かれましたが、この先で迷子にならなければ良いが・・・

茶屋跡

 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 峠の茶屋跡 峠の茶屋跡

 「富田坂 茶屋跡」で一休み。

 切り倒した丸木が横たわっており、座るのにちょうど良い。

 欲を言えば日当たりが良かったら、もっと良いのだが・・・オトッツアン、それは言わない約束でしょ。(^O^)

 杉葉の間には、石で造った何かの破片が落ちており、茶屋の跡が偲ばれます。

 この先からは時々、富田や白浜方面が望めます。

 杉林を下っていると一人のアンチャンと出会い、これまた軽く挨拶しただけで分かれました。
 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文   白浜を望む   富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 やっぱり、「富田」方面から来る人が多いのですねぇ。
 二人とも帰りは、日置駅までバスで行くのかな?

七曲がり

 えらい急な坂道があるなぁ・・と思って下りると、麓に「七曲がり」という看板が出ていました。

 できれば、那智側から来る人のための看板も欲しい。

 わからずに下りるよりも、それなりの気持ちで坂を下りますので・・・

 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文 七曲がり坂 富田坂、熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、前へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、目次へ 熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
   熊野古道「大辺路」を歩いた紀行文

熊野古道 一覧目次 
中辺路   大辺路   町石道   紀伊路   伊勢路   本宮道   川丈街道 
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無