HOME > 田名部海辺三十三観音霊場(下北半島)目次 > 9 佐 井

 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記   尺八を携え巡った田名部海辺33観音霊場記  遍照の響き 
     田名部海辺三十三観音霊場「むつ市内〜脇野沢」地図−1
     2011.7.27 巡礼(車)    2012.5.6 掲載

佐井の「ウニ丼」下北半島、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

ウニ丼

 曲がりくねった山道を「福浦」集落に着いた時、初めて食堂が有ったので入りました。

 「ウニ丼」が有ったので、冥土の土産話しにでもと1500円と高いのだが、「清水の舞台」を頭から真っ逆さまに飛び降りた気持ちで注文しました。ウニ丼

 「ウニ丼」だけかな・・と思ってたら定食のように刺身とか味噌汁も付いてます。

 で・・さっさく「ウニ丼」なる物を食しましたが・・ウニがちょっとビチャッとしている。

 実は昔、某所で泳いでいた時にウニを採って食べた事あり(ホントはアカンらしい)、あの時のような食感・うま味が無い。

 知らない人ならば「おぉぉ・・ウニじゃあぁ」と満足したかもしれんが、σ(*_*)としては今一つ新鮮味が無く、たぶん冷凍保存したウニだと思う・・ごめんね。イカ飯

 今の時期(7月)なので、海から採れ立てのウニを水槽に放しておき、注文に応じてウニを割って出してくれるのかと期待していたのだが、やっぱり無理だったか。

 食べてる時に店のオババが
「これ作ったので・・」と言って「イカ飯」を1皿づつサービスしてくれました。

 どちらかというと、こちらの方が、もんのすごく美味しくて良かった。

14番「長寿院」

下北半島・「長後」へ、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記 長寿院 長寿院へ、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 再び山を越え、次の「田名部海辺33観音霊場」札所が有る「長後」集落に入ろうとした時、国道沿いに「長寿院」の札所看板を見つけました。長寿院

 危なかったなぁ・・「長後」集落へ入ってウロチョロして探す所だったでぇ。

 「長寿院」は無人なので当然、戸は開かなく、しかも賽銭を入れようとしても、サッシガラス戸なもんだから隙間が無い。

 こりゃあぁ冬になっても隙間風が入らんじゃろなぁ・・と思いながら小銭を戸の付近に置き、納札は紙なので、無理矢理に隙間から押し込んで入れ、戸の前で1曲吹いて参拝しました。

願掛岩

 佐井に向かって走ってると、「願掛岩」つうのが有りました。下北半島、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 男島・女島と別れており、そのスジの最高機密極秘情報によると、その島姿は眺める場所によっては、男女がナニしてる場面と似ているとか、どうとか・・・こうとか・・・ゴニョ・ゴニョ・・

 トッツアン、こおなりゃあぁ〜何が何でも、無理して理由を付けてでも、ぜひ行って確かめないとアカンじゃろう。(^O^)ダハハハ・・・

 国道に車を止めて眺めましたが角度が違うのか、ややこしい事している風には見えない・・想像力が足りんのかなぁ・・。

 だれか想像力豊かな人が居たら、どんな風に想像したら良いのか教えてね。

 ここは縁結びの聖地だそうで、若い衆達の「愛の鍵」を掛ける場所が有るらしく、その頂部からの眺めは絶景とネットで調べていたが、疲れているので行かなかった。

      願掛岩     願掛岩 

長福寺長福寺

 佐井村の港で車中泊の予定でしたが、サービスセンターで聞いてみると近くの温泉は潰れており、今は無いと言う・・アチャアァァ・・・。

 それでは今日は「大間」まで行く事にして、佐井に有る「長福寺」を、ここまで来たついでにやっちゃおうと言う事にして寺へ行きました。長福寺 鐘楼

 国道近くに札所看板が有ったが、車では道に入れなく、寺の屋根が見えたのでその方向へ行ったら有りました。

 寺の駐車場へ入ると横で畑をしていた人が、何が来たのかという顔して見ています。

 長福寺・本堂入口の龍の彫刻もなかなか良く、本堂内に入れたので2曲吹いて参拝。長福寺

 賽銭箱の横に飾ってある生花が良いですねぇ、その横に納札を置いときました。
(一番上の写真)

 ちなみに、この長福寺は19番「祥海寺・六角堂」と20番「自性院・清水寺」、2つの札所を兼ねており、昔有った「田名部海辺33観音霊場」札所は現在は無いそおです。

         長福寺 彫刻
     長福寺・彫刻、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記、前へ 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記、次へ     ホーム
  田名部海辺33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無