HOME > 田名部海辺三十三観音霊場(下北半島)目次 > 32 立佞武多
                                         (おまけ−8)

  田名部海辺33観音霊場記  立佞武多  遍照の響き
       2011.8 旅行     2012.8.10 掲載

「立佞武多」とカラス族

立佞武多の館

立佞武多の館 「五所川原」の「立ちねぶた」を見に行きました。
 ここの「ねぶた」は難しい漢字を使うと「立佞武多」と書くらしい。

 正直いって青森県の「ねぶた」はどこでも同じだろおと思ってたんですが、ネットで調べてみると「立佞武多」もお勧めと書いて有り、そおかなあぁ・・と、オマケのつもりで見に行きました。

 五所川原市内の大型スーパー駐車場が無料開放されており、そこから祭り会場まで2kmほど離れていますが、それ位の距離は歩くのに慣れているので何ともありません。

 まずは町中を一回りして、「立佞武多の館」に入ると、丁度、大きい「立佞武多」が出る所で、建物の3・4階ほどの大きさです。

 ほほおぉぉ・・わざわざ「立」と名付いてるだけあって、立ってるように高さが有りますねぇ。けの汁

 6階の食堂で「冷やしうどん」を食べたが、値段が安く美味しく、越後屋は、この地方の名物らしい「けの汁」というのを食べました。

 食べてる時、隣のテーブルに祭の法被を着た人がいたので、「立ちねぶた」の巡るコースや、どの付近が見易いか聞くと「大きいのが3つほど有り、他は町内の物だ」と教えてくれました。

会場

五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記五所川原「立佞武多」・囃子方、田名部海辺33観音霊場記五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記

 教えられた役場付近へ行く途中、道路に出してある「立佞武多」の周りで囃子方が「チャンチャラ・・」と、ちっこいシンバルを鳴らして囃しており、もう祭り気分。五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記

 子供の囃子方は行儀良く、道路でお座りして出番を待ってます。

 役場へ行くとビニールシートを敷いて場所取りしてあり、もう割り込めません。

 まぁ・・別に座らなくても良いが、写真の写りが良いように、道路に木や電柱が無い場所を探して、そこで待つ事にしました。

吉幾三

 夕暮れになり、太鼓が通り、やがて歌声が聞こえて来たと思ったら、だれかが「吉幾三だ」と言うのが聞こえたので見ると、車の上で歌っていました。
吉 幾三
 写真を撮ろうとしたが、後ろを向いてたり、せっかく近くへ来たと思ったらあっちを向いたりして、なかなか正面から撮れなかった

 さすがに「はあぁ〜電気もねぇ、ラジオもねぇ・・、たまに来るのは紙芝居・・、おら〜、こんな村いやだぁ〜・・」とは歌ってなかった。

 そんなのをここで歌っちゃったら、見物人から袋叩きでしょうなぁ。(^O^)

 何で吉幾三が、こんな所で歌ってるのか出稼ぎか?と思ってたが、後で越後屋に聞くと、この付近出身だそうな。金魚ねぶた

金魚ねぶた

 「ねぶた」の合間に「金魚ねぶた」を売ってるオバハンが居て、ここら付近では「金魚ねぶた」というのが流行ってるのかな?

立佞武多

 やがて大きい「立佞武多」が巡って来たので、場所取りシートの縁を踏んづけながら写真を撮りました。

 五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記  五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記  五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記

 五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記  五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記  五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記

 「青森ねぶた」と違って、台数や規模は小さいかもしれんが、お囃子や祭りの勢いは、青森と違い、こちらの方が活気が有るように思う。

 「立佞武多の方もお勧めです」と書いてあるのが、よぉ〜わかった。
五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記
 ジョシコーセーは、集団で踊ってるしぃ・・
 オバハン達もシンバルの小さいのを叩いているしぃ・・
 囃子方の笛や太鼓も、女性の方が多いよおに思う。

 男は「立佞武多」を引っ張る、肉体労働に従事させられているのでしょうか。

カラス族

 最後の「立佞武多」が通った後ろには、「ワアーワアー・・」「キャッ・キャッ・・」「ピーピー(ホイッスルの音)」と、音やら声がゴッタ混ぜになって騒いでる若者の集団が付いています。

 係りの人が、その集団をロープで囲って暴走しないようにしていますが、たぶん自由参加なのでしょうけれども、これが別名「カラス族」と言われてる集団らしい。
五所川原「立佞武多」、田名部海辺33観音霊場記
 その騒ぎは若い熱気が爆発しているようで、中には年頃の娘さんがホットパンツにブラジャー姿で肩車されて踊っており、ええ時代ですなぁ・・うらやましい。(^O^)ナハハハ・・・

 たぶん江戸時代の「おかげ参り」の時の騒ぎも、こんなのだったろおなぁ。

 この熱気をそのまま「民主党くたばれぇ!!」と叫んでいたら、拍手して声援を送ってやったのになぁ。

 まとまりの無い、ただ単に「ワアーワァー」言ってるだけの集団の中に、太鼓を持ち込んだのが居たらしく、祭り囃子の太鼓を叩くと、皆その拍子に合わせて掛け声をかけ、初めて一体感のある集団になりました。

カラス族 太鼓の威力ちゅうもんは、すごいでんなぁ。
 そおいうのを見ると祭りを楽しんでるのが、よぉ〜わかる。

 しかし、惜しい事に太鼓の拍子は余り長く続かず、単に叩くだけになると、ダラけちまい、元の烏合の衆の団体に戻っちゃった。

 どっちかというと、カラス族はネーチャン達の方が多いような気がした。

 (再び)ええ時代ですなぁ・・・(^O^)
 あっ・・いかん、ヨダレが・・・

 田名部海辺33観音霊場記、前へ 田名部海辺33観音霊場記、目次へ  田名部海辺33観音霊場記、次へ     ホーム
  田名部海辺33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無