HOME > 田名部海辺三十三観音霊場(下北半島)目次 > 12 海 霧

 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記   尺八を携え巡った田名部海辺33観音霊場記  遍照の響き
      田名部海辺三十三観音霊場「大間〜大畑町」地図−2
      2011.7.28 巡礼(自転車)    2012.5.30 掲載

津軽海峡の海霧大間バイパス通り

雨宿り

 スーパーの庇下に座り込み、口を開けてボケエェ〜としながら雨宿りしてました。

 いつ止むかなぁ・・と思ってましたが、試しに外へ出てみると、いつのまにか雨が止んで霧になってます。

 小雨と霧は見た目だけでは、わからんですねぇ。

津軽海峡

 大間のバイパス道路を走り、津軽海峡の海に出ましたが、霧のため相変わらず景色がボヤアッ〜としています。津軽海峡、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 天気が良かったら、津軽海峡を隔てた北海道の島影が見えただろおに・・。

 海辺の作業場のような広場で、鉄パイプの上に海草のような物が干してあり、よく見ると「ウニ」の殻のよおです。

 「ウニ」の殻を干して、どおするんじゃろうか?と思ってたが、帰ってネットで調べると肥料になるらしい。磯体験学習漁場

 しかし、あれだけの「ウニ」の殻が有る所を見ると、かなり獲れてるなぁ、ドンブリ3杯位の量じゃ有りまへんでぇ。

 「磯体験学習漁場」の看板が立っており、引き潮のため、かなり岩というか石が見えます。

 再び海霧の中を津軽海峡の海岸沿いに走ってると、「ハネコエ島」付近の道端に車を止めて、3人ほどが岩場付近で何か探してます。ハネコエ島 付近

 海草でも拾ってるのかと思って
「何か採れますか?」と聞いたら、「地層を調べてる」と言います。

 へえぇぇ・・・ここら付近は学術的に珍しい地層でも有るんかな?

15番「大海寺」

 「蛇浦」集落付近で旧道の入口を見つけたので、それを走っていると旧道沿いに15番札所「大海寺」が有り、庵程度の小さい物かと思ってましたが、思ったより大きい寺です。

    大海寺      大海寺

 「大海寺」入口は季節柄か網戸になっており、中に入れたので2曲吹いて参拝しました。大海寺、津軽海峡、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 参拝してる途中、寺の人が尺八の音に気付いたらしく、灯りを点けてくれました。
 すんまへん、えらい気を遣わせて。

 ちなみに国道に「大海寺」札所への案内看板が有りましたが、その看板の有る場所から大海寺へ行くには、わかりにくいと思う。

13番「東伝寺」

 「易国間」集落も旧道から入り、「東伝寺」はたぶんここら付近だろおと思いながら、自転車を漕いでると寺の屋根が見えました。津軽海峡、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 おぉぉぉ・・良かったヨカッタと喜んでいたら、ゲッ!!・・隣の寺で葬式準備をしています。

 いや、寺だから葬式をするのは、別に構わないんだけれどね・・・。

 葬儀準備のために人や車がウロチョロしていて、「東伝寺」の写真を撮るのにジャマになるんだよねぇ。津軽海峡、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 まさか、「どけ」と言えないし・・

 隣の寺が葬式なので、呼ばれて手伝いに行って留守なのか、「東伝寺」入口の戸はキッチリ・キッパリと閉まってます。

 賽銭も納札も入れるのに苦労し、その戸の前で1曲のみ尺八を吹きました。

 「東伝寺」から海岸に向かって一直線の道が有り、国道と交わった所に札所看板があります。

東伝寺 東伝寺 東伝寺、津軽海峡、自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記

 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記、前へ 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った田名部海辺33観音霊場記、次へ     ホーム
   田名部海辺33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無