HOME > 田名部海辺三十三観音霊場(下北半島)目次 > 27 雪中行軍
                                       (おまけ−3)

 田名部海辺33観音霊場記  八甲田山雪中遭難資料館 遍照の響き
       2011.7〜8 旅行    2012.7.11 掲載

八甲田山・雪中行軍

八甲田山雪中行軍遭難資料館

 「八甲田山雪中行軍遭難資料館」つうのがネットで下調べしていた時に、「青森県へ行った時のお勧め場所だ」というのを見つけました。八甲田山雪中行軍遭難資料館

 「田名部海辺33観音霊場」巡りが終わり、家へ帰る途中なので寄ってみました。
 そおですがなぁ・・あの映画「八甲田山」や小説「八甲田山 死の彷徨」として知られた、遭難資料館です。

 道を走って該当地へ行くと、広々とした墓地らしいのが見えたので、間違って市営墓地に来たのかと思ったら、「八甲田山雪中行軍資料館」の看板と駐車場が有りました。

後藤伍長

 入場料を払うと、ロビーに居たボランティアのジサマが近寄り「この像は、救援隊が一番最初に見つけ仮死状態で見つかった後藤伍長で、その後の救助活動のキッカケになったので銅像になっています」と説明し、奥の資料室へ導いてくれました。後藤伍長銅像

 おぉぉ・・そおいえば映画で、雪の中にポツンと立っていた人が居る場面が有ったなぁ。

 この人が生きていたから、遭難の事実がわかり救助活動が展開されたそうな。

 一番上の写真は、隊列を組んで進む行軍状況のミニチュアですが、実際にこの資料館の前の道を八甲田山へ向かって進んで行ったそうです。露営状況

 資料室はボランテイアのジサマは付いて来ず、写真撮影もOKでした。

天は我を見捨てたようだ

 「天は我を見捨てたのかぁ・・」と絶句する映画のクライマックスの場面が有りましたが、資料を見るとホントにそのような事を言ったらしく「天は我らを見放したようだ。このうえは強い者が弱い者を助け・・」と言ったようです。

 遭難しながら、どうしょうもない状況に陥り、それでもなお
「このうえは強い者が弱い者を助け・・」と最後まで弱者を見捨てる事なく助け合うように求めて、この困難な状況を打開しようとする言葉は、通常でも、なかなか出て来ない言葉と思う。遭難者発見場所

 遭難者の発見位置をランプで示すのが有り、想像以上の広範囲に散らばって発見されてます。

 うわぁ〜こんなに遠くまで散らばっていたの・・?!と、改めてほんまに彷徨していたのだと思った。

ボランティア

 資料を見終わると先程のボランティアのジサマが近寄って来て「外の案内をする」と言って連れ出し、一瞬、長野県某所における「お金を貰うボランテイァ」の苦い事を思い浮かべたが、幸いそのような事は無く、もんのすごく親切丁寧に説明してくれました。

 はい、もちろんタダです。

幸畑陸軍墓地

 外は「幸畑陸軍墓地」となっており、そこに立ち並ぶ墓の正面は士官、左右は下士官・兵の墓で、当時は士族でないと士官になれなかったらしい。

 陸軍墓地の周囲には松が並木道のように植えてあり「多行松」と言って、根本から枝が分かれている珍しい松だそうな。

幸畑陸軍墓地 幸畑陸軍墓地 多行松

遭難凍死者英霊堂遭難凍死者英霊堂

 説明が終わったので、ボランテイアのジサマに礼を言って別れ、近くにある小屋へ行くと「遭難凍死者英霊堂」となっており、狛犬としてアイヌ犬2匹が番をしています。

 この資料館で初めて知ったのですが、アイヌ犬2匹が遭難者探索に活躍し、その1匹が途中で子犬を2匹出産したらしく、生まれた子犬に「八甲」「ベンケイ」と名付けられ、記念?として狛犬として置かれたようです。アイヌ犬の狛犬

 英霊堂には両側に、高さ40Cmほどの木像がズラリと立ち並んでいました。

映画と実際の違い

 ボランティアのジサマから聞いた、映画と実際の違い

 ★遭難の原因は「付いてきた上官の横槍が入って、指揮系統の乱れとなった」と言われてるが、そんな事は無かった。

 ★映画では弘前・青森連隊の責任者が訪問して情報交換した事になってるが、そのような事は無かった。遭難勇士木彫

 ★映画では、袋の紐が切れて弟が遭難したのが、わかったというが、そんな事は無かった。


 いやあぁ・・聞いてみるもんですなぁ。

 映画の主題曲「八甲田」を聞きながら、これを書いてますが、実に優しいながらも哀しく、雪の中を彷徨いなから行軍している状況が良く出ており、聞いていても不覚にも涙が出るような鎮静にふさわしい名曲だと思います。

 田名部海辺33観音霊場記、前へ 田名部海辺33観音霊場記、目次へ 田名部海辺33観音霊場記、次へ    ホーム
   田名部海辺33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無