HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 15 橘峠越え

 小豆島88箇所徒歩遍路記 橘峠の山道 遍照の響き
          小豆島(島四国)88カ所徒歩用遍路地図−2
       遍路日 2011.12.6   掲載日 2012.10.18
小豆島88箇所徒歩遍路記ライン

橘峠越え

88番 楠霊庵

 朝早く「草壁」からバスに乗って「橘」まで行き、バス停近くの88番「楠霊庵」へ行きました。楠霊庵より昨日歩いた道

 朝早いためか、だれもおらず、しかも非常に寒い。
 いかに瀬戸内海と言えども、さすが12月だもんねぇ。

 88番「楠霊庵」は石垣を組んだ階段の上に有り、境内からは昨日、暗い中を鼻水垂らし、すすり上げながらトボトボ歩いてた来た道が見えます。

 堂の縁側に座布団を敷いたタクアン石のような物が置いてあり、その前に茶碗と栗が供えてあります。

 説明書きも何も無かったので、わかりまへんが、わざわざ座布団を二枚重ねに敷いてあるもんだから、寺の存亡に関わるほどの重要な何かの云われが有るんでしょう。楠霊庵の境内

 これが何の云われも無く、そこらの海岸で拾って来た「単なる石」だったら「おおいぃぃ・・山田くうぅ〜ん、そのザブトン全部、取っ払っちまえ!!」と司会者から言われると思う。

 ネットで探しても、わからなかったので、だれかこの石の云われを知ってたら教えてね。

 ここの濡れ縁には、板の節穴を利用したのか、穴が空いちまったので埋め戻したのかわかりまへんが、「タケノコ」の図柄が埋め込んであります。

 なかなかの遊び心が有り、筍も上手に出来ており芸術品だと思う。

 普通の人では、ここまで思いつかないじゃろなぁ。

    座布団に乗ってる石      タケノコが彫ってある

「橘」集落にて

 橘峠を通って草壁へ行くのに1/25000の地図を見ると、警察署近くの信号機付近から山越えできるような道が有ったので、それが橘峠越えの道だと思っていました。

 というより「絶対に間違いない」というガンコな固い信念を持ってました。

 が・・・念のため町中を歩いてる時に、早朝児童登校のため交通安全用の黄色の旗やら帽子を被っている4・5人のトッツアンに聞きました。

 
「あのおぉ〜・・草壁へ行く山道は、そこの信号機のある道を上がれば良いのてしょうか?」
 
「えっ?・・草壁ならば、この道を真っ直ぐに行けばトンネルがあるから・・」橘峠の上がり口

 
「いえ・・県道ではなく、昔ながらの山道を歩きたいんですが・・・」
と、失礼ながらも「遍路道」という専門用語を知らないかもしれんと思い、あえて「昔ながらの山道」という表現をしました。

 
「それならば、ここから200mほど行った所に看板みたい物が有ったから、そこから上るんだよ。」

 ん?・・・どうも思ってる場所とは違う、別の道が有るようだ。

 なんせガンコジジイなもんだから、教えてくれたトッツアンの方が勘違いしてるのでは・・と思いながら、100mほど歩いた所で再び交通安全のトッツアンに聞くと
「あぁ・・遍路道か。もっと先に看板があるよ。」

 さすがに自分ではそう思っていないが、家で下女をしている越後屋から「ガンコだ」といつも言われてイジメられているジジイでも、ここまで言われちゃったら、別の道が有ると認めないとアカンわなぁ。

 しかもハッキリと「遍路道」とまで言われちゃったんだから・・・

 昨日知らずに人に聞かぬまま、ガンコに思ってた道を行ってたら、ドエライ事になる所で、夕暮れ時に歩かなくて良かったなぁ。

 さらに50mほど歩いたらオバハンが居たので、再び聞くと
「向こうのゴミ捨て場の所に看板があるから、そこの階段を上がって行くんだよ」と教えてくれ、ヒマだったのか話しながら一緒に歩いてくれました。

 山側に墓が有る所で立ち止まり
「ここに88番の奥の院が有り、無人で、何も無いけれど、どうする?」と聞かれ、そこで改めて付近を見れば道端に「奥の院」の石標が有ります。

 オッチャン、言われるまでわからんかったでぇ。(^O^)ナハハハハ・・・橘峠上がり口の標識

 この「奥の院」の存在は知らなかったなぁ、距離を聞くと
「100mほど・・・」

 何も無い、無人の庵かぁ・・
 見ればかなりの坂道だしぃ・・
 これから、どれほどのキツサが有るのか、わからん峠を越えるしぃ・・・
と、否定的な事が頭をよぎったので行くのを止めときました。

 ゴミが荒らされないように漁網が掛かってる所に、山へ上がる階段と標識が有り、オバハンに厚く礼を言って別れました。

 やっぱし初めての土地では、積極的に土地の人と挨拶・会話してみるもんだと、つくづく思った。

橘集落を見る 橘峠越え、小豆島88箇所徒歩遍路記 小豆島 橘峠越え

橘峠橘峠の遍路道

 階段には水色の手摺りが付いて、山の中腹付近まで続おり、その後は山道。

 ちなみに昨日までは一人で歩いてましたが、今日からは下女の越後屋が、無理矢理どうしてもこおしても・・と言って同行しています。

 同行しなくても良いのにぃ・・チェッ・・
    (言うと叱られるから、心の中で)。

 山道はキレイに整備されており、迷う事はありまへん。

 橘峠越え、小豆島88箇所徒歩遍路記 橘峠越え、小豆島88箇所徒歩遍路記 橘峠の小さい堂

 橘峠付近にお堂があり、きれいに掃除してあり箒とチリトリも掛かっております。

 だれかここまで上がって、わざわざ掃除をしに来るのでしょうか。

 道を歩いてると四国「鯖大師」さんの遍路札を見つけ、
 へえぇ〜・・懐かしいなぁ、ここも歩かれたのかぁ。

  橘峠越えの風景      橘峠越え、小豆島88箇所徒歩遍路記

   小豆島88箇所徒歩遍路記前へ  小豆島88箇所徒歩遍路記目次へ  小豆島88箇所徒歩遍路記次へ  遍照の響きホームヘ
    小豆島88箇所徒歩遍路記

  遍路・巡礼用具     小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍    

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所徒歩遍路記ライン

    無