HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 16 釘跡

  栄光寺の釘跡 
         小豆島(島四国)88カ所徒歩用遍路地図−2
        遍路日 2011.12.6   掲載日 2012.10.21
小豆島88箇所徒歩遍路記ライン

釘跡

12番「岡ノ坊」

 橘峠を越えて下り坂となり、やがて溜池付近から人家が見えて来ました。

橘峠越え、小豆島88箇所徒歩遍路記橘峠越えの下り道麓の集落が見えた

 農道を歩いて集落に入りかけた時、先を歩いてた越後屋が、乳母車押してるオババに「どっから来た?」と聞かれています。

「岡ノ坊」集落、小豆島88箇所徒歩遍路記 12番「岡ノ坊」は、思った以上にアッサリした庵でした。

 参拝後、これからどのルートを取ろうかと考えましてなぁ。

 なんせ橘峠を越せる時間と疲れ具合がわからんので、着いてから決めようと思ってましたもんで・・

 ちなみに橘峠の麓、登山入口階段から「岡ノ坊」まで約1時間、それほどキツイ峠越えではなかったと思う。「岡ノ坊」集落、小豆島88箇所徒歩遍路記

 11番「碁石山」方向へ行くか・・・・
 それとも13番の有る「草壁」町内コースにしようか・・。

 たぶんσ(*_*)と同じように橘峠を越えた人達も、ここでどのコースを歩こうかと迷うと思う。

 時刻は9時少し過ぎ、今から碁石山コースは、ちとキツイかもしれんと思い、13番「草壁」コースにする事にした。

 境内のベンチで地図を眺めていると、自転車に乗ったオババが話し掛けてきたが、何を言ってるのかよぉ〜わからんかった。すまん・・。

    岡ノ坊     岡ノ坊での杖と笠

13番 栄光寺

 「岡ノ坊」のすぐ前に有る遍路標識に従って、人家が密集する狭い道を行くと、やがて大きな松と周囲に小さい松が植えてある所へ来ました。

「栄光寺」付近、小豆島88箇所徒歩遍路記栄光寺の松栄光寺

 手入れがタイヘンじゃろなぁ・・と思って眺めた所が13番「栄光寺」で、思ったより近かった。

13番「栄光寺」、小豆島88箇所徒歩遍路記 参道には他の樹木が無く、松だけが植えてあるので、この寺は松が好きなんじゃろか?それとも何か云われが有るのかな?

 賽銭箱は亀の上に置いてあり、竜宮城から重たいのを背負って来たのでしょうか。

 杖立てには、忘れて行かれちゃった杖が残っており、この風景は四国でも良く見ました。

 杖の一つに82番「吉田庵」で見た、ミニチュア笠が結んであります。
亀が賽銭箱を背負ってる
 これがまた笠の破れ具合といい、色褪せ具合といい、袂で涙を絞るくらい、何とも言えんほど哀愁をそそります。
 (一番上の写真)

 本堂の古い柱に釘跡が残っており、昔の「札所を打つ」の語源はここから来ているのだが、今となっては遍路する人達がこれを見ても、わかる人が何人居るじゃろか。

 これを見ても「ヘタクソな大工が釘を残しやがって、ちゃんと抜いておけ」と思う程度じゃろなぁ。
釘跡が残る栄光寺
 むしろ、それよりもこんな釘跡が残ってるのに気付かなく、トットと次の寺へ行くのに忙しいかもしれん。

 このような釘跡が残っているのを見たのは・・秩父霊場で見た時だったかなぁ・・・

 いずれにしても、寺が建て替えられた時に、廃棄されちまって徐々に少なくなると思う。

 ホンマだったら、昔からの札所だったという重要な証拠になるのにぃ。

   小豆島88箇所徒歩遍路記前へ  小豆島88箇所徒歩遍路記目次へ  小豆島88箇所徒歩遍路記次へ    遍照の響きホームヘ
     小豆島88箇所徒歩遍路記

   遍路・巡礼用具    小豆島の宿泊施設    小豆島関連書籍   

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所徒歩遍路記ライン

    無