HOME > 田名部海辺三十三観音霊場(下北半島)目次 > 28 ねぶたの里
                                       おまけ−4

 田名部海辺33観音霊場記 ねぶたの里 遍照の響き
      2011.7〜8 旅行    2012.7.14 掲載 

ねぶたの里「ねぶたの里」入口

 「田名部海辺33観音霊場巡りの帰りに、「ねぶたの里」へ寄ってみると、通常ならば入場料が必要なのですが、東日本大震災支援のため無料でした。

 まぁ、確かに震災の影響か入館者も少なく、カランカランで入館者は数えるほどしかいません。

 初めて「ねぶた」の実物を見るので、まずは手前の建物に入り、お釈迦さんの行灯に、ほほおぉぉ・・こんなのか。

ねぶたの里、田名部海辺33観音霊場記 ねぶたの里、田名部海辺33観音霊場記 ねぶたの里
     ねぶたの里   ねぶたの里

 奥の建物に「ねぶた」が飾ってあったが、想像していた物より小さく感じる。

 テレビや写真では、もっと大きく感じたが、やっぱり撮影の仕方なんでっしゃろか?

ねぶた運行体験ショー「はねと」の笠

 少し待つと「ねぶた運行体験ショー」が有り、折り畳み椅子に座って待ってると、1台の「ねぶた」の前へネーチャンが出てきて司会をします。

 かけ声の「ラッセイナ・ラッセイナ・・」の練習をしたが、σ(*_*)は何というか困った事に、その時は知性と教養が邪魔して声が出せなかった。

 「参加した人には後で記念品をくれる」と言うので、それに釣られて「ねぶた」を動かすのに前へ出ました。

 こおいう事は、何事も経験じゃからなぁ。ねぶた運行体験ショー

 σ(*_*)と同じように記念品に釣られた数人が出て来たが、まだ人数が足りないので女・子供も呼び込んで、やっと何とか動かせる人数になりました。

 「ねぶた」を動かす要領の説明が有り、先ずは腕木の前に手をやって腕木を持ち上げ、そのまま腕木に体重を掛けるようにして前に動かすのです。

 「せーの」で腕木を持ち上げ・・・おぉぉ、上がったでぇ!!・・・喜べ(^O^)ねぶた運行体験ショー 囃子方

 それから体重を乗せるようにして前へ行くと・・ジワリ・ジワリ・・と動き始めます。

 10mほど動かして、今度は後戻り。

 手をそのままにして、後ろに体重を掛けるようにして、後ずさりしながら元の位置へ・・・

 動かしてみると、そんなに力は必要ではなく、だいじょうぶ・・心配しなさんな、筋肉痛になるほどの力は要りませんから、トッツアンも行って今度やってみなせぇ。(^O^)

「はねと」踊り方はねとの練習

 その後、笠を被った「はねと」のネーチャンが出てきて、前に出て「はねと」の踊り方?の練習も有ったが、やっぱり、どおしても隠れた知性と教養が邪魔しちまって出れまへん。

 それでも「はねと」の踊り方は、見ていてわかりました。

 掛け声と共に、片足で2拍づつ飛び、次の片足も2拍づつ飛び・・の連続で思ったより簡単なものです。

認定証ねぶたの里 認定証

 終わりに楽しみにしていた記念品は「認定証」なる物で、参加した人だけかと思ったら、気前よく全員にくれます。

 その後は記念写真で、こおいう時だけ越後屋が喜んで出て、笠を被ってデシカメに収まりましたが、どうせならば笠で顔も隠した方がキレイだったのにぃ。

太鼓

 出口に大きな太鼓が有り、越後屋がドンドンと叩いています。ねぶたの里

「おいおい、勝手に叩いて良いのか?」
「だってバチが、そこに何本も有るから良いんじゃないの?」


 おぉぉぉ・・そおかもしれんなぁ。

 それじゃあぁ・・と代わってσ(*_*)がバチを両手に持ち、自己流のリズムで思いっきり「ドドン・・ドンドン・・ドンドコ・・ドドドン・・」と、しばらく叩いてみました。

 太鼓を叩きながら、自分が思ってる感情等が、そのまま表せるのだなあ・・と改めて思い、ちなみに和太鼓を叩いた経験は今回が初めてです。ねぶたの里

 終わった後
 
「わぁおぉぉぉ・・・!!・・・パチパチパチ・・・・

 おでぇかんさまの隠れた才能を初めて見た。

 あんな事(リズムを取って、強弱をつけて叩く事)が出来るとは思わなかった。」


 
「ワハハハ・・そおじゃろおぅ。(^O^)
 どおじゃ、惚れ直したか?・・今からじゃ、もう遅いけど・・・。ねぶたの里

 なんせ高校時代は、ブラバンでドラムをした経験が有るからなぁ。

 どこのプロが叩いてるのかと思ったじゃろ。」
と誇らしげに言ったら、笑って納得していた。

 太鼓を叩いたリズムは、ブラバンで演奏した曲や、今まで聞いた祭り囃し(佐渡・鬼太鼓)を思い浮かべながら適当にアレンジしたものです。

 たぶん経験の無い人が叩くと、強弱をつけられず一本調子になったり、リズムが狂うと思う。

 田名部海辺33観音霊場記、前へ  田名部海辺33観音霊場記、目次へ  田名部海辺33観音霊場記、次へ       ホーム
   田名部海辺33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無