HOME > 小豆島88カ所(島四国)目次 > 21  清瀧へ

 小豆島88箇所歩き遍路紀行文 清滝への遍路道 遍照の響き
         小豆島(島四国)88カ所歩き遍路地図−2
       遍路日 2011.12.7  掲載日 2012.12.18
小豆島88箇所歩き遍路紀行文ライン

「清滝山」遍路道

 「草壁」を8時頃に出発し、「寒霞渓」の「清滝山」遍路道へ向かってテクテク・・

粟地ダムへ向かって 粟地ダム 「粟地ダム」、小豆島88箇所歩き遍路紀行文

 「13番 栄光寺」付近を粟地ダムへ向かって歩いてると、散歩している同年輩の人から声を掛けられましたが、σ(*_*)らのようにノホホンと歩いてなく早足で歩くのですねぇ。

 粟地ダム付近へ行くと、ここにも朝早いのに散歩をしてるトッツア・オバハンがいました。
三五郎池付近
 紅葉がまだ残っている粟地ダム周辺を歩き、三五郎池付近の分かれ道には石標識が有り、昔は茶店だったらしい壊れかかった小屋があります。

 昔は通る人も居て、それなりに繁盛したのでしょう。

 落ち葉が溜まった車道を、テクテク・・・
「清滝山」遍路道、小豆島88箇所歩き遍路紀行文
 茶屋橋のたもとに不動明王の石仏が立ってます。

 その付近から道が荒れ始め、道に亀裂が入って修復のためなのか、瓦のような物が入れてあります。

 雨水の排水が上手く出来てなく、雨水の流れにより削れて亀裂が出来たのでしょう。
「清滝山」遍路道、小豆島88箇所歩き遍路紀行文
 短い区間だけかと思ってましたが、上へ行くまでほとんど道に亀裂が入ってました。

 で・・瓦のような物は、そのものズバリ瓦だった。

 最初は、まさか廃材利用の瓦を入れるとは思わず、瓦に似た粘板岩かなぁ・・と善意に解釈してたが違ってた。

清瀧山へむかって茶谷橋 何でわかったかというと、物干し台の基礎部分まで亀裂に入れてあったもんでして・・・

 それでもまだ周辺付近に、見苦しい家庭ゴミ等が捨てられていないだけマシかもしれん。

 もっとも、道がこんな状態だと、車でここまでゴミを捨てに来れないが・・・。

 また亀裂に瓦を押し込んだだけでは、道の荒れ具合は改善されなく、結局雨水はそこを流れちまい自己満足でしょうなぁ。
道が荒れて瓦が入れてある
 この道は単に「14番 清瀧山」へ上がるだけの道だから予算が付かず、このまま補修されないように思う。

 先を行ってた越後屋が立ち止まっており、どおした?と思ったら
「鹿が横切って行った」と言い、まだその付近に居ないかなぁ・・と思って口を空けて見ていたらしい。

 途中に「お休み処」の小屋が有ったが、これまた永年補修する人も居ないためか、ベンチが壊れかかってまっせぇ。

 それでも無理して何とか座って、ここで一休みして、汗が出ていたので上着を1枚脱ぎました。清滝山への休息所

 相変わらず亀裂の入った車道を歩き、さすがに、ここまで来ると瓦の廃材を運ぶ元気は無いらしい。

 やがて車道が終わり山道に入りましたが、そんなに距離は無く、しばらくすると石階段が現れ、車道近くになると幅広の石階段となり、当時の信仰心が伺われます。

 そこを上がると「14番 清瀧山」の有る車道に出ました。

 「草壁」からの遍路道は、そんなにキツイ道ではありませんでした。

  清滝山」遍路道、小豆島88箇所歩き遍路紀行文 清滝山」遍路道、小豆島88箇所歩き遍路紀行文 清滝山」遍路道、小豆島88箇所歩き遍路紀行文
   清滝山」遍路道、小豆島88箇所歩き遍路紀行文  清瀧山遍路道の様子  岩肌にある清滝寺


小豆島88箇所歩き遍路紀行文ライン


   小豆島88箇所歩き遍路紀行文、前へ   小豆島88箇所歩き遍路紀行文、目次へ   小豆島88箇所歩き遍路紀行文、次へ   遍照の響きホームヘ


   遍路・巡礼用具    小豆島の宿泊施設   小豆島関連書籍  


八 十 八 箇 所 関 連 ペ ー ジ
 四国遍路記 第一章 四国遍路記 第二章 四国遍路記 第三章 篠栗遍路記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 熊野古道  西国霊場 木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 



    無