HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 14 庵にて

 小豆島88箇所徒歩遍路記 当浜庵の道 遍照の響き
        小豆島(島四国)88カ所徒歩用遍路地図−1
        遍路日 2011.12.5  掲載日 2012.10.17

小豆島88箇所徒歩遍路記ライン

庵にて

86番 当浜庵

 「当浜」付近にて、さて・・どの付近から「当浜庵」へ入るのかなぁ・・と思ってると、車道沿いの家に遍路標識を見つけました。

小豆島88箇所徒歩遍路記 小豆島88箇所徒歩遍路記 小豆島の遍路標識

 小豆島の遍路標識は、四国とデザインが違っており、人差し指と坊さんが黒色で描いてあります。
 助かります、ありがとさんです・・ナモナモナモ・・・

 その指し示す方向に従って細い道を行くと、チッコイ85番「当浜庵」が有りました。
当浜庵
 境内を撮影して、さて参拝しようとしたらマイクロバスが来て、ワァワァ言いながら、ジジババがドヤドヤと降りてきます。

 仏教の教えの一つに「無財の七施」つうのが有り、その一つに「床座施」という「良い場所を譲る」布施が有ります。

 今まで罪深い事や、ワガママ言ったり甘えたりして、周りの人にはドラム缶一杯ほど・・・ん?まだ少ないかな?・・迷惑をかけて生きて来たので、せめて老い先短いジジババ達のために、この布施をしようと思いましてなぁ。

 荷物を置いてる蝋燭立て付近の長椅子から、荷物一式を持って後ろにある庭石の方へ移動し、その石に座りながら・・さて・・どんな参拝をするか、お手並み拝見。
当浜庵の境内
 10人ほどのジジババ(こおいうモンは、何故かババの方が多い)が談笑しながら、先ずはお決まりの釣鐘を次々に順番に鳴らし始め・・近所の人もヤカマシイじゃろなぁ。

 ローソクやら線香を立てるのにザワザワと群がり・・・
 おぉぉ・・この懐かしい風景は、四国でも良く見たなぁ。(^O^)

 石に座りながら口を空けて眺めていると、白色が目立つ服装の中で、唯一色の付いた作務衣を着た先達さんがσ(*_*)の所へ来て挨拶しました。

団体遍路 おぉぉぉ・・・さすが、心得の有る先達さんは礼儀をわきまえていること。

 小汚いカッコウのσ(*_*)の姿に目もくれず、ザワつきながら線香やらローソク立てるのに忙しい信者共と違い、ちゃんと先客のσ(*_*)に挨拶しに来るとは・・・・

 やがてお勤めが始まると
 
「私、疲れるから座ってよ」と2人ほどのババが、譲ってやった長椅子に座ったまま、お勤めをしました。
当浜庵の線香立
 おいおい・・・、他の人は、ちゃんと立ってるでぇ。(^O^)
 まぁ、トシヨリだから、しょうがないかなぁ。

 「シャン・シャン・・」という錫杖の音が入る般若心経は、久々に聞いたなぁ。

 ドヤドヤと潮の引くようにマイクロバスへ帰って静かになった後、四国以来と思われる久々の甘い線香の匂いが残る中を参拝しました。

87番 海庭庵

 「当浜庵」を出て、県道をテクテク・・

 ぼちぼち夕暮れが近づいており、できれば橘峠を越えたかったけれど無理だなぁ。

 やがて「大阪城石垣石切丁場」の看板が有り、車道からゴロンとした大きな石が見えましたが、時間が無いので歩きながら眺めるだけ・・・。

大阪城築城残石観音寺参道小豆島88箇所徒歩遍路記

 「観音寺参道」という石標識が有り車道が山に向かっていましたが、なんせ夕暮れが近づいてるので、これも寄り道はしなかった。
「岩ケ谷」集落が遠くに見える
 帰ってから、この観音寺を調べてみましたが、ネットでは見つけられまへんでした。

 道といい、入口の標識といい、それなりの大きい寺だと思うのだが・・・

 「豆腐石丁場」「天狗岩丁場」とかの看板もありましたが、これまた夕暮れが近づいてるもんで寄らず。

海庭庵 ちなみに、このページに掲載されている、ほとんどの写真は実際はもっと暗く写っており、画像処理で明るくしてます。

 やっと県道・海沿いにある87番「海庭庵」へ着き、入口階段に荷物を置きました。

 堂内へ入り参拝しようと賽銭箱に近づくと、突然
「キュル・キュル・キュル・・・・」大音響の警報が鳴り響きます。

海底庵での笠と杖 あわわわわ!!・・わっ!・・わっ!・・わっ!・・・・・な・何が始まったんじゃ!?

 σ(*_*)、何も悪い事しとらんでぇ。
 昔は、チビッと悪い事もしたけれど、今は反省努力してマジメな人間になったんじゃぞぉ。

 賽銭ドロボーのための警報音だろうけれども、これを聞きつけて村中の若い衆や、犬が吠えながら駆け寄って来ないかと、そっちの方を心配したが・・・幸いにも来なかった。

 先程の庵で一緒になったマイクロバスの団体も、ここへ入ってビックリしたじゃろなぁ。
海底庵の室内
 後ろの方にセンサーにが有り、少し後ろに下がると死角になったようで電気が消え、そのうち警報は鳴りやみました。

 狭い堂内は構造上のためか響きが良かったが、警報音がねぇ・・・

 堂内には作り付けの椅子も有ったが、警報音のために落ち着いて座れないと思う。

 そお言えば、先程の庵でズルして座ってたオババも、このヤカマシイ警報音を聞きながら座ってたんじゃろか?
岩ケ谷漁港
 それとも、明るい時は警報音が鳴らないのかな?
 σ(*_*)が来た時は、だいぶ暗くなってたが・・・

 賽銭箱の横には、若いネーチャンの履歴書みたいのが写真入りで貼ってあり、納札代わりに貼ったのだろおだけれど、個人情報なのにダイジョウブなのか・・と、いらん心配をしちまう。

 この履歴書のようなのは、この先にも数カ所貼ってありました。

小豆島88箇所徒歩遍路記小豆島88箇所徒歩遍路記小豆島88箇所徒歩遍路記

「橘」集落

 「橘」へ向かって歩いてる途中で、かなり暗くなり始め、「橘」到着時には真っ暗で完全に夜。

 「橘」に有る88番札所は遅くなったので明日という事にして、バス停に設置されてる吹きさらしのベンチに座りました。

 しかし、このベンチは海の潮風のためか錆びており・・うっかり知らずに座ると、脚が壊れるような仕掛けになっております。

 疲れているので壊さないように、無理してソォッ〜・・と座りました。

 ジイッ〜と暗い中をバスが来るのを座って待っていると、近所の店から出てきたオバハンが
「寒いねぇ」と声を掛けて行き、ホンマに寒かった。

小豆島88箇所徒歩遍路記小豆島88箇所徒歩遍路記「橘」集落

   小豆島88箇所徒歩遍路記前へ   小豆島88箇所徒歩遍路記目次へ   小豆島88箇所徒歩遍路記次へ   遍照の響きホームヘ
      小豆島88箇所徒歩遍路記

   遍路・巡礼用具   小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍    

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所徒歩遍路記ライン

    無