HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 20  落書き

 小豆島88箇所歩き遍路紀行文 庚申堂の夕暮れ 遍照の響き
         小豆島(島四国)88カ所徒歩用遍路地図−2
         遍路日 2011.12.6  掲載日 2012.10.26
小豆島88箇所歩き遍路紀行文ライン

落書き

オリーブうどん

 「草壁」方面の寺が終わったので、ここで打ち止めにしても良かったが、時間が少し余ったので11・9番をやっておけば、次の碁石山コースが楽なので、そこまでやる事にしました。

 「草壁」の町並を歩いていると「うどん屋」があり、昼飯に非常食しか食べてなかったので腹が減っていたので入りました。
オリーブうどん
 そこのメニューに「オリーブうどん」500円なるものが有ったので、小豆島と言えば「オリーブ」、これは是非とも話しの種に食べなければと思い注文しました。

 正直な感想・・オリーブの実が4個ほど入ってるだけで、普通のウドンと変わらん。

 オリーブの実も、どんな味かと思って初めて食べたが、これと言って比較形容する味が見つからない。

 例えて言うならば、ウドンにサクランボを載せた感じだが、サクランボならば、まだ味が有るんたけれどもなぁ・・

 姿・形から見れば梅干しのチッコイ形なので、それと似た味かと思ったが、ううむうぅぅ・・・全く味が無く、それほどオイシイ物だとは思わず、これならば素ウドンでも良かったと思う。
 すんまへん。

11番 観音堂

 11番「観音堂」へ行く道を1本間違えちまい、道端に出ていた人に尋ねるとトッツアンが「ここら付近は、良く迷う所ですから」と言って親切に同行すると言ってくれました。11番『観音堂」へ、小豆島88箇所歩き遍路紀行文

 町並を歩いてると、醤油倉庫の黒い板塀が立ち並んで続いております。

 おぉぉ!!・・・・芸術!!・・と思って写真に撮りたかったが、トッツアンが話しながら案内しているので遠慮して取らなかった。

 しかし、今思うと撮っておけば良かったなぁ。
 あの時は、まだこれから先にも有ると思ってたから・・・観音堂

 
「ここら付近の人は醤油工場で働いてる人がほとんどですか?」
 
「さあぁ〜・・どおだかねぇ。
 ワシは、ここの生まれでなく大阪から来た者で、家内の両親を介護するためここへ来たんだ。」


 そお言えば夫婦連れで道端で立っており、道を尋ねている時に介護車が来てたなぁ。

 見れば同年代のトッツアンで、今も、これからも介護でタイヘンだと思う。

 σ(*_*)も越後屋の両親を介護した事あり、なかなか他の人には言えない事も多々あり、トッツアンが今何を思っているか、心中を深く察するに余り有る。11番「観音堂」、小豆島88箇所歩き遍路紀行文

 狭い路地を指して
「この奥が札所だよ」と教えてくれ別れました。

 11番「観音堂」は大きな銀杏の木が有り、狭い境内は落ち葉で埋もれ黄色になってます。

 堂内の白壁には落書きが一杯してあり、下調べの時「落書きがある寺」というのが有ったが、この寺だったのかぁ。

 
「自由に思うままにどうぞ お願いを白壁に書き、幸運の大銀杏をさすります いたち観音」と書いてあり、ホンマに壁一面に赤字や黒字で書いてあります。壁一面の落書き

 壁に落書き(ホンマは願い事)を許認する寺も珍しいでんなぁ、たぶん全国広しと言えども、この寺だけ唯一と思う。

 願い事を書く場所なので、他の所ではよく見る「いかがわしい事」などは書いてなく、さすが良識は有ります。

 
「おとうさんと おかあさんが たばこをやめますように」と幼い字で書いてあり、これを見た親はタバコを止めにゃアカンだろなぁとニヤリ・・。

 
「おとうさんと おかあさんが けんかしませんように」と同じ字で書いてあるのを見ると、同じ子が書いたのでしょう。観音堂のお休み処

 でも願い事というもんは、今現在こおなっているので、何とかして欲しいという現れだと思う。

 マンガの「サザエさん」のような「シアワセな家庭」は、日本中どこを探しても有りまへん。

 表面的には良さそうに見えても、当人でなければ分からない苦しみ悩みを一杯抱えて、口にも出さず生きており、それでも何とか少しでも良い方向へ向かえば・・と願ってるのだろうと落書きを見ながら、つくづく思った。

9番 庚申堂

 観音堂の石垣に沿って歩き、町並に出ると先程見た黒い板塀のようなドッシリした家が見え、説明看板には「金両醤油の創業蔵」と書いて有ります。

 以前テレビで見ましたが、この付近一帯に有る醤油蔵の黒い板塀は、色を塗ったのではなく焼板で独特らしい。

小豆島88箇所歩き遍路紀行文金両醤油創業蔵の焼板小豆島88箇所歩き遍路紀行文

 狭い道を行き、9番「庚申堂」の屋根が畑の向こうに見えるので、そこらの畑から行けるのかと思ったら鉄条網で柵してあり、どうしても正規の門から行かにゃアカンらしい。小豆島88箇所歩き遍路紀行文

 「庚申堂」に着く頃には、だいぶ夕闇が迫って来ました。

 堂の入口に板が置いてあり「口演」と題して何か書いて有るが、永年の風雨で字が掠れちまい判読しずらい。

 「兵庫県の何とかさんが、体が不自由になったけれど、この堂で一心不乱に祈ったら治った 大正三年」というように読み取ったが、違うかな?

夕暮れの庚申堂9番「庚申堂」、小豆島88箇所歩き遍路紀行文庚申堂の口演

 堂の彫刻は「三猿」で珍しく、境内には鬼瓦が並べてありました。

9番「庚申堂」、小豆島88箇所歩き遍路紀行文  更新堂の瓦

   小豆島88箇所歩き遍路紀行文、前へ   小豆島88箇所歩き遍路紀行文、目次へ   小豆島88箇所歩き遍路紀行文、遅疑へ   遍照の響きホームヘ
        小豆島88箇所歩き遍路

   遍路・巡礼用具    小豆島の宿泊施設   小豆島関連書籍   

八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

小豆島88箇所歩き遍路紀行文ライン

    無